「おすすめ」への取り組み

概要

いま起きていることについて知るために、毎日たくさんの人たちがTwitterを利用しています。フォローするアカウントトピックを選んだり、自分でリストを作成したり、他のユーザーが作成したリストに参加するといった、Twitterを利用するために行った選択は、どのようなコンテンツが表示されるようにするかを決める上で役立ちます。たとえば、アカウントやトピックをフォローすると、それらのツイートがホームタイムラインに表示されるようになります。また、あなたが興味関心があると思われるその他のツイートも表示されます。     

あなたがフォローしているアカウントやトピックのコンテンツを表示することに加え、 あなたの興味関心に関連するコンテンツやアカウントを簡単かつ迅速に見つけられるよう、おすすめも表示されます。表示されるおすすめは、登録時に選択した興味関心、フォローしているアカウントやトピック、「いいね」したツイート、 リツイートしたツイート、その他の方法でやり取りしたツイート、あなたのネットワークの中で人気のあるコンテンツを含む(ただしこれらに限定されない)さまざまなシグナルに基づいています。おすすめは、通知、トピックのランディングページ、話題を検索、[スペース] タブ、そしてホームタイムラインなど、Twitterのさまざまな場所で表示されます。 

 

責任をもっておすすめする 

おすすめによってコンテンツが拡散されるため、どのコンテンツを表示するかを責任をもって選ぶことは重要です。健全な会話を促すことは、Twitterの基本信念の1つ、「⾔論の⾃由は基本的⼈権の⼀つですが、だからといってその表現をTwitter上で⾃由に拡⼤、拡散できるわけではありません」を推し進めるものです。Twitterの対応についての理念により、Twitterのプラットフォーム上でさまざまな形での言論を許容することによってもたらされる問題の異なる側面をユーザーに理解していただけるようにすると同時に、私たちはTwitter上で有害なコンテンツが拡散されることを阻止すべく懸命に対処しています。 

有害または攻撃的である可能性があるコンテンツやアカウントが拡散されるのを防止する方法にはいくつかあり、その中には、機械学習のテクノロジーを活用したり、ユーザーからの報告を確認したり、その他のツールを利用することが含まれます。 有害または攻撃的なコンテンツやアカウントは依然としてTwitterプラットフォームに存在しますが、それらは次の方法によって拡散される対象とはなりません。 

  • フォローしていない誰かをホームラインでおすすめとして表示する

  • ツイートの詳細または会話の中にある返信セクションの上部で表示する

  • [話題を検索] の [For You] タブでおすすめとして表示する 

  • プッシュ通知として表示する 

おすすめの対象とはならないコンテンツは、そのツイートの作成者をフォローしているユーザーに対してや、ツイートの作成者のプロフィールでは表示されます。

安全を最優先にする

特定の危機的状況や選挙を含む(ただしこれらに限定されない)重要なイベントが起きている間は、危害が生じる可能性や、直接的な危害、重大な危害、潜在的な危害が著しく増加します。このような場合には、誤解を招く可能性のあるコンテンツや有害なコンテンツを気が付かないうちに拡散してしまうことがないように、Twitterでは追加の手順を講じます。たとえば、 市民活動や特定の危機的状況といったイベントが生じている間は、情報提供につながるメッセージに加え、情報の正確性について異議が唱えられているメッセージや新たに投稿された誤解を招く可能性のあるメッセージに対して背景情報を追加するアップデートを積極的におすすめするようにします。これには、情報提供につながるメッセージや、誤解を招くメッセージに対する異議申し立てを行うためのアップデートを積極的に特集した Twitterモーメントの作成や虚偽情報の事前訂正の実施が含まれます。

おすすめの対象とならないコンテンツ 

違反の可能性があるものに対する強制的対応の種類は幅広くあり、問題のある内容を含むコンテンツである可能性があるとしても、Twitterは常に削除するわけではありません。ですが、以下のカテゴリーに該当するコンテンツはおすすめに含めないように鋭意対処しています。 

  1. 国家当局関係メディアアカウントのコンテンツ、または国家間の軍事紛争の間、インターネットへのアクセスを制限していると知られている政府アカウントのコンテンツ。

  2. ハッキングによって得られた情報を含むことがわかっており、 報道や状況に関する説明といった目的に沿って提供された資料に対するコメントやそのような資料を提供するウェブサイト(具体的な記事やドメイン全体)からの情報ではないコンテンツ。 

  3. Twitterルールに違反するコンテンツではあるものの、公共の利益にかなう場合の例外措置としてプラットフォームで表示できるようになっているコンテンツ。

  4. 規制対象の薬物または武器の使用を促すコンテンツ。

  5. 極めて攻撃的な内容で、 攻撃的な行為および暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシーを含む、安全性に関するポリシーのもと、拡散の対象とはならないと判断されるコンテンツ。 

  6. ​​市民活動の阻害に関するポリシーCOVID-19について誤解を招く情報に関するポリシー合成または操作されたメディアに関するポリシー、およびその他のhelp.twitter.com/ja/resources/addressing-misleading-infoに記載されている、誤解を招く情報に関するポリシーへの違反を含む、誤解により被害をもたらす情報。

  7. 自動化システムによってTwitterルールに違反すると判断されたものの、人によって確認されていないコンテンツ、あるいは誤って判断されたコンテンツ。

おすすめの対象とならないアカウント 

違反の可能性があるものに対する強制的対応の種類は幅広くあり、問題のある内容を含むアカウントである可能性があるとしても、Twitterは常に削除するわけではありません。ですが、以下のカテゴリーに該当するアカウントはおすすめに含めないように鋭意対処しています。 

  1. Twitterルールに最近違反したアカウント。 

  2. 市民活動の阻害に関するポリシーCOVID-19について誤解を招く情報に関するポリシー合成または操作されたメディアに関するポリシー、およびその他のhelp.twitter.com/ja/resources/addressing-misleading-infoに記載されている、誤解を招く情報に関するポリシーへの違反を含む、誤解により被害をもたらす情報を共有するアカウント。

  3. スパム行為を行ったと思われるアカウント。 

  4. 共謀による有害行為を行ったアカウント。

  5. 写実的な暴力描写およびヘイト表現を伴う画像をTwitterプロフィールの要素に含めているアカウント。

  6. 国家当局関係メディアのアカウント、または情報への自由なアクセスを制限しており、国家間の軍事紛争にかかわっている国家のアカウント。 

     

おすすめはどこで確認できますか? 

おすすめは、通知、トピックのランディングページ、話題を検索、[スペース] タブ、そしてホームタイムラインなど、Twitterのさまざまな場所で表示されます。ホームタイムライン、話題を検索、通知でのおすすめについては、以下でより詳しく説明しています。 

ホームタイムライン 

ホームには、フォローしているアカウントやトピックのツイートや、その他のおすすめのコンテンツが表示されます。そのため、フォローしていないアカウントのツイートがホームタイムラインに表示されることがあります。おすすめとして表示されるツイートは、フォローしているアカウントやトピック、「いいね」したツイート、あなたのネットワークにいる人が「いいね」したツイートやフォローしているアカウントを含む(ただしこれらに限定されない)さまざまなシグナルに基づいています。ホームタイムラインにはプロモツイートやフォローしているアカウントのリツイートなども表示されます。 

Twitterでは、ホームタイムラインに特定のおすすめが表示される理由についてユーザーにご理解いただきたいと思っています。トピックの名前など、あなたが見ているツイートの背景情報を追加したり、 あなたのネットワークにいる誰がツイートの作成者をフォローしたりリツイートしたかといった情報を追加することも含めて、さまざまな方法でおすすめを行っています。    

ホームタイムラインについてや、ホームで表示される内容を管理する方法について、詳細をご覧ください。

話題を検索

「話題を検索」を利用すると、興味関心に基づいてパーソナライズされた幅広い話題について情報を得ることができます。ここには、「いま」起きていることが表示されます。Twitterを利用すればするほど、[話題を検索] タブにはよりパーソナライズされた話題が表示されます。[話題を検索] タブは地域によって異なる場合がありますが、通常は [話題を検索] には以下のセクションが表示されます。

  • [For you]: アクティビティに基づいて、あなたが最も好むとTwitterが考えるトレンド、イベント、トピック、モーメント。

  • [トレンド]: 世界で「いま」起きていること。[トレンド] タブに表示されるトレンドは、特定の地域でいまトレンドとなっていることを表します。アカウントごとにパーソナライズされるわけではありません。 

  • [ニュース]、[スポーツ]、[COVID-19]、[エンターテイメント] タブ: その他のさまざまな話題に関するトップストーリーまたはニュース。これらのタブが利用できるかどうかは、地域によって異なります。

トレンドについてより詳しく 

トレンドとは、 Twitterで新たに話題となっているトピックを見つけられるようにするためのものであり、一定期間話題となっているトピックではなく、今話題の会話を特定するアルゴリズムによって判断されます。トレンドをランク付けしてトレンドであると判断するために、このアルゴリズムによって使用される1つのインプットは、特定のトピックに関するツイートの数です。このアルゴリズムでは、トレンドとハッシュタグが同じトピックに関連している場合、同じグループにまとめられます。たとえば、#MondayMotivationと#MotivationMondayの意味は同じであるため、#MondayMotivationにまとめられます。

アカウントにサインインすると、アカウントの場所に基づいて、トレンドがカスタマイズされます。ただし、場所設定を変更することで、他の場所で何がトレンドになっているかを見ることができます。 

話題を検索トレンドについて詳細をご覧ください。 

通知

通知は、あなたにアラートを送ることで、あなたが気にかけていることについて情報を収集できるようにします。あなたやあなたのツイートに関する通知と、おすすめの通知について選択できます。通知タイムラインで、どのツイートが「いいね」されたか、(あなたのツイートの )最新のリツイート、(返信や@ツイートによって)あなたに向けられたツイート、新しいリストフォロワー、新しいアカウントフォロワー、そしてTwitterでのアクティビティに基づいておすすめされた通知を見ることができます。これらの通知に加え、ユーザーが興味を持ちそうな話題の会話(関連性や信頼度が高く、上記の方法で安全と判断されたもの)を上位表示するようにしています。

通知はTwitterアカウントごとにパーソナライズされ、どの通知をウェブブラウザとモバイル端末のどちらで受け取るかを選択できます。通知の個人設定を選択できることに加え、設定メニューには、受け取る通知をフィルターするその他のオプションがあります。オプションには、 クオリティフィルター、ミュートするキーワード、個人設定、詳細フィルターがあります。

  • クオリティフィルターをオンにすると、重複するツイートや自動投稿と思われるコンテンツなどの不快なコンテンツが通知されなくなります。ただし、フォロー中のアカウントや最近交流したアカウントの通知は表示されます。クオリティフィルターは通知設定でオンオフを切り替えられます。 

  • ミュート機能を使えば、通知してほしくないキーワードやフレーズを含む通知を停止できます。キーワードやフレーズのミュートに関する詳細は、こちらでご確認いただけます。通知してほしくないアカウントの通知を停止することもできます。これにはフォローしているアカウントや不明なアカウントなどが該当します。フォロー中のアカウントをミュートしても、そのアカウントからの返信や@ツイートは通知タイムラインに表示されます。アカウントのミュートに関する詳細は、こちらでご確認いただけます。

  • [詳細フィルター] を使って、表示が不要な特定のタイプのアカウントの通知をオフにできます。また、あなたのアカウントに急に多くの通知が送られた場合、これらのフィルターを設定して表示内容を調整できることをお知らせするメッセージが [通知] タブに届きます

  • 個人設定によって、どの種類の通知を、メールまたはモバイル端末で受け取るかを選択することができます。これらの通知の種類には、@ツイートや返信、トピック、ニュース、モーメント、およびSpacesが含まれます。 

通知の詳細については、こちらをご覧ください。 

 

おすすめを管理する  

管理機能は、あなたがTwitterをどのように利用するかをキュレーションする上で、またTwitterのおすすめシステムに対する重要なフィードバックをお寄せいただく上で重要です。Twitterを利用するユーザーには、Twitterで何を行い、何を見たくないかということについて、さまざまなオプションが用意されています。新しい機能を構築するにあたり、ユーザーがTwitterの使用体験をもっと管理できるようにする方法を模索し続けています。現時点でユーザーが利用できる管理機能の一部を、以下で紹介します。Twitterで利用できるさまざまな管理機能については、こちらでご確認いただけます。 

「ホーム」と「最新」

ホームタイムラインのメニュー上部で  アイコンをクリックすると、タイムラインでまず最初にトップツイートと最新のツイートのどちらを表示するかを選択できます。ホームでトップツイートを表示すると、フォローしていないアカウントやトピックのツイートも含めた、おすすめのツイートが表示されますが、最新のツイートを表示すると、フォローしているアカウントのツイートのみが表示されます。 アイコンにより、ホームタイムラインの利用方法をより管理できるようになり、また、ホームと最新のタイムラインを簡単に切り替えることができます。  

「ホーム」と「最新」の詳細をご覧ください。

ミュートとブロック

特定のキーワード、フレーズ、ユーザー名、絵文字、またはハッシュタグを含むツイートをミュートにするオプションがあります。ミュートは、通知とホームタイムラインにのみ適用されます。 

アカウントをミュートにすることで、アカウントのフォローを解除したりブロックしたりすることなく、そのアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようにすることができます。 

ブロックは、Twitterで他のアカウントとどのようにやり取りするかを管理するのに役立つ機能です。ブロックしたアカウントはあなたをフォローしたりあなたのツイートを見ることはできません。また、ブロックしたアカウントをあなた自身がフォローすることもできません。  

キーワードのミュートアカウントのミュート、およびアカウントのブロックについて詳細をご覧ください。  

ツイートを報告する 

アカウントやツイートがTwitterルール利用規約に違反していると思われる場合は、Twitterに報告してください。報告対象となるのは、攻撃的な行為センシティブなメディアなりすましスパムなどを含むコンテンツです。報告は、2、3のステップを踏むだけで送信できます。そして、あなたの報告はTwitterをすべての人にとって快適な場所にするために役立ちます。 

Twitterルールおよび利用規約への違反の可能性について報告する方法について、詳細をご覧ください。 

ツイート内のメディアの表示を管理する

[プライバシーとセキュリティ] の設定で、センシティブな内容を含む可能性のあるメディア付きのツイートに警告が表示されるようにするオプションを指定できます。初期設定では警告メッセージが表示されるようになっていますが、いつでも設定を変更できます。 

ツイートに含まれるメディアの表示を管理する方法については、こちらをご覧ください。 

自動再生の設定

タイムライン、モーメント、[話題を検索] タブで動画が自動再生されないようにするには、動画の自動再生の設定を変更します。動画の自動再生の設定は、twitter.comとTwitterアプリで個別に変更できます(たとえば、iOS端末では動画を自動再生し、twitter.comでは自動再生しないように設定できます)。 

動画の自動再生の設定の詳細をご覧ください。 

通知の設定 

クオリティフィルターをオンにしたり、詳細フィルターを利用することで、フォローしていないアカウント、新規アカウント、デフォルトのプロフィール写真を使っているアカウントなど、さまざまなアカウントからの通知をミュートにすることで、受け取る通知をフィルターすることができます。ツイートアクティビティに関する特定の通知や、Twitterからの通知のみを受け取ることを希望する場合は、通知の設定でこれらの個人設定を選択できます。  

通知の設定の詳細をご覧ください。 

ホームで表示されるおすすめコンテンツに関するフィードバックを送信する 

Twitterで受け取るおすすめに対するフィードバックを送信することができます。ホームタイムラインのおすすめについては、「このツイートに興味がない」または「このこのトピックに興味がない」を選択することでフィードバックを送信できます。  この操作が行われると、Twitterでは、このタイプのコンテンツはあなたにおすすめしないようにするシグナルとして利用します。

おすすめされたトピックに興味がないことを示す方法について、詳細をご覧ください。

この記事を共有する