自傷行為や自殺について

あなた自身、またはあなたの知っている人が自傷行為や自殺行為について考えているときは、心のサポートや自殺防止に関する専門知識を持つ支援機関にできるだけ早く連絡を取って助けを求めてください。また、Twitter上で自傷行為や自殺を示唆するコンテンツを見つけた場合は、このような危険に対応するTwitterの専門チームまでご報告ください。

自傷行為や自殺の危険性に関連するコンテンツに対するTwitterの対応

Twitterでは、自傷行為や自殺の願望を持つ可能性のあるユーザーについての報告を受け取ると、そのユーザーに連絡を取ります。その際、そのユーザーの安全を心配している人がいることを伝え、支援機関を探すように促すとともに、オンラインまたは電話により支援活動を行う専門機関に関する情報を提供しています。

兆候の見極めるには

オンラインの投稿だけで実際の行動を判断するのは容易ではありませんが、それらをヒントに自傷行為や自殺の願望を持つ可能性を示す兆候やサインを察知することは可能です。自殺願望を持っているかどうか確かめるためのチェック項目を以下に紹介します。

  • 気持ちが塞いでいる、絶望したなどの内容を頻繁に投稿しているか

  • 投稿の内容から、死ぬことへの関心や、もう死ぬしかないといった感情が読み取れるか

  • 過去に自殺を試みたという内容の投稿があるか

  • 自傷行為について説明したり、自傷行為の写真を投稿したり、自殺願望があると告白しているか

  • 投稿の雰囲気や内容が最近急に変化したか

自殺が懸念されるのが、あなたが直接知っている人の場合、その人に個人的に連絡を取り、支援策を提供できる可能性のある専門機関から助言を得るよう促すことが、懸念される事態を回避するのに役立つ場合があります。ただし、その人を直接知らない場合であっても連絡し、心配していると伝えることはできるはずです。また専門機関、自殺防止の電話相談室、その人を直接知る第三者に相談を持ち掛けることもできます。相手に直接連絡しにくい場合や相手への連絡方法がわからない場合は、Twitterまで自傷行為および自殺専用の報告手順によりご報告ください。

自分自身の自傷行為や自殺の願望に対応するには

あなた自身が自傷行為や自殺の願望を持っていたり、抑うつや不安を抱えていたりする場合、信頼できる人や、そのような状況に対応するのを支援する専門機関に相談することが、懸念される事態を避けるのに役立つ場合があります。うつ症状、孤独感、薬物乱用、病気、人間関係の課題、経済的困窮など、さまざまな悩みについてのご相談は、こちらのリソースを参照してください。

毎年数多くの人々が、さまざまな形で現れるうつ症状に悩まされています。共通した兆候としては、憂鬱、さまざまな活動に対する関心の低下、食欲や睡眠パターンの変化、無気力、思考障害、自殺願望などがあります。これらの兆候が明確に現れるか、わずかに現れるかは人によって異なりますが、いずれの場合も軽視してはいけません。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。