合意のない裸体の描写に関するポリシー

概要

2019年3月

本人の同意を得ずに撮影または配布された、私的な画像や動画の投稿や共有は禁じられています。

特定の人物の明らかに性的な画像や動画を本人の同意を得ずにオンライン上で共有することはプライバシーの重大な侵害に当たり、深刻なTwitterルール違反とみなされます。このようなコンテンツは、場合によってはリベンジポルノとも呼ばれ、関係者に深刻な安全リスクやセキュリティリスクを引き起こすもので、物理的、感情的、金銭的な苦境をもたらす可能性があります。

このポリシーへの違反とは、どのようなものですか?

このポリシーでは、関係者の合意なく撮影された、合意なく撮影されたと思われる、または合意なく共有された露骨な画像や動画の投稿や共有を禁じています。

このポリシーに違反しているコンテンツの種類の例として以下が挙げられますが、これらに限定されません。

  • 全裸、セミヌード、性行為などを隠しカメラで撮影したコンテンツ
  • 隠し撮りまたは盗撮 - その人の性器、臀部、または胸部が見えるように、人の臀部、スカート/ドレスや衣服の中を撮影した写真または動画 
  • 個人の顔を別の個人の裸体の上に重ね合わせた、または別の方法でデジタル処理した画像または動画 
  • 公開されることを意図せず、私的な状況で撮影された画像や動画
  • 私的な画像や動画と引き換えに見返りや金銭を要求するコンテンツ

このポリシーの違反にならないケースとは?

画像/動画をセンシティブな内容として設定することを条件として、わいせつな画像やポルノ画像およびその他の形式の、合意のもとに製作された成人向けコンテンツは、Twitterへの投稿が認められています。この設定を有効にすることで、画像/動画を見る前に警告メッセージが表示され、この種のコンテンツを見たくないと思っている人に注意喚起できます。 

画像/動画をセンシティブな内容として設定するには、[プライバシーとセキュリティ] に移動して、[ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] をオンにします。ツイートする画像/動画をセンシティブな内容として設定していないアカウントのツイートに対して、確認を求める報告があった場合、Twitterが手動で設定をオンにすることがあります。 

このポリシーへの違反があった場合、誰が報告できますか?

Twitterでは成人向けコンテンツを一部容認しているため、Twitterは報告されたコンテンツが関係者の合意なく作成または共有されたものであるかどうかを確認するために、コンテンツの前後関係を評価する必要があります。 

誰でも報告できるコンテンツ
Twitterは、この種のコンテンツについて被害者自身が報告することが困難な場合があることを認識しています。被害者の負担を軽減するため、以下の種類のコンテンツについては、誰でも報告できるようになっています。

  • 隠し撮りまたは盗撮
  • 合意のない裸体の描写、画像/動画と引き換えに見返りや金銭を要求するコンテンツ
  • 以下の内容を伴う私的な画像や動画
  • 描写される人物に対する危害を望む文言、または他の方法で報復を示唆する文言(例: 「これが人に見られたら君がどんな目に合うか楽しみだ」)
  • 描写される人物の連絡先だと思われる情報(例: 元妻へのコメントは本人に電話でどうぞ: 1234567)

当事者が報告できるコンテンツ
その他の種類のコンテンツについては、Twitterが執行措置を実施する前に必要な前後関係を確認するために、投稿で描写された人(または弁護士などの正式な代理人)から直接話を聞かなければならない場合があります。 

このポリシーの違反を報告するにはどうすればよいですか?

アプリから

アプリからコンテンツを報告し確認を求めるには、以下の手順に従います。

  1. アイコンから [ツイートを報告する] を選択します。
  2. [不適切または攻撃的な内容を含んでいる] を選択します。
  3. [個人情報を含んでいる] を選択します。
  4. [その他] を選択します。
  5. 誰に代わって報告しているかを選択します。
  6. 確認を求めるツイートを5件まで選択できます。
  7. 報告を送信します。

パソコンから

パソコンからコンテンツを報告し確認を求めるには、以下の手順に従います。

  1. アイコンから [ツイートを報告する] を選択します。
  2. [不適切または攻撃的な内容を含んでいる] を選択します。
  3. [個人情報を含んでいる] を選択します。
  4. [その他] を選択します。
  5. 誰に代わって報告しているかを選択します。
  6. 確認を求めるツイートを5件まで選択できます。
  7. 報告を送信します。

報告フォーム

このようなコンテンツは、個人情報の投稿について報告するフォームから [許可していない画像や動画] を選択して報告することもできます。

このポリシーに違反した場合はどうなりますか?

同意なく作成または共有された、私的な画像/動画の最初の投稿者としてTwitterが特定したアカウントは、即時かつ永久に凍結されます。Twitterは、この種のコンテンツだけを投稿するアカウント(盗撮画像の共有のみを行っているアカウントなど)も即時かつ永久に凍結します。

ただし、アカウントの即時凍結を行わない場合もあります。ショックや不信を表すためや、こうした行為を非難するために、思わず共有してしまう利用者もいるからです。このようなケースでは、そのコンテンツの削除を要請します。アカウントを一時的にロックしてツイートできないようにすることもあります。最初の警告を受けた後に再度このポリシーに違反した場合、アカウントは永久に凍結されます。アカウントが誤って凍結されたと思われる場合は、異議申し立てを提出できます。

その他の情報

強制的対応の適用レベルと適用範囲ポリシーの策定に対するTwitterのアプローチと対応についての理念についての詳細もご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。