goglobalwithtwitterbanner

TwitterによるCookieとCookieの類似技術の使用

Twitterでは、より快適、迅速かつ安全なサービスを提供するためにCookieとCookieの類似技術(ピクセルやローカルストレージなど)が使われています。Twitterのサービス(Twitterの各種ウェブサイト、SMS、API、メール通知、アプリケーション、ボタン、ウィジェット、および広告)では、ユーザーのTwitterやPeriscopeへのログイン、個人設定の保存、表示されるコンテンツのカスタマイズ、スパムや不正利用に対する防御、表示される広告のカスタマイズなどに、これらの技術を活用しています。

以下では、CookieとCookieの類似技術をTwitter、Twitterのパートナー、その他のサードパーティーがどのように使用しているか、利用者のプライバシー設定、利用者が選べるその他のオプションについて説明します。

Cookie、ピクセル、ローカルストレージとは

Cookieとは、ウェブサイトを閲覧している利用者のパソコンにそのウェブサイトが保存する小さなファイルです。Twitter、Periscope、Twitterの他のサービスは多くのウェブサイトと同様に、サービスの利用状況を把握し、サービス機能の向上に役立てる目的でCookieを使用しています。

ピクセルとは、ウェブページやメール通知に組み込まれている少量のコードです。Twitterは他の多くのサービスと同様に、特定のウェブコンテンツやメールコンテンツの利用の有無を把握する目的で、ピクセルを使用しています。ピクセルの使用は、Twitterが提供するサービスの測定や改善、また利用者のエクスペリエンスのカスタマイズに役立てられています。

ローカルストレージとは、ウェブサイトやアプリケーションが利用者のパソコンやモバイル端末に情報をローカル保存できるようにする業界標準の技術です。Twitterは、利用者の過去のサービス利用状況に基づいて表示する内容をカスタマイズする目的で、ローカルストレージを使用しています。

Twitterのサービスでこれらの技術が使われている理由

Twitterのサービスでは、サービスを提供、測定、改善するためにこれらの技術がさまざまな方法で使われています。これらの技術の用途は通常は以下のカテゴリーのいずれかに分類されます。

  • 認証とセキュリティ:
    • 利用者によるTwitterとPeriscopeへのログイン
    • 利用者のセキュリティ保護
    • 閲覧が限定されているコンテンツの表示
    • スパム、攻撃的な行為、その他TwitterルールPeriscopeコミュニティガイドラインに違反する行為の発見と対策の実施 
    • これらの技術により、たとえば、利用者によるTwitterとPeriscopeへのアクセスを認証し、許可されていない人によるアカウントへのアクセスを防止できます。さらに、Twitterのサービスから利用者に合わせたコンテンツを表示できるようになります。
  • 個人設定:
    • 利用者が使っているブラウザと利用者の個人設定の情報を保存できます。
    • たとえば、Cookieを使うことで、利用者の表示言語や利用している国を記憶できます。これにより、利用者がTwitterとPeriscopeにアクセスするたびに確認することなく、利用者の表示言語でTwitterとPeriscopeのコンテンツを提供できるようになります。また、Twitterでは利用者が現在いる地域でトレンドになっているトピックを表示したり、現地の適用法に基づいて特定のコンテンツに表示制限を適用するなど、国に基づいてコンテンツをカスタマイズできます。トレンドの詳細についてはこちらを、特定の国におけるコンテンツの表示制限の詳細についてはこちらをご覧ください。
  • 分析と調査:
    • Twitterの各種サービス(Twitterボタン、Twitterウィジェット、Twitter広告を含む)の向上に役立てることや、これらのサービスの利用状況を把握することができます。
    • たとえば、Cookieを使うことで、異なるバージョンのサービスをテストし、利用者に好まれる機能やコンテンツを特定できます。また、利用者によるサービスの利用状況(サービスを利用する時間帯や頻度、クリックされたリンクなど)を把握することにより、その利用者に対するTwitterとPeriscopeのサービスをカスタマイズして向上させる目的でもCookieが使用されます。また同じ目的のためにGoogleアナリティクスが使用される場合もあります。Googleアナリティクスの使用を通して保存されるCookieの詳細については、こちらをご覧ください。特定の埋め込みツイートまたはタイムラインを表示した利用者数を数える目的でCookieを使う場合もあります。Twitter APIのWeb活用のウィジェットで使用される分析用Cookieの詳細については、こちらをご覧ください。
  • コンテンツのカスタマイズ:
    • 提供するコンテンツ(トレンド、最近の話題、広告、おすすめのアカウントなど)の精度を向上させることで、よりカスタマイズされたTwitterサービスを実現できます。
    • たとえばTwitterは、利用者がTwitterタイムラインやPeriscopeグローバルフィードのどの部分をこれまで表示したかローカルストレージを通して把握することで、より適切なコンテンツを新たに表示することができます。またCookieを使うことで、タイムラインの埋め込みなど、Twitterのコンテンツが組み込まれたウェブサイトへのアクセスに基づいて、フォローをおすすめするアカウントの精度と関連性を高めることができます。
  • 広告:
    • 利用者のTwitterでのアクティビティやパートナーウェブサイトへのアクセスなどに基づいて、広告の配信、広告の効果測定、広告表示の精度向上が可能となります。
    • たとえばTwitterは、広告のカスタマイズと効果測定にCookieとピクセルを使用しています。これらの技術を使うことで、広告を表示すると同時に、広告パートナーのウェブサイトへの利用者アクセス状況に基づいて広告の効果を検証できます。これによって広告主は、提供する広告とコンテンツの質を高め、利用者の関心をより集められるようになります。
    • Twitterはサードパーティーの広告プロバイダー(Googleを含む)とも連携し、興味関心に基づいた広告配信などを通じて、Twitterのサービスを宣伝したりTwitter広告主に代わって広告を配信したりします。
  • 複数の端末におけるカスタマイズ:
    • Twitterでは利用者の複数の端末の関連性を把握することで、ある端末の情報を基に別の端末でTwitterが表示する内容をカスタマイズできます。
    • 利用者がある端末を使ってTwitterにログインすると、Twitterはその端末を利用者のTwitterアカウントに関連付けます。利用者がTwitterにログインしているかどうかにかかわらず、パートナーが情報を共有したときや、利用者がtwitter.comにアクセスしたとき、Twitterコンテンツを統合したサードパーティーウェブサイトにアクセスしたとき、Twitter広告主のウェブサイトやモバイルアプリケーションにアクセスしたときなどに、端末に関する情報がTwitterに送られます。Twitterはこの情報(通常はIPアドレスと情報を受け取った時間)を使って、利用者がTwitterへのログインに使う端末も含めた特定の端末間の関連性を判断する場合があります。アカウントに関連付けられた端末の詳細については、TwitterにログインしてTwitterデータをご覧ください。使用している端末またはブラウザに関連付けられたその他の端末の詳細については、TwitterからログアウトしてTwitterデータをご覧ください。

これらの技術が使用されている場所

Twitter(およびサードパーティー)はこれらの技術を、Twitterのウェブサイト、アプリケーション、サービス、そしてTwitterのサービスが組み込まれている他のウェブサイト、アプリケーション、サービス(Twitterの広告テクノロジーが組み込まれているサードパーティーの機能を含む)で使用しています。これには広告パートナーのウェブサイトや、タイムラインの埋め込みなどのTwitterの組み込みコンテンツを利用するウェブサイトが含まれます。また、サードパーティーもこれらの技術を使うことがあります。たとえば、利用者がTwitterのウェブサイトやアプリケーションからリンクをクリックしたり、Twitterのサービスの中でサードパーティーのコンテンツを利用したり、Twitterの広告テクノロジーが組み込まれたサードパーティーウェブサイトを訪問したりした場合です。

プライバシーについての利用者のオプション

Twitterは、利用者に効果的なプライバシー設定を提供できるよう取り組んでいます。利用者は、Twitter、Twitterのパートナー、その他のサードパーティーによるCookieの使用方法をさまざまな方法で制御、制限できます。

  • Twitterコンテンツを閲覧した他のウェブサイトの情報をTwitterが保存するかどうかについては、[カスタマイズとデータ] 設定の [Twitterコンテンツを閲覧したウェブの場所を追跡] 設定を変更してください。この設定をオフにしている利用者、またはEUもしくはEFTA加盟国の利用者に対して、Twitterはサービス向上のためのこれらのウェブサイトアクセス情報の保存や使用を行いません。Twitterがそれまでに利用者のウェブサイト閲覧履歴を保存していた場合、利用者に表示するコンテンツは、その履歴に基づく情報に応じてカスタマイズされることがあります。
  • TwitterによるTwitter内外での興味関心に基づいた広告表示を希望しない場合は、いくつかの方法でこの機能をオフにできます。
    • Twitterの設定で [カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[広告をカスタマイズ] 設定を変更します。
    • twitter.comを利用している場合、ブラウザでoptout.aboutads.infoを開き、Digital Advertising Allianceによる消費者選択ツールを使って、Twitterからの興味関心に基づいた広告配信を停止します。
    • お使いのiOSのバージョンが13以前で、現在のモバイル端末のTwitter for iOSで興味関心に基づく広告を表示したくない場合は、iOS端末の [追跡型広告を制限] の設定をオンにします(iOSのバージョンによっては、手順が異なる場合があります)。
    • Androidにおいて、現在のモバイル端末のTwitter for Androidで興味関心に基づく広告を表示したくない場合は、Android端末の設定の [広告のパーソナライズをオプトアウトする] をオンにします(AndroidのバージョンやOEMバリアントによっては、手順や設定の名称が異なる場合があります)。
  • お使いのiOSのバージョンが14以降で、TwitterがiOSの広告IDを利用しないようにする場合は、iOS設定の [Appからのトラッキング要求を許可] の設定をオフにします(iOSのバージョンによっては、手順が異なる場合があります)。
  • Twitterで複数の端末におけるカスタマイズを変更するには、[カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[すべての端末間でカスタマイズ] 設定を変更します。この設定により、Twitterへのログインに使っていないブラウザまたは端末とのアカウントの関連付け(ログアウトしている場合は現在使っているブラウザまたは端末と他のブラウザまたは端末との関連付け)をTwitterに許可するかどうかを指定できます。
  • 特定のサードパーティー広告パートナーによる興味関心に基づいた広告表示を設定するには、興味関心に基づいた広告の受け取り停止の詳細について、optout.aboutads.infoまたはwww.networkadvertising.org/choicesをご覧ください。またウェブブラウザでは、GoogleのオプトアウトアドオンをインストールしてGoogleアナリティクスをオフに、Googleの広告設定を使用して興味関心に基づいたGoogle広告をオフにできます。
  • Cookieについては、ほとんどのウェブブラウザで設定を変更してCookieを許可または拒否できます。ウェブサイトがCookieを設定しようとするたびに利用者の許可を求めるように設定することもできます。TwitterのサービスにはCookieを必要としないものもありますが、Cookieを完全にオフにするとTwitterやPeriscopeが正常に動作しなくなる場合があります。たとえば、すべてのCookieの使用を拒否すると、twitter.comやpscp.tvにログインできなくなります。

注記: Twitterアカウントのウェブ設定を確認または変更する場合は、ログインしていることを確認してください。ログアウトしたままウェブブラウザでTwitterの設定を変更すると、Twitterにログインしていない間のそのブラウザでの動作のみが変更されます。Twitterモバイルアプリなどで [カスタマイズとデータ] 設定を利用する方法については、こちらをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。