goglobalwithtwitterbanner

著作権に関するポリシー

Twitterが対応する著作権に関する問題の種類

Twitterは、デジタルミレニアム著作権法(以下「DMCA」)に基づいて報告された著作権に関する問題に対応します。DMCAの第512条には、著作権侵害の正式報告を行うために必要な法定要件がまとめられているほか、報告対象の当事者が異議申し立て通知を提出して削除措置に対する異議を申し立てる方法が規定されています。

Twitterは、著作権によって保護された画像が無断でプロフィール画像、またはヘッダー画像に使用されたという申し立て、著作権によって保護された動画または画像が無断でTwitterのメディアホスティングサービスを通じてアップロードされ、使用されたという申し立てのほか、著作権を侵害している疑いがあるコンテンツへのリンクを含むツイートなど、著作権侵害に関する申し立て報告に対応します。著作権で保護されているコンテンツが無断で使用されたとしても、著作権侵害と見なされないケースもありますのでご注意ください(詳細については、公正使用に関する記事をご覧ください)。

ブランドや人物・企業の名称の使用に関する問題については、Twitterの商標に関するポリシーをご覧ください。パロディ、ニュースフィード、コメンタリー、ファンアカウントに関する問題については、こちらの関連するポリシーをご覧ください。一般的に、このような問題は著作権とは関係ありません。

自分が著作権の保有者であるかどうかを確認する方法

特定の著作物について著作権を保持しているかどうか確信が持てない場合は、弁護士や法律顧問にご相談ください。Twitterが法的なアドバイスを提供することはできません。著作権法については、さまざまなウェブサイトで詳しい情報を得ることができます。たとえば、http://copyright.govhttps://lumendatabase.org/http://www.eff.org/issues/bloggers/legal/liability/IPなどが参考になります。

著作権に関する問題を報告する前に考慮すべき事柄

著作権に関する問題をTwitterに報告する前に、その使用が公正使用と見なされる可能性があるかどうかを確認してください。

公正使用と思える場合で、それでもなお著作権に関する問題として申し立てたいときは、まず当該ユーザーに連絡を取り、直接そのユーザーと問題を解決できるかどうか確かめてください。そのユーザーのツイートに返信するか、そのユーザーにダイレクトメッセージを送信して、著作権で保護されているコンテンツを削除するように依頼することができます。その場合、Twitterに連絡する必要はありません。 

正式な申し立てをTwitterに提出する前に、合衆国法典第17編第512条(f)項のもとでは、コンテンツまたはアクティビティが著作権を侵害していると重大な虚偽の報告を故意に行った場合、TwitterまたはTwitterサービスのユーザーに生じたあらゆる損害(経費と弁護士費用を含む)を賠償する責任を負う可能性があることに留意してください。報告するコンテンツが実際に著作権を侵害しているか確信が持てない場合は、著作権侵害を申し立てる前に弁護士にご相談ください。

注記: 通常、写真の権利者は、写真の被写体となった人物ではなく撮影者です。自分が著作物の著作権の権利者であるかどうか、または第三者の著作物の著作権を侵害しているかどうか確信が持てない場合、弁護士や法律顧問にご相談ください。

著作権に関する問題を報告するために必要な情報

著作権侵害を報告する際は、以下の情報をTwitterに提供してください。

  1. 著作権の権利者またはその代理人として行動する権限を与えられた者の手書きの署名または電子署名(フルネームの記載があれば結構です)
  2. 侵害を受けたと申し立てる著作物を特定する情報(オリジナルの著作物へのリンクや、著作権の侵害を受けている疑いがあるコンテンツについての明確な説明など)
  3. 著作権を侵害しているコンテンツを特定する情報、およびTwitterのウェブサイトまたはサービス上で当該コンテンツが掲載されている場所を示す具体的な情報
  4. 住所、電話番号およびメールアドレスを含む報告者の連絡先情報
  5. 著作権の権利者、その代理人、または法律によって許可されていない方法で当該著作物が利用されたと、報告者が偽りなく確信しているという記述
  6. 問題の報告の内容が正確であること、かつ偽証罪が適用される可能性を理解した上で、報告者が著作権の権利者の代理人として行動する権限を与えられているという記述

ツイートのコンテンツについて報告する場合、該当するツイートへのダイレクトリンクを記載してください。侵害の疑いがあるコンテンツが使用されている箇所(ヘッダーやプロフィール画像など)を具体的にお知らせください。プロフィールページへのリンクだけでは、著作権を侵害しているコンテンツを特定できません。

著作権に関する問題を報告する方法

Twitterのヘルプセンター内の著作権侵害について報告するにアクセスして、著作権に関する問題を報告できます。twitter.comにログインしている状態であれば、サイドバーにある [ヘルプセンター] リンクをクリックすることで、Twitterアカウントから直接Twitterヘルプセンターにアクセスできます。

規定の法的手続きを始めるには、まずDMCAに基づく申し立てを提出してください。Twitterがその申し立ての正確性、有効性、完全性をチェックし、これらの要件が満たされている場合、その請求に対応します。まず、著作権を侵害している疑いがあるコンテンツを投稿したユーザーに、通知に含まれるすべての情報(報告者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを含む)のコピーを送付します。

個人的な連絡先情報を相手に知られたくない場合は、代理人を介して報告することをおすすめします。

合衆国法典第17編第512条(f)項のもとでは、コンテンツまたはアクティビティが著作権を侵害していると重大な虚偽の報告を故意に行った場合、TwitterまたはTwitterサービスのユーザーに生じたあらゆる損害(経費と弁護士費用を含む)を賠償する責任を負う可能性があることに留意してください。報告するコンテンツが実際に著作権を侵害しているか確信が持てない場合は、著作権に関する問題を報告する前に弁護士にご相談ください。

申し立てへの対応方法

Twitterは著作権に関する問題の報告に、受け付け順に対応します。報告の送信が完了すると、Twitterから確認メールが送られます。確認メールを受け取っていない場合、それはTwitterに報告が届いていないということです。再度、報告を送信してください。ただし、著作権に関する問題の報告を重複して行った場合、対応が遅くなるので、ご注意ください。

Twitterがコンテンツの削除または表示制限を行うことを決定した場合、対象となるユーザーにその旨を通知し、さらに報告者の報告内容(報告者本人の連絡先情報を含む)すべてのコピーを提供し、それに対する異議申し立て通知の提出方法を知らせます。また、Twitterは個人情報を削除した編集済みの報告内容をLumenに転送します。

報告されたユーザーが受け取る情報

Twitterが著作権に関する問題で報告されたコンテンツの削除または表示制限を行う場合、報告されたユーザーは、報告者本人の氏名、メールアドレス、住所、およびその報告に含まれている他のすべての情報を含む、報告内容のコピーを受け取ります。

報告されたユーザーに自分の連絡先情報を知られたくない場合は、あなたの代わりにDMCA通知を提出する代理人を任命することをお勧めします。代理人は、有効な連絡先情報を含むDMCA通知を提出し、代理しているコンテンツの権利者があなたであると特定する必要があります。

その後の対応

Twitterは著作権に関する問題への対応として、著作権を侵害している疑いがあるコンテンツの削除や表示制限を行うことがあります。Twitterが著作権に関する問題の報告を受けてユーザーのコンテンツの削除や表示制限を行う場合、Twitterは、影響を受けるアカウントの所有者に対して、報告内容すべてのコピーを含む削除や表示制限に関する情報を知らせ、併せてそれに対する異議申し立て通知の提出方法を伝えるために、誠意を持って努力します。

アカウントから削除されたコンテンツについて著作権に関する問題の通知をまだ受け取っていない場合は、Twitterから送られたメールに返信してお知らせください。Periscopeのコンテンツの削除に関する申し立ての場合、ヘルプセンターの、問題の報告のコピーを請求する方法に関する記事をご覧ください。

ユーザーが投稿したコンテンツの削除や表示制限についてできる限り透明性を確保するため、削除または表示制限されたツイートやメディアにはその旨が明記されます(以下の例をご覧ください)。また、Twitterが対応した著作権に関する問題の報告とそれに対する異議申し立て通知の内容は、編集した後でLumenに送付され、公開ウェブサイトに掲載されます(個人情報は削除されます)。

私のコンテンツがTwitterから削除されました

なぜ私は著作権に関する問題の通知を受け取ったのですか?

著作権に関する問題の報告を受け取った場合、その報告に記載されたコンテンツはTwitterでの表示が制限されています。Twitterからの通知をよくお読みになり、Twitterに報告された著作権に関する問題の内容や、それに対する異議申し立て通知の提出方法を把握してください。Twitterアカウントに登録されているメールアドレスを必ず確認するようにしてください。

ヒント: 著作権に関する申し立て通知で報告されたコンテンツを削除しても、その問題は解決されません。

報告に異議を唱えたい場合は、どうしたらよいですか?

著作権に関する問題の通知で報告されたコンテンツが
誤認されている、または誤って削除されたと思われる場合は、異議申し立て通知を提出することができます。異議申し立て通知は、Twitterに削除されたコンテンツを元に戻すよう求める請求で、法的結果をもたらす行為です。または、報告者に対して著作権に関する問題の報告を撤回するよう求めることもできます。

報告の撤回を求めるには、どうしたらよいですか?

あなたが受け取ったDMCAに基づく報告には、報告者の連絡先情報が含まれています。報告者に連絡を取り、通知の撤回を求めることができます。報告者は、撤回依頼をcopyright@twitter.com宛てに送信できます。撤回依頼には次を明記してください。(1)表示が制限されているコンテンツを特定できる情報、および(2)報告者がDMCAに基づく通知を撤回するという表明。これは、未解決の著作権に関する問題を迅速かつ効果的に解決する方法です。撤回は報告者本人の単独の裁量にまかせられています。

どのような場合に異議申し立て通知を提出するべきでしょうか?

異議申し立て通知は、Twitterに削除されたコンテンツを元に戻すよう求める請求で、法的結果をもたらす法的手続きを開始する行為です。たとえば、異議申し立て通知を提出することによって、米国連邦裁判所の管轄を承諾したことになります。また、自分の個人情報を報告者およびLumenのウェブサイトに開示することを承諾することになります。

これらのことを踏まえたうえで、当該コンテンツが誤認されたと判断した場合、または当該コンテンツは削除される必要がないと誠意をもって確信している場合は、異議申し立て通知を提出できます。異議申し立て通知を提出するべきかどうか確信を持てない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

ヒント: 著作権に関する問題の報告を受けて削除されたコンテンツを再び掲載すると、アカウントが永久凍結される場合があります。コンテンツが誤って削除されたと思われる場合は、コンテンツを掲載しなおすのではなく、異議申し立て通知を提出するようにしてください。 

異議申し立て通知を提出するために必要な情報

異議申し立て通知を提出する場合、以下の情報をTwitterに提供する必要があります。

  1. 手書きの署名または電子署名(フルネームの記載があれば結構です)
  2. 削除または表示制限されたコンテンツを特定するための情報と、削除または表示制限される前にコンテンツが表示されていた場所の情報(著作権に関する通知の内容を転載しても構いません)
  3. 虚偽の供述を行うと偽証罪に問われることを理解した上で、当該コンテンツが、削除または表示制限するコンテンツの誤認または取り違えにより削除または表示制限されたことを偽りなく確信しているという記述
  4. 氏名、住所、電話番号、さらに住所地を管轄する連邦地方裁判所(住所が米国以外の場合は、Twitterが所在する地域の裁判所)の管轄権に合意し、(c)項(1)号(C)の規定に基づく告訴人または告訴人の代理人による訴状の送達を受理するという趣旨の記述

異議申し立て通知を提出するには、Twitterが削除について通知した元のメールに返信し、必要なすべての情報を返信メールの本文に記載してください。Twitterはセキュリティ上の理由から、メールの添付ファイルをすべて削除する措置を取っています。

異議申し立て通知が提出された後の対応

有効な異議申し立て通知を受け取ると、Twitterは著作権に関する問題を報告した報告者にそのコピーを速やかに転送します。つまり、異議申し立て通知に記載された連絡先情報が、著作権に関する問題の元の通知を提出した報告者に共有されることを意味します。

著作権の権利者が、コンテンツが誤って削除された、または誤認であることに同意しない場合、彼らはあなたに対して訴訟を起こす場合があります。Twitterが、10営業日以内に、元の報告者から問題のコンテンツによるさらなる著作権侵害を防ぐために裁判所命令を請求するという通知を受け取らなかった場合、Twitterは削除したコンテンツを再掲載したり、表示制限を解除したりする場合があります。

Twitterは法的なアドバイスを一切提供できません。不明点がある場合は、弁護士にご相談ください。

著作権に関する問題の報告や異議申し立て通知を提出する前に

特に、自分が実際の権利者であるかどうか、または権利者の代理人として行動する権限を与えられているかどうか確信が持てない場合、再度よく考えた上で、著作権侵害の申し立てや異議申し立て通知を提出してください。虚偽の報告や悪意による報告を行うと、法的処分の対象となり、経済的不利益を被ることになります。自分が実際の権利者であるかどうか、コンテンツが誤って削除されたと偽りなく確信しているか、虚偽の申し立てを行った場合の影響を理解しているか、事前によく検討してください。

複数の、著作権に関する問題の報告を自分のアカウントが受け取った場合

著作権に関する問題が複数報告された場合、Twitterは、違反を繰り返すアカウントへの警告のためにアカウントをロックするか他の措置を取る場合があります。これらの警告はTwitterのサービスによって異なる場合があります。Twitterは、適切な場合に、Twitterの著作権侵害を繰り返すユーザーに関するポリシーに基づいてユーザーのアカウントを凍結することがあります。ただし、Twitterの著作権侵害を繰り返すユーザーに関するポリシーを適用する場合、Twitterは撤回や異議申し立て通知を考慮します。 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。