データ処理と法的根拠の概要

下表は、EUおよびEFTA加盟国からの個人情報を処理する一般的な目的と、そのような処理を行う際に準拠する主要な法的根拠の一覧です。処理のいくつかは、その処理や関連データがはっきりと区別される場合、複数の行で言及されています。

たとえば、Twitterのサービスは、広告収益によって支えられ、向上しています。こうした広告を表示させるためにTwitterはユーザーのデータの一部を処理しており、このデータ処理については正当な利益を法的根拠としています。また、Twitterは、広告パートナーから取得したユーザーに関するデータをもとに、ユーザーの興味・関心にさらに合った広告が表示されるようカスタマイズする機能をユーザーに提供します。Twitterがこうした広告を提供するために行うユーザーのデータの処理は、ユーザーの同意を法的根拠としています。 

Twitterが取得するデータの種類とTwitterのデータ処理方法について、詳しくはTwitterの プライバシーポリシーをご覧ください。

2018年5月25日更新

データ処理の目的データ主要な法的根拠

以下を含むTwitterのサービスの運営

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

これらのデータに基づいて推測される、以下に記載された、ユーザーについての推測情報

契約上の必要性

認証、スパム対策、不正利用からの保護、品質保持、攻撃的な行為の防止など、安全とセキュリティに関する機能

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

これらのデータに基づいて推測される、以下に記載された、ユーザーについての推測情報

契約上の必要性

以下を含むTwitter機能を提供するために使用される、興味関心、年齢、性別など、ユーザーのアカウントから推測される情報

これらの推測情報はTwitterデータを閲覧することでいつでも確認、修正できます。

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

正当な利益

ユーザーから提供されたデータやTwitterで収集したデータをもとに、Twitterがユーザーに表示する広告

Twitter環境で収集した情報のみに基づき、その他のウェブサイトやモバイルアプリケーションで表示する広告

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

正当な利益

カスタマイズされた広告: Twitterがユーザーから、Twitterで収集したデータと、ユーザーがオンラインで行ったその他の活動やTwitterパートナーから収集したデータに基づき、Twitter内外でユーザーに表示する広告

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

複数の端末すべての間でのサービスのカスタマイズ

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

同意

ユーザーの位置情報によるサービスのカスタマイズ

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

法的請求の遵守

適用法、規制、訴状、政府からの要請に基づくデータ。

法的義務

一部のTwitter ビジネスパートナーとのユーザーデータの共有

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

次を含む、ユーザーから事前に同意を得てTwitterがデータ処理を行う情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

ユーザーが認証済みのサードパーティーのウェブクライアントまたはアプリケーション

以下に挙げる、アプリケーションやウェブクライアントから求められた認証に応じてユーザーがTwitterと共有する情報

同意

Twitterのサービスプロバイダーとのデータ共有

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

サービスプロバイダーが行うサービスの処理作業については、本表で示した法的根拠で判断します。

他のユーザーがメールアドレスまたは電話番号からTwitterアカウントを検索できる機能の提供

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

次を含む、ユーザーから事前に同意を得てTwitterがデータ処理を行う情報

同意

サービスに関連しない、ユーザーのTwitterアクティビティ、関連コンテンツ、ダイレクトメッセージ、その他のTwitterの製品機能に関する通知

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

正当な利益

サービスに関連しない、Twitterのビジネス向け製品やサードパーティーのサービスに関する通知

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

以下を含む、ユーザーについての詳細情報

同意

上記の処理作業

  • Twitterのサービスの運営
  • 安全性とセキュリティ
  • 興味関心の推測
  • カスタマイズされた広告
  • Twitterのサービスプロバイダーとのデータ共有

次を含む、ユーザーから事前に同意を得てTwitterがデータ処理を行う情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

上記の処理作業

  • ユーザーから提供されたデータやTwitterで収集したデータをもとに、Twitterでユーザーに表示する広告
  • Twitter環境で収集した情報のみに基づき、その他のウェブサイトやモバイルアプリケーションで表示する広告
  • 複数の端末すべての間でのサービスのカスタマイズ
  • ユーザーの位置情報によるサービスのカスタマイズ
  • サービスに関連しない、ユーザーのTwitterアクティビティ、関連コンテンツ、ダイレクトメッセージ、その他のTwitterの製品機能に関する通知

次を含む、ユーザーから事前に同意を得てTwitterがデータ処理を行う情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

ユーザーがウェブでTwitterコンテンツを閲覧している場所に基づく、Twitterが提供するサービスのカスタマイズの追加

加えて、上記の処理作業

以下を含む、ユーザーがTwitterと共有する情報

  • アカウントのコントロール

次を含む、ユーザーから事前に同意を得てTwitterがデータ処理を行う情報

上記の、このデータから推測されるユーザーについての推測情報

同意

* Twitterは、EUおよびEFTA加盟国に所在するとTwitterが判断するブラウザからはTwitter APIのWeb活用によるデータ収集を行いません。

Twitterは、TwitterによるCookieの使用に記載されている方法でCookieを設定してデータ収集に使用しますが、EU指令95/46/ECに規定されたユーザーの同意を得て行います。

正当な利益の分析の概要 - アカウントに関する推測情報

Twitterは、Twitterのプライバシーポリシーに記載されているように、ユーザー個人が提供した情報やTwitterが受け取ったデータを使用して、TwitterやTwitterのコンテンツを利用するユーザーに関する情報を推測しています。これには、ユーザーが興味を持っていると思われるトピック、ユーザーの年齢、ユーザーが使っている言語、あるアカウントのコンテンツが他のユーザーの興味を引くかどうかといった推測情報が含まれます。これらの情報は、Twitterが提供するサービスの改善と、広告など、Twitterに表示されるコンテンツのカスタマイズに役立てられています。

こうした推測情報を活用しないと、ユーザーが興味のあるコンテンツを見つけにくくなったり、Twitterプラットフォームのすべてのユーザーの安全性と快適性を維持することがより難しくなったり、Twitter広告が適切な相手に表示されず広告主にとってTwitter広告の有用性が下がったりしてしまいます。

Twitterサービスのユーザーの権利を守るため、Twitterがユーザーについて推測した情報の確認や変更をユーザー自身が希望する場合は、自分のTwitterデータを閲覧して確認や変更を行うことができます。Twitterデータの確認や変更は、Twitterアカウントを持っている人も、持っていない人も、またTwitterからログアウトしているときでも可能です。

正当な利益の分析の概要 - ユーザーが提供したデータやTwitterがTwitter上で収集したデータに基づいてTwitterがTwitter上でユーザーに表示する広告、または他のウェブサイトやモバイルアプリで収集した情報に基づいてそのウェブサイトやモバイルアプリにTwitterが表示する広告

Twitterは、Twitterプライバシーポリシーに記載されているように、Twitter上でユーザーに表示される広告の品質を向上させるために、ユーザーが提供した情報やそのユーザーがTwitterを利用している間にTwitterが受け取ったデータを使用します。Twitterが他のアプリまたはウェブサイトで広告を表示する際、Twitterはユーザーに表示される広告の品質を向上させるためにそのアプリまたはウェブサイトから入手した情報を使用します。

これによりTwitterは、ユーザーの興味関心に合った、より優れた製品エクスペリエンスを実現し、ユーザーにとって価値が高く関連性のあるコンテンツを提供できます。またこれによってより価値のある広告サービスを提供できるので、結果としてその収益によるTwitterサービスのサポートや改善につながります。この処理を行わないと、Twitter広告が適切な相手に表示されず広告主にとってTwitter広告の有用性が下がってしまいます。

Twitterサービスを利用するユーザーの権利を守るため、TwitterではTwitter上に表示される広告を管理できるさまざまな機能をユーザーに提供しています。ユーザーは、特定の広告主が提供する広告が表示されないようにしたい場合、その広告主をブロックしたり、ミュートしたりできます。不適切な広告や攻撃的な広告を報告することや、興味のない広告として設定することもできます。さらに、Twitter上のすべての広告には [この広告が表示されている理由を見る] ドロップダウンオプションが表示され、推測された年齢、性別、興味関心など、何に基づいてその広告が表示されたかを確認できるようになっています。Twitterデータでそうした情報を変更すると、それ以降は変更後の情報に基づいて広告が表示されます。Twitterデータの確認や変更は、Twitterアカウントを持っている人も、持っていない人も、またTwitterからログアウトしているときでも可能です。

正当な利益の分析の概要 - サービスに関連しない、ユーザーのTwitterアクティビティ、関連コンテンツ、ダイレクトメッセージ、その他のTwitterの製品機能に関する通知 

Twitterは、Twitterプライバシーポリシーに記載されているように、サービスに関連しない、Twitterアクティビティ、関連コンテンツ、ダイレクトメッセージ、その他のTwitterの製品機能に関する通知を登録済みのユーザーに送信するために、ユーザーが提供した情報やTwitterが受け取ったデータを使用します。これによりTwitterは、ユーザー宛てのツイートやダイレクトメッセージ、ユーザーが作成したコンテンツに関するアナリティクス、新しい製品機能など、ユーザーにとって価値がある情報や役に立つ情報を提供できます。

こうした通知がないと、ユーザーはTwitter上で自分に関連するコンテンツに気づきにくくなったり、Twitter上の自分のコンテンツに対するフィードバックを受け取ることが減ったり、Twitter上で他のユーザーと会話する機会を逃したりすることになります。

Twitterサービスを利用するユーザーの権利を守るため、サービスに関連しない各メール通知には、ユーザーがそうした通知の一部またはすべてをオフにできる解除リンクが含まれています。また、ユーザーはTwitter.comやTwitterのモバイルアプリにログインしているときにいつでも通知の受信設定を変更できます。EUおよびEFTA加盟国にお住まいのユーザーは、メールアドレスが最初に収集される登録プロセスで、通知の受信設定を行うこともできます。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。