複数の端末におけるカスタマイズについて

アカウントや端末と関連付ける端末をTwitterはどのようにして判断するのですか?

利用者が端末を使ってTwitterにログインすると、Twitterはその端末を利用者のTwitterアカウントに関連付けます。利用者がTwitterにログインしているかどうかにかかわらず、パートナーが情報を共有したときや、利用者がtwitter.comにアクセスしたとき、Twitterコンテンツを統合したサードパーティーウェブサイトにアクセスしたとき、Twitter広告主のウェブサイトやモバイルアプリケーションにアクセスしたときなどに、端末に関する情報がTwitterに送られます。Twitterはこの情報(通常はIPアドレスと情報を受け取った時間)を使って、利用者がTwitterへのログインに使う端末も含めた特定の端末間の関連性を判断する場合があります。アカウントに関連付けられた端末の詳細については、TwitterにログインしてTwitterデータをご覧ください。使用している端末またはブラウザに関連付けられたその他の端末の詳細については、TwitterからログアウトしてTwitterデータをご覧ください。

「複数の端末にまたがるカスタマイズ」とはどのようなことですか?

Twitterでは利用者の端末の関連性の情報を通じて、端末の情報を基に別の端末でTwitterが表示する内容をカスタマイズします。たとえば利用者によるTwitter for Androidの使用と、ツイートが埋め込まれたスポーツのウェブサイトのパソコンからの閲覧を比べて、それらの時間帯およびネットワークが共通する場合が多いと、TwitterはそのAndroid端末とパソコンを関連付けてAndroid端末にスポーツ関係のツイートや広告を表示するようになります。

利用者のプライバシー設定にはどのようなものがありますか?

Twitterは、利用者に効果的なプライバシー設定を提供できるよう取り組んでいます。Twitterへのログインに使用していないブラウザまたは端末とのアカウントの関連付け(ログアウトしている場合は使用しているブラウザまたは端末と他のブラウザまたは端末との関連付け)をTwitterに許可するかどうかを指定できます。指定するには、[カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[すべての端末間でカスタマイズ] 設定を変更します。