メディアの表示設定

ツイートに含まれるメディア(動画や画像)を区分し、他のユーザーが見たいコンテンツだけを見つけやすいように、すべてのTwitterアカウントはメディアの表示設定を行うことができます。

メディアの設定を適切に行うことで、暴力や裸体など、他のユーザーが見たくないようなセンシティブな内容のコンテンツが投稿される可能性があることをTwitterに知らせることができます。今後そのようなコンテンツを定期的に投稿する場合は、次の手順でメディアの表示設定をお願いします。

メディアの表示設定の変更
ステップ 1

ナビゲーションバー左上の プロフィール アイコンをタップします。

ステップ 2

[設定とプライバシー] をタップします。

ステップ 3
ステップ 4

[セキュリティ] セクションで、[ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] の横にあるボタンをタップしてオンにします。

注記: この設定をオンにした場合、あなたのプロフィールにアクセスしたユーザーに、あなたのアカウントのコンテンツにセンシティブな内容が含まれる可能性があることが通知され、表示するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。[センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する] の設定をオンにしているユーザーにはメッセージは表示されず、アカウントのコンテンツが表示されます。

ステップ 1

ナビゲーションバー左上のプロフィールアイコンをタップします。

ステップ 2

[設定とプライバシー] を選択します。

ステップ 3

ドロップダウンメニューから[プライバシーとセキュリティ] に移動します。

ステップ 4

[セキュリティ] セクションで、[ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する] の横にあるボタンをタップしてオンにし、青色になるようにします。

注記: この設定をオンにした場合、あなたのプロフィールにアクセスしたユーザーに、あなたのアカウントのコンテンツにセンシティブな内容が含まれる可能性があることが通知され、表示するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。[センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する] の設定をオンにしているユーザーにはメッセージは表示されず、アカウントのコンテンツが表示されます。

ステップ 1
 

twitter.comでアカウントにログインします。

ステップ 2

その他アイコンをクリックします。

ステップ 3

ドロップダウンメニューから [設定とプライバシー] を選びます。

ステップ 4

[プライバシーとセキュリティ] の設定に移動します。

ステップ 5

[ツイート] セクションをクリックし、[ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する] の横にあるチェックボックスをオンにします。

注記: この設定をオンにした場合、あなたのプロフィールにアクセスしたユーザーに、あなたのアカウントのコンテンツにセンシティブな内容が含まれる可能性があることが通知され、表示するかどうかを確認するメッセージが表示されることがあります。[センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する] の設定をオンにしているユーザーにはメッセージは表示されず、アカウントのコンテンツが表示されます。



センシティブなコンテンツが表示される方法やタイミングは、メディアの表示設定で変更できます。


メディアの設定を変更せずにセンシティブなメディアをツイートした場合


ツイートにセンシティブなメディアが含まれていることが報告された場合、Twitterが報告されたツイートを確認します。そのメディアがアップロード時にセンシティブな内容を含む可能性があるものとして設定されていなかった場合、Twitterは次の対応を取ります。

  • センシティブな内容を含む可能性があるメディアとしてラベル付けします。ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。
  • 今後のツイートにもセンシティブな内容が含まれると想定し、アカウントの設定を [ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] に変更する場合があります。
     

アカウントの設定でメディアの表示設定を変更することはできますが、指摘されたメディアを含め、これまでに「センシティブな内容を含む可能性がある」とラベル付けされたメディアのラベルは解除できません。   
 

適切にラベル付けされていないメディアを繰り返しアップロードした場合、次の対応を取ることがあります。

  • メディアにセンシティブな内容が含まれる可能性があるとしてラベル付けします。
  • アカウントの設定を [ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] に固定します。それ以降、Twitterユーザーがこのアカウントのツイートを表示しようとすると警告メッセージが表示され、警告メッセージをクリックした後にメディアが表示されるようになります。
     

Twitterでは、自動的に動作するシステムを利用して、センシティブなメディアを検出してラベル付けしたり、センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを頻繁にツイートするアカウントを検出してラベル付けしたりする場合があります。

 

プロフィール画像がTwitterルールに違反している場合


プロフィール画像またはヘッダー画像の内容がTwitterルールに違反している場合、アカウントが一時的に凍結され、問題のコンテンツが削除される場合があります。繰り返し違反した場合、アカウントが永久凍結されます。

また、プロフィールに使っているメディアがメディアについてのTwitterのポリシーに違反している場合、ご利用のアカウントがロックされることがあります。アカウントのロックを解除するには、提示される手順でポリシー違反のメディアを削除してください。アカウントのロックの詳細についてはこちらをご覧ください。

 

Twitterの決定に異議申し立てをする場合


プロフィール画像またはヘッダー画像に写実的な暴力描写や成年向けコンテンツが含まれているとしてアカウントが凍結された場合、該当するアカウントにログインして、 こちらから異議申し立てを提出できます。

ラベル付けされていないセンシティブなコンテンツを繰り返し投稿した結果、Twitterによってアカウント設定が [ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] に固定された場合、それに対してユーザーが異議を申し立てる方法は現在のところありません。

この記事を共有する