プロフィールの表示設定について

ここではプロフィールの表示設定と、プロフィールに誕生日が追加された場合にTwitterがそれをどのように使用するかについて説明します。

表示オプション

自己紹介、位置情報、ウェブサイト、写真など、Twitterに提供したプロフィール情報のほとんどは、常に一般に公開されます。特定のプロフィール情報フィールドについては表示設定が設けられています。これらのフィールドについては、TwitterプロフィールでどのTwitterアカウントに表示するかを選択することができます。表示設定がないプロフィール情報については一般に公開されます。

誕生日フィールドで設定できる表示設定は以下のとおりです。表示設定では、Twitterプロフィールで誕生年を表示するアカウントと、誕生月と誕生日を表示するアカウントを個別に設定することができます。

  • 公開: 公開プロフィールの一部として、即座に世界中のすべてのアカウントに表示される可能性があります。
  • フォロワー: あなたをフォローしているアカウントだけが、プロフィールでこの情報を見ることができます
  • フォローしているアカウント: あなたがフォローしているアカウントだけが、プロフィールでこの情報を見ることができます
  • 相互フォローのアカウント: お互いにフォローしているアカウントだけが、プロフィールでこの情報を見ることができます
  • 自分のみ: あなただけが、プロフィールでこの情報を見ることができます
    • 18 歳未満の利用者は、誕生年の表示設定が [自分のみ] に設定されます。18 歳になると、他の表示設定を選択できるようになります。

Twitterが利用者の誕生日を使用する用途

プロフィールに誕生日を追加した場合、選択したオーディエンスに誕生日が表示されるようになります。また、Twitterエクスペリエンスをカスタマイズする目的でも使用されます。たとえば、広告などを含むコンテンツについて、利用者の誕生日を使ってより関連性の高いものを表示します。Twitter広告の仕組みについては、こちらをご覧ください。

Twitterプロフィールでの誕生日の追加方法と削除方法については、こちらをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。