認証済みアカウントについてのよくある質問

重要: 認証済みアカウントプログラムは現在、保留中です。新規のリクエストは受け付けておりません。

Twitterのブルーの認証済みバッジ は、著名人のアカウントなど、世間の関心を集めるアカウントが本物であることを示します。

推奨されるセキュリティ対策

認証済みアカウントは、ハッキングやフィッシングの標的となる可能性があります。以下は、すべての利用者に推奨される対策ですが、認証済みアカウントの利用者にとっては特に重要です。

認証済みのPeriscopeアカウント

PeriscopeアカウントがTwitterの認証済みアカウントと連携されている場合、そのPeriscopeアカウントは自動的に認証されます。

Twitterの認証済みアカウントをPeriscopeアカウントと連携するには

  1. Periscopeモバイルアプリを開きます
  2. [プロフィール] に移動します。
  3. [ログアウト] をタップします。
  4. [Twitterでログイン] をタップし、認証済みアカウントを選びます。

認証の取り消し

Twitterは、告知なしにいつでも認証を取り消す権利を留保します。 

取り消しの理由としてTwitter内外での次のような行為が考えられます。

  • 表示名や自己紹介を変更し、Twitterの利用者の誤解を意図的に招こうとしている。
  • 人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾患を理由として、他の人に対するヘイト行為や暴力を助長したり、直接攻撃または脅迫したりしている。上記の行為を助長している組織や個人を支援している。
  • 他の人への嫌がらせを扇動したり、関与したりしている。
  • 暴力や危険な行為
    • 直接的または間接的な脅迫をしたり、脅しやテロの助長など、何らかの形で個人またはグループに対する肉体的な暴力を助長したりすること
    • 暴力的な画像、恐ろしい画像、衝撃的な画像、不安をかきたてる画像
    • 自傷行為、自殺
  • TwitterでTwitterルールに違反するアクティビティに関与している。

Twitterの利用規約に基づき、アカウントの認証済みバッジの表示と認証自体を解除することがあります。認証済みアカウントのプロフィールを編集して元々のアカウントの用途を変更しても認証が取り消される場合があります。

また、認証が取り消されたアカウントはバッジを表示できなくなります。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。