暴力的な過激派組織

Twitterルール 暴力行為をほのめかす脅迫や、個人または特定の集団に向けて重傷、死亡、疾病を望む行為を禁じます。これにはテロ行為の助長や脅迫が該当しますが、これらに限定されません。また、プラットフォームの内外における声明または活動を問わず、民間人に対して暴力的行為を実行または助長して目的達成を目指す組織に加入することを禁じます。

基本原則 

Twitterはさまざまな意見が出され、議論できるプラットフォームですが、プラットフォーム内外の民間人に対する暴力に関与、または助長する組織に加入するグループまたは個人を容認することはありません。暴力が目的達成のための手段となっている組織に加入するアカウントは、敵対者や第三者に冷ややかな影響を及ぼすリスクがあります。そのような組織が助長する暴力はまた、標的の物理的安全を脅かし、オフラインで危険な結果を招きかねません。

このルールの適用範囲

政治的、宗教的、社会的な目的を前進させるための手段として暴力行為を奨励する特定のグループなど、暴力的な過激派組織によるTwitterサービスの利用を禁じます。 

暴力的な過激派組織とは、以下の基準に合致するものと考えます。

  • 目的についての声明、発行物、活動を通して、過激派組織と認められる場合
  • 目的達成のための手段として、暴力(または暴力の助長)に関与したことがある、または現在関与している
  • 暴力行為(または助長)で民間人を標的としている

改革を行っている団体、平和的な解決に向けた手続きに現在関与している団体、民主的な選挙により公職に選出された代表者のいる団体については、例外が考慮されます。このポリシーは軍または政府には適用されません。

アカウントが暴力的な過激派組織に加入しているかどうかを判断する際に見る行動は次の通りです。 

  • アカウントが暴力的な過激派組織を代表している、または一部であることを述べたり示唆したりする
  • 暴力的な過激派組織が設定する目標に向け前進するためのサービス(金融、メディア・プロパガンダなど)の提供または配布
  • 暴力的な過激派組織のための行動に参加する、またはプロモーションする
  • 暴力的な過激派組織のための人材募集を行う

暴力的な過激派組織に加入している可能性があり、Twitterルールに違反しているアカウントを報告するには、暴力的な過激派組織の標的となっている必要がありますか。
いいえ、そのようなアカウントの当事者と第三者、両方の報告を考慮します。 


アカウントが暴力的な過激派組織には当てはまらない場合、または暴力的な過激派組織に加入しているように見える場合、Twitterでは執行措置を取りますか。
その他のポリシーに違反していないかどうか、アカウントを調べます。違反が見つかれば、適切な施行措置が取られます。

措置

ゼロ・トレランス・ポリシーにより、暴力的な過激派組織に所属している、または加入しているアカウントは永久凍結となります。

アカウントが誤って凍結されたと思われる場合は、 異議申し立てを提出できます。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。