モバイル端末で位置情報サービスを利用する方法

Twitterの公式アプリで位置情報サービスをオンにすると、Twitterによって利用者の正確な位置が定期的に確認されるようになります。それによってTwitterは、次のようなさまざまなサービスを提供、開発、改善できます。

  • 利用者の位置情報に基づいて、適切なコンテンツ(ツイートや広告を含む)が配信されます。
  • その場所に応じたトレンドが配信されます。
  • 利用者がツイートに位置情報を使用すると、ツイートしている場所をツイート内に表示してフォロワーに知らせることができます。 
手順を表示:

位置情報サービスをオンまたはオフにする方法

  1. 端末の [設定] 機能にアクセスし、[プライバシー] をタップします。
  2. [位置情報サービス] をタップします。
  3. [位置情報サービス] のスイッチをスライドしてオンにします。
  4. Twitterアプリを見つけ、[許可しない] または [このAppの使用中のみ許可] をタップして選択します。

位置情報サービスをオンまたはオフにする方法

  1. 一番上のメニューにナビゲーションメニューアイコン  またはプロフィールアイコンが表示されています。表示されているアイコンをタップします。
  2. [設定とプライバシー] をタップします。
  3. [一般][位置情報とプロキシ] をタップします。
  4. [位置情報] のチェックボックスをオンまたはオフにします。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。