Twitterルール

Twitterでは、すべての利用者に、バリアなくアイディアや情報を瞬時に作って、それを共有するための機能を提供したいと考えています。利用者のTwitter利用体験と安全性を確保するために、Twitterで公開できるコンテンツの種類と、利用上の行為にはいくつかの制限があります。これらの制限については、以下のTwitterルールに明記されています。

Twitterルール(組み込まれているすべてのポリシーを含む)、プライバシーポリシー利用規約は、Twitterのサービスへのアクセスおよび利用を定めた「Twitter利用者契約」に含まれます。

Twitterのサービスにアクセス、または利用するすべての個人は、以下のTwitterルールを遵守する必要があります。このルールを守っていただけない場合、Twitterによる以下のいずれかの強制執行措置の対象となる場合があります。

  • 新たな投稿や他のTwitter利用者と交流する前に、禁止されているコンテンツを削除すること
  • 投稿の作成や他のTwitter利用者との交流の一時的制限
  • 電話番号またはメールアドレスによるアカウント所有権の認証の要求
  • アカウントの永久凍結

永久凍結に備えて別のアカウントを作成した場合、新しいアカウントも凍結されます。

このルールは必要に応じて変更される場合があり、Twitterはその権利を留保します。最新のルールは常にhttps://twitter.com/rulesで公開されます。

ポリシーについては、Twitterプラットフォーム上でオーガニックなコンテンツに適用されるこれらのTwitterルールをご覧ください。広告およびプロモコンテンツに適用されるルールの詳細については、広告ポリシーをご覧ください。

Twitterの利用におけるコンテンツの範囲

知的財産権

商標: 事業名やロゴを含む他のブランドや商標を使い、そのブランドとの提携関係があるように思わせたり、混乱を招いたりした場合、Twitterはそのアカウントを凍結、またはその他の適切な対応を実施する権利を留保します。商標に関するポリシーおよび違反を報告する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

著作権: Twitterは、著作権侵害に関する申立ての通知が明確かつ完全である場合、その通知に対応します。著作権関連の手続きについては、 利用規約をご覧ください。著作権に関するポリシーについてはこちらをご覧ください。


写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ

Twitterでは、人の死、重篤な外傷、暴力、外科手術などに関するグロテスクなメディアをすべて写実的な暴力描写と見なしています。また、ポルノをはじめとする性的興奮の喚起を目的としたメディアをすべて成年向けコンテンツと見なしています。メディアに関するポリシーについてはこちらをご覧ください。

Twitterは、ツイートが要注意メディアを含むものとして設定されていた場合、写実的な暴力描写や成人向けなどのコンテンツの掲載を部分的に許可することがあります。ただし、そのようなコンテンツをプロフィール画像やヘッダー画像に使用することを禁じます。さらに、故人およびその家族に敬意を表して掲載された、過度に写実的な暴力描写を含むメディアについても、その家族や法的代理人から削除要請を受けた場合にはTwitterが削除を要請する場合があります。そのような削除要請を行う方法についてはこちら、メディアを不適切な内容を含むものとして設定する方法についてはこちらをご覧ください。


非合法利用

非合法な目的や、違法な活動を助長するためにTwitterのサービスを利用することを禁じます。Twitterの利用にあたり、オンライン上での行為やコンテンツに関して、利用者はすべての適用法令を遵守することに同意するものとします。


トレンド

特定のコンテンツがトレンドに表示されないようにする場合があります。これには、Twitterルールに違反するコンテンツだけでなく、トレンドを操作しようとする行為も含まれます。トレンドに表示できるコンテンツとできないコンテンツの詳細については、こちらをご覧ください。


Twitterバッジの誤使用

Twitterが提供する場合を除いて、「認証済みアカウントバッジ」や「プロモーションバッジ」(これらに限定されません)などのバッジを使用することを禁じます。これらのバッジを、プロフィール画像、ヘッダー画像、表示名に無断で使用した場合、またはTwitterとの提携や、Twitterによりバッジの使用を許可されたことを不当に示唆するような方法で使用した場合、そのアカウントは凍結されることがあります。


ユーザー名の誤使用

ユーザー名の売却: Twitterユーザー名の売買を禁じます。

ユーザー名の不正確保: ユーザー名の不正な確保は禁止されています。ユーザー名の不正確保に該当するかどうかの判断には、以下のような例が考えられます。

  • 作成したアカウントの数
  • 他者がそのユーザー名を使用できないようにする目的でのアカウント作成
  • 売買目的でのアカウント作成
  • 第三者のコンテンツを流用して更新し、その第三者の名をかたったアカウントの利用継続

6か月以上運営の痕跡がないアカウントは削除される場合がありますのでご注意ください。ユーザー名の不正確保の詳細については、こちらをご覧ください。

攻撃的な行為

Twitterは表現の自由を尊重し、開かれた話し合いを行うべきだと考えています。ただし、そのような理念も、人々が恐怖に怯えているために何も言えないという状況では何の意味も成しません。Twitterでは利用者が安心してさまざまな意見や信念を表現できるよう、嫌がらせや脅し、または恐怖を与えて他の利用者が発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています。

攻撃的な行為の判断や適切な強制執行措置の対象となるかどうかについては、前後関係を考慮します。その判断にあたっては以下の点が考慮されますが、これらに限定されません。

  • 行為が個人または特定の集団を標的としている場合
  • 攻撃的な行為の対象者や第三者によって報告が行われた場合
  • 行為のニュース性が高く公共の利益にかなっている場合


暴力および身体的危害

暴力: 具体的な暴力的脅迫や、個人または集団に向けた重大な身体的危険、死亡、病気を望む行為の助長を禁じます。これには脅迫やテロ行為の助長が該当しますが、これらに限定されません。また、Twitterプラットフォーム内外での発言や行動を通して、一般市民に対して暴力を使用したり助長したりして影響力を高める組織と提携することを禁じます。このような組織との提携に関するこのルールは、2017年12月18日から施行されます。

自殺または自傷行為: 自殺や自傷行為の助長や扇動を禁じます。ある利用者に自殺や自傷行為の兆候があるという報告を受けた場合、Twitterはその人物を支援するために、さまざまな対応を行うことがあります。たとえば、その人物に連絡してTwitterのメンタルヘルスパートナーの連絡先などの情報を伝えたりします。

児童ポルノ及び児童の性的搾取: 児童ポルノ及び児童の性的搾取の助長を禁じます。例外を許さない児童ポルノ及び児童の性的搾取に関するポリシーの詳細については、こちらをご覧ください。


攻撃的な行為やヘイト行為

攻撃的な行為: 特定の人物や他の利用者を標的とした嫌がらせを禁じます。Twitterは、嫌がらせ、威圧、他者の発言に対する抑制を攻撃的な行為と見なします。

不適切な性的誘いかけ: 他者に不適切な性的コンテンツを送信したり、性的な描写の対象としたり、その他の性的な不正行為に関わる直接的な攻撃を禁じます。

ヘイト行為: 人種、民族、出身地、信仰している宗教、性的指向、性別、性同一性、年齢、障碍、深刻な疾患を理由とした他者への暴力行為、脅迫、嫌がらせの助長を禁じます。ヘイト行為に関するTwitterのポリシーについてはこちらをご覧ください。

ヘイト的な画像や表示名: ヘイト的な画像やシンボルを、プロフィール画像やプロフィールヘッダーに使用することを禁じます。また、ユーザー名、表示名、プロフィールを利用して、攻撃的な行為を取ることを禁じます。この攻撃的な行為の例としては、特定の人物、グループ、一部の国や地域で規定されている保護対象のカテゴリー(人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾患を理由にしたカテゴリー)の人々を標的とした嫌がらせや、ヘイトの表明が挙げられます。このルールは2017年12月18日から施行されます。


個人情報および私的なメディア

個人情報: 他の利用者の個人情報を、明確な許可を受けずに公開または投稿することは禁止されています。個人情報に該当する情報の種類は、各国の現地法によって異なる場合があります。個人情報に関するTwitterのポリシーについては、こちらをご覧ください。

私的な画像や動画: 本人の同意を得ずに撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿したり共有したりすることは禁じられています。Twitterにおける私的なメディアの詳細についてご確認ください。

公開または乗っ取りへの脅迫行為: 他者の個人情報や私的なメディアを公開する脅迫行為を禁じます。また、他者のデジタル情報の乗っ取りや侵入による脅迫行為を禁じます。


なりすまし

他者に誤解や困惑を招いたり、他者を欺いたりするような方法で、個人、グループ、組織になりすます行為を禁じます。パロディ、ファン、コメンタリー、ニュースフィードアカウントは継続的に利用できますが、スパム行為または攻撃的な行為を目的としたアカウントの利用は禁じます。なりすましに関するTwitterのポリシーについては、こちらをご覧ください。

スパムとセキュリティ

Twitterは攻撃的な行為やスパムから利用者を守るよう努めています。

Twitterを快適で安全な環境にするために、Twitterへのアクセスや利用にあたっては以下の行為を禁じます。

  • Twitter、TwitterのコンピュータシステムまたはTwitterのプロバイダーのテクニカルデリバリーシステムの非公開部分にアクセスするか、これを改ざんまたは使用すること(TwitterのBug Bountyプログラムで明示的に許可されている場合を除く)。
  • いずれかのシステムやネットワークの脆弱性を調査、スキャン、テストすること、またはいずれかのセキュリティ手段や認証手段に違反したりこれを回避したりすること(TwitterのBug Bountyプログラムで明示的に許可されている場合を除く)。
  • Twitterから提供されている当社の現在利用可能な公開インターフェースを経由する(かつ、その使用条件を遵守する)ことなく、その他の何らかの手段(自動その他を問わず)でTwitterにアクセスまたはその検索を行うか、またはアクセスまたは検索を試みること。ただしTwitterと別途締結した契約によりこれを行うことが特に認められている場合は、この限りではありません。Twitterのクローリングは、robots.txtファイルの規定による場合には許可されます。ただし、Twitterの事前の承諾なしにスクレイピングを行うことは明示的に禁じられています。
  • いずれかのメールまたは投稿に含まれるTCP/IPパケットヘッダーもしくはヘッダー情報の一部を偽造すること、または方法の如何を問わず、改ざんされた情報、詐欺的情報または情報源を偽装した情報を送る目的でTwitterを利用すること。
  • Twitterのサービスに対するウイルスの送信、オーバーロード、フラッディング、スパミング、メールの大量送信、またはTwitterのサービスを妨害する、もしくはTwitterに過度の負担を与えるためにコンテンツの作成をスクリプト化することを含む(ただしこれらに限定されない)方法により、いずれかの利用者、ホストまたはネットワークのアクセスを妨害または中断すること。

以下のような行為をしているアカウントは、一時的または永久に凍結されることがあります。

  • マルウェアまたはフィッシング: 他者のブラウザやパソコンを破損したりプライバシーを侵害したりするような、悪意のあるコンテンツの公開やリンク行為を禁じます。
  • スパム: スパム行為を目的としてTwitterのサービスを利用することを禁じます。一般的に、Twitterにおけるスパムとは、ウェブサイトへの訪問数を増やしたり、無関係なアカウント、商品、サービス、イニシアティブなどに注目を集めたりするために、TwitterやTwitter利用者の快適性を操作したり損なったりすることを目的とした大量または過剰な行動を示します。スパム行為と見なすかどうかの判断では、以下の点が考慮されます。
    • 特に、自動化されたアプリやツールを使用して、短期間に多数のアカウントのフォローまたはフォロー解除を行った場合(過剰なフォローまたはフォロワーチャーン)
    • コメンタリー(解説)がなく、主にリンクのみを共有するツイートやダイレクトメッセージの場合
    • 無関係、一方的、または重複した多くのコンテンツやエンゲージメントが原因で、アカウントが多数の利用者にブロックされている場合
    • そのアカウントに対する多数のスパム報告があった場合
    • 同一またはほぼ同じコンテンツ、返信を投稿する場合、複数のアカウントで@ツイートを送信したり、1つのアカウントで重複した内容を複数投稿したりする場合、また重複またはよく似たアカウントを作成する場合
    • ウェブサイトへの訪問数を増やしたり、無関係なアカウント、商品、サービス、イニシアティブなどに注目を集めたりするために、トピックの信頼性を損なったり操作する意志を持って、トレンドトピックや人気のトピックに繰り返し投稿した場合
    • 一方的な返信や@ツイートを多数送信した場合
    • 大量または過剰にアカウントをリストに追加した場合
    • ウェブサイトへの訪問数を増やしたり、無関係なアカウント、商品、サービス、イニシアティブなどに注目を集めたりするために、無作為または必要以上にツイート(例: いいね、リツイートなど)や利用者(例: フォロー、リストやモーメントへの追加など)に反応した場合
    • 他者のアカウント情報(例: 自己紹介、ツイート、プロフィールURLなど)を自分のものとして繰り返しツイートした場合
    • 有害、虚偽的または悪意のあるリンク(例: アフィリエイト、マルウェアサイト、クリックジャッキングページなどへのリンク)をツイートした場合
    • 偽のアカウントを作成したり、誤解を招く形の反応や表示を行ったりした場合
    • アカウントへの反応(フォロワー、リツイート、いいねなど)を購入、販売または作為的に誇張しようとした場合
    • フォロワー、リツイート、いいねの獲得などをうたう第三者によるサービスまたはアプリケーション(フォロワートレインや、「フォロワー急増」を約束するウェブサイト、その他自動的に自分のアカウントやツイートにフォロワーやエンゲージメントを増やすようなウェブサイトなど)を利用したり、利用を助長したりした場合

上記に対するTwitterルールの適用に関しては、Twitterヘルプページの「フォローに関するルールと留意点」および「自動化のルールとベストプラクティスに関するページ」をご覧ください。なお、凍結されたアカウントの代替として作られたアカウントも永久凍結されます。

コンテンツの表示

調査中のアカウント、またはコンテンツの共有がこれらのルールに違反していると検知されたアカウントは、検索を含むさまざまなTwitterの機能において、アカウントまたはツイートの表示が制限されることがあります。Twitterに限定されたコンテンツの状況の詳細は、サポート記事「Twitter検索のルールと留意点」をご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。