Twitterでの広告設定に関する問題

Twitterでは、利用者データが共有されるタイミングを、利用者自身で管理できるようにしたいと考えています。もちろん、そうしたオプションはTwitterが利用者の選択に従ってこそ意味を成すものですが、最近、利用者による設定が意図したように機能しない場合があるという問題が発見されました。次の2つのケースが発生した可能性があります。

  • 2018年5月以降、モバイルアプリケーションの広告をクリックまたは表示し、続いてそのモバイルアプリケーションを操作した場合に、利用者が許可していないにもかかわらず、特定のデータ(国番号、広告や広告に関する情報に、どの国から、いつエンゲージメントしたかなど)が、信頼できる測定パートナーおよび広告パートナーに共有された可能性があります。
  • 2018年9月以降、Twitter上でより関連性の高い広告を配信するためのプロセスおよびその他のサービスの一部として、利用者が許可していないにもかかわらず、利用者の端末に関する推測に基づいて広告が表示されていた可能性があります。これに関連するデータはTwitter内に留保されており、パスワード、メールアドレスなどは含まれていません。

これらの問題は2019年8月5日に解決されました。自分のデータが該当するのかどうか、合計何名の利用者が影響を受けたのかなど、懸念されていることと存じます。影響を受けた可能性のあるアカウントについては現在調査中であり、最新情報が入り次第お知らせいたします。  

現状、有効な対処法はありませんが、今一度設定をご確認ください。 

設定機能について利用者の信頼を損ねるような問題が発生したことをお詫びいたします。今後同じような誤りが起きないよう力を尽くしてまいります。ご質問がありましたら、こちらのフォームからTwitterのデータ保護オに関するオフィスまでお問い合わせください。