Twitterにおける私的な画像/動画の投稿について

Twitterルール: 本人の同意を得ずに撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿したり共有したりすることは禁じられています。

基本原則

特定の人物の明らかに性的な画像や動画を本人の同意を得ずにオンライン上で共有することはプライバシーの侵害に当たり、深刻なTwitterルール違反と見なされます。深刻な安全リスクやセキュリティリスクが生じるだけでなく、そのような画像や動画が公開された人物に物理的、感情的、金銭的な苦境をもたらす可能性があります。

このルールの適用範囲

本人の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することや共有することは禁じられています。このポリシーの違反に該当する私的な画像/動画の例としては、以下が挙げられますが、これらに限定されません。

  • 全裸、セミヌード、性行為などを隠しカメラで撮影したコンテンツ
  • 他人の性器、臀部、胸部を見せるために密かに撮影された画像または動画(クリープショットやアップスカート、日本では "盗撮" と呼ばれるコンテンツ)
  • 公開されることを意図せず、プライベートな状況で撮影された画像や動画
  • 適用法令に基づきプライベートなものと考えられる画像や動画

一部の合意の上での裸体や成年向けコンテンツはTwitterへの投稿が認められています。Twitterがこの種のコンテンツを調査する際、撮影や配布への同意が得られているのかどうか明確でない場合があります。同意の上での私的な画像/動画を誤って削除しないようにするために、Twitterでは強制的な措置に移る前に、撮影の対象者本人またはその法的代理人に報告を求める場合があります。Twitterはそのような報告に対してメールで返信し、撮影対象者が身元を証明する文書を提供するように要請します。Twitterはこの文書を問題の調査に利用した後で廃棄し、第三者に共有することはありません。そのコンテンツを報告した人物についての情報をTwitterが違反者に伝えることはありません。

ただし、盗撮行為を目撃した第三者から報告を受けた場合は例外となります。この種のコンテンツの被害者が身元を証明するのは困難であることが多いため、身元証明用の文書の提供は求められません。

措置

本人の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を最初に投稿したと見なされたアカウントは凍結されます。さらに、この種のコンテンツを投稿するためだけに使用されているアカウントも凍結の対象となります。

そのコンテンツを最初に投稿したアカウントではない場合、撮影や配布への同意が得られているのかどうか明確でない場合、さらにその利用者が過去にポリシー違反を犯していない場合には、Twitterはアカウントの即時凍結を行わないことがあります。その代わりに、その利用者に違反ツイートの削除を要請し、アカウントを一時的にロックしてツイートできないようにします。それ以後もこのポリシーに違反した場合には、即座にアカウントを永久凍結します。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。