なりすましに関するポリシー

なりすまし行為はTwitterルールで禁止されています。混同や誤解を招きかねない形で特定の他人、ブランド、または組織になりすますTwitterアカウントは、なりすましに関するTwitterのポリシーに沿って永久凍結されることがあります。

なりすましに関するポリシー違反にならないケース

アカウントのユーザー名や外見(プロフィール画像など)が似ていても、なりすましに関するポリシーに違反しているとは限りません。なりすましに関するポリシー違反に該当するのは、誤解を招く方法や虚偽的な方法で他の主体のふりをしている場合です。

次の場合には、アカウントは削除されません。

  • 名前が同じでも、それ以外に共通点がない
  • 名前が似ている個人やブランドと、縁故や関連がないことがプロフィールに明記されている

Twitter利用者は、パロディアカウント、ニュースフィード、コメンタリーアカウント、ファンアカウントの作成が許可されています。こうしたアカウントの詳細については、「パロディ、ニュースフィード、コメンタリー、ファンアカウントに関するポリシー」をご覧ください。

Twitterはどのような場合にアカウントがこのポリシーに準拠しているかどうかを確認しますか?

なりすましに関する有効な報告を受け付けた場合に、なりすましに関する申し立てを精査します。利用者のコンテンツを積極的にモニタリングすることはありません。

なりすましを報告するには

あなたがなりすましを受けた当事者、または当該当事者の法的な資格を有する代理人である場合、なりすましを報告することができます。なりすましをしていると考えられるアカウントについては、あなたは第三者として、そのアカウントのプロフィールから直接報告することができます。

報告の内容に不備がある場合、対応が遅くなるので、ご注意ください。

特定のユーザー名の使用申請について

Twitterでは、運営の痕跡がないユーザー名や凍結中のユーザー名の使用に対する個別の申請には、基本的に応じていません。 

商標が不正に使用されている場合

企業や事業の商標を不正使用しているアカウントを報告する場合、商標に関するポリシーに沿って報告を作成してください。詳細については、商標に関するポリシーをご覧ください。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。