Twitterにおける個人情報について

Twitterルール: 他の利用者の個人情報を、明確な許可を受けずに公開または投稿することは禁止されています。個人情報に該当する情報の種類は、各国の現地法によって異なる場合があります。

基本原則

個人情報をオンライン上で公開する行為によって、その個人情報の所有者に深刻な安全リスクやセキュリティリスクが生じる可能性があります。そのため、この行為は非常に深刻なTwitterルール違反と見なされます。

適用範囲

個人情報の例としては、以下のような連絡先情報や金融情報が挙げられますが、これらに限定されません。

  • クレジットカード情報
  • 社会保障番号などの国民識別番号
  • 私的なものと見なされる個人の住宅や住所などの場所に関する情報
  • 公開されていない個人電話番号
  • 公開されていない個人メールアドレス 

個人情報に該当しない情報の例としては、以下が挙げられます。

  • 名前
  • 生年月日、年齢
  • 仕事上の住所 
  • 所属する教育機関や勤務先
  • 容姿の説明

特定の情報をあなたが個人的なものと見なしたとしても、当該情報を記載した投稿がすべてポリシー違反と見なされるわけではありません。投稿された情報の性質や公開範囲、現地の個人情報保護法令、さらに投稿ごとの固有の事情を考慮して判断されます。たとえば、その情報がTwitterに投稿されるよりも前にインターネット上の別の場所で投稿または掲載されていた場合(たとえば、公開ブログに個人の電話番号が掲載されているなど)、ポリシー違反にはならない可能性があります。ただし、公開された情報がハラスメント行為やハラスメントの教唆を目的として共有されている場合、嫌がらせ行為に関するポリシーに沿って強制的な措置が行われることがあります。

また、利用者が何らかの形で自己の私的な連絡先情報を公開したいと考える場合があります。次のような状況が該当します。

  • 仕事上の人脈づくりを目的として個人の電話番号やメールアドレスを投稿する
  • ソーシャルイベントを開催するために個人の住所を投稿する
  • 自然災害の発生後に助けを求めて個人の住所を公開投稿する

Twitterでは、その情報が個人情報に該当するかどうか、また本人が個人情報をTwitterで共有されることを望んでいるかどうか判断するために、投稿された個人情報の持ち主またはその法的代理人から聞き取りを行う場合があります。Twitterはそのような報告に対してメールで返信し、撮影対象者が身元を証明する文書を提供するように要請します。Twitterはこの文書を問題の調査に利用した後で廃棄し、第三者に共有することはありません。そのコンテンツを報告した人物についての情報をTwitterが違反者に伝えることはありません。

措置

個人情報ポリシー違反に対する措置は、その違反の程度や違反者の過去の違反歴によって決まります。

このポリシーに初めて違反した場合、違反と見なされたツイートの削除が要請されることや、アカウントが一時的にロックされてツイートできなくなることがあります。このポリシーに繰り返し違反したアカウントや、個人情報の投稿のみを行っているアカウントは、凍結される可能性があります。

Twitterに投稿された個人情報の報告に関するよくある質問については、こちらをご覧ください。

Twitterやその他のウェブサイトにおける個人情報保護の詳細については、こちらをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。