サードパーティーアプリケーションとログインセッションについて

サードパーティーアプリケーションとは、Twitter外部の開発者がTwitterプラットフォーム上に作るアプリケーションです。これらはTwitterのものではなく、運用もTwitterは行っていません。サードパーティーアプリケーションをTwitterアカウントに連携すると、そのアプリケーションはあなたのアカウントにアクセスして利用できるようになります。連携を認められたアプリケーションは、その権限に基づき、利用者のツイートやフォローしているアカウントを見たり、利用者に代わりプロフィールの更新やツイートを行ったり、ダイレクトメッセージを使ったり、利用者のメールアドレスを確認したりと、さまざまな方法で利用者のアカウントを使えます。

注記: サードパーティーアプリケーションには、十分に注意したうえでアカウントの利用権限を許可してください。アプリケーションにアカウントの利用権限を許可したくない場合は、拒否してください。またアカウントの利用を許可したサードパーティーアプリケーションについては、定期的に確認することをおすすめします。twitter.comのアカウント設定の [アプリ連携] タブに移動すれば、アプリケーションの連携の許可を確認したり取り消したりできます。

TwitterをFacebookで使う方法については、こちらをご覧ください。

さらに、アクティブなTwitterセッションからログアウトする方法については、以下をご覧ください。

手順を表示:

サードパーティーアプリケーションと連携させる方法

  1. 連携するアプリケーションで、Twitterアカウントとの連携を設定するボタンまたはリンクを見つけます(通常「Twitterと連携する」「Twitterでログイン」というようなボタンまたはリンク)。
  2. アプリケーションによって手順が異なり、Twitterのウェブサイトに転送されてアプリケーションがアカウントを利用できるようにする承認が求められるか、iOS端末でアプリケーションのTwitterアカウントへのアクセスを許可するためのメッセージが表示されます。 
  3. Twitterのウェブサイトに転送された場合は、ウェブサイトでの手順を行います。ウェブサイトでの手順は、上の丸いパソコンアイコンをクリックすると表示されます。
  4. iOS端末でTwitterアカウントへのアプリケーションのアクセスを許可するメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックしてアプリケーションを連携します。端末で複数のTwitterアカウントを利用している場合、アプリケーションを連携するアカウントを選ぶように求められることがあります。 

注記: アプリケーションに許可される特定の権限は、アカウントに連携する前には確認できません。ただし、アプリケーションへの許可は、twitter.comのアカウント設定の [アプリと端末] タブでいつでも確認、取り消しできます。

サードパーティーアプリケーションと連携させる方法

  1. 連携するアプリケーションで、Twitterアカウントとの連携を設定するボタンまたはリンクを見つけます(通常「Twitterと連携する」「Twitterでログイン」というようなボタンまたはリンク)。
  2. アプリケーションによって手順が異なり、TwitterのウェブサイトまたはTwitter for Androidアプリに転送されて、アプリケーションがアカウントを利用できるように承認します。 
  3. Twitterのウェブサイトに転送された場合は、ウェブサイトでの手順を行います。ウェブサイトでの手順は、上の丸いパソコンアイコンをクリックすると表示されます。
  4. Twitter for Androidアプリに転送された場合、[許可する] または [連携する] をタップしてアプリケーションを連携します。端末で複数のTwitterアカウントを利用している場合、[タップしてアカウントを切り替える] を使えます。

注記: アプリケーションに許可される特定の権限は、アカウントに連携する前には確認できない場合があります。ただし、アプリケーションへの許可は、twitter.comのアカウント設定の [アプリと端末] タブでいつでも確認、取り消しできます。

サードパーティーアプリケーションと連携させる方法

  1. 連携するアプリケーションのウェブサイトで、Twitterアカウントとの連携を設定するボタンまたはリンクを見つけます(通常「Twitterと連携する」「Twitterでログイン」というようなボタンまたはリンク)。
  2. Twitterのウェブサイトに転送され、アプリケーションがアカウントを利用できるようにする承認が求められます。
  3. アプリケーションに許可する権限の種類を確認できます。アプリケーションがあなたのアカウントに対してできる操作とできない操作の例が表示されます。
  4. 既にアカウントにログインしている場合は、[連携アプリを認証] をクリックしてアプリケーションを連携します。
  5. アカウントにログインしていない場合はログインしてください。ユーザー名とパスワードを入力する前に、URLがhttps://twitter.comで始まっているかどうかを調べて、ページの安全性を確認します。安全なページであれば、ユーザー名とパスワードを入力して、[ログイン] をクリックしてアプリケーションを連携します。
  6. アカウントに連携されているアプリケーションへの許可は、twitter.comのアカウント設定の [アプリと端末] タブでいつでも確認、取り消しできます。

アクセス権を取り消すまたはアプリケーションを削除する方法

  1. twitter.comでアカウントにログインします。
  2. アカウント設定の [アプリと端末] タブに移動します。アカウントに連携されているすべてのアプリケーションが表示されます。アプリケーションの名前と説明の下の表示で、各アプリケーションがアカウントに対して利用できる特定の権限を確認できます。
  3. アカウントからアプリケーションの連携を解除する場合、アプリケーションの横にある [許可を取り消す] ボタンをクリックします。

アプリケーションがアカウントにアクセスするためにパスワードを要求してきた場合

サードパーティーアプリケーションにアカウントへのアクセスを許可する場合は、必ずTwitterのOAuthを使うことをおすすめします。OAuthは安全な接続方法であり、サードパーティーアプリケーションにTwitterのユーザー名とパスワードを入力する必要がありません。アプリケーションやウェブサイトからユーザー名やパスワードの入力を促された場合は、特にご注意ください。ユーザー名とパスワードを他人に教えると、他人がそのアカウントを完全にコントロールできるようになり、利用者本人がアカウントにアクセスできなくなったりアカウントが凍結されたりする可能性があります。

サードパーティーアプリケーションのログインページがOAuthを利用しているかどうか不明な場合、twitter.comに移動してログインするための情報を入力してから、サードパーティーアプリケーションに戻ります。アプリケーションがOAuthを利用していれば、アプリケーションにユーザー名とパスワードを入力しなおすことはありません。アクセス先がtwitter.comかどうかの確認方法の詳細については、「アカウントのセキュリティについて」をご覧ください。

過去にパスワードを入力したことのあるアプリケーションが信用できなくなった場合は、twitter.comのアカウント設定の [アプリと端末] タブでアクセス権を取り消して、パスワードを変更してください。

注記: 特に注意すべき、ユーザー名とパスワードを入力してはいけないウェブサイトやアプリケーション

有害なアプリケーションがアカウントと連携されていることが疑われる場合

twitter.comのアカウント設定の [アプリと端末] タブでアプリケーションのアクセス権をすぐに取り消し、パスワードを変更してください。アプリケーションに問題が発生している場合は、「アカウントが乗っ取られた場合」の詳細をご覧ください。

サードパーティーアプリケーションに問題が発生している場合

サードパーティーアプリはTwitterが所有および運用しているわけではないため、Twitterは十分なトラブルシューティングを行えません。不明な点についてアプリケーションの情報を参照するか、アプリの問題について該当するサードパーティーに伝えることをおすすめします。

アクティブなTwitterセッションからログアウトする方法

  1. twitter.comでアカウントにログインします。
  2. [設定とプライバシー] から [アプリと端末] タブに移動します。[最近Twitterにアクセスした端末] の下に、アカウントに接続されているすべての有効なログインセッションが表示されます。場所とログイン時間を確認できます。
  3. 表示されたいずれかのセッションからログアウトする場合は、セッションの横にある [ログアウト] ボタンをクリックします。または、一度にすべてのセッションを終了させるには、リストの上部にある [すべてログアウト] をクリックします。セッションからログアウトすると、ツイート、いいね、返信などの操作をそのセッションからさらに行うことはできなくなりますが、セッションがアクティブなときに端末にキャッシュされたデータ(ダイレクトメッセージなど)は削除されない可能性があります。この点については現在対策中です。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。