goglobalwithtwitterbanner

認証についてのよくある質問

Twitterにおける認証について 

認証にはどのような意味がありますか?

認証は、一般の興味関心が高いアカウントの信頼性を利用者に知らせることで、パブリックな会話の場を提供するというTwitterの取り組みの一環です。

Twitterの認証を受けられるのは、どのようなアカウントですか?

認証を受けるには、アカウントが著名であり、信頼に値するものであり、なおかつアクティブである必要があります。 現在認証を行っているのは、次の6つのタイプに該当する著名なアカウントです。

  1. 政府
  2. 企業、ブランド、非営利組織
  3. 報道機関、ジャーナリスト
  4. エンターテインメント
  5. スポーツ、eスポーツ
  6. 活動家、オーガナイザー、その他の影響力のある個人

認証ポリシーに記載されている資格基準について一通りお読みください。 

申請プロセス

認証の申請方法について 

アカウント認証の申請は、Twitterアプリおよびtwitter.comのアカウント設定から行うことができます。

  1. [もっと見る] アイコンをクリックします。
  2. [設定とプライバシー] に移動する
  3. [アカウント] に移動し、[アカウント情報] までスクロールして [認証リクエスト] をタップする
  4. [リクエストを開始] をタップする
  5. リクエストを送信すると、後ほど審査の結果をお知らせします。

いつ認証を申請することはできますか?

2021年5月20日から、すべての利用者は認証申請を行うことができます。 [アカウント設定] タブにすぐに表示されない場合は、ご心配は不要です。 すぐに申請ができるようになります。 

 

Twitterで認証を申請するには、身分証明書を提出する必要がありますか? 

いいえ。 Twitterで認証を得ることとは、お客様のアカウントが著名であり、アクティブで、信頼に値するものであることを意味します。 お客様のアカウントの信頼性を確認するために、お客様の本人確認が必要です。 公的機関から発行された身分証明書は、あなたの身元を確認する方法の1つにすぎません。 他の方法として、Twitterのアカウントを直接参照している公式ウェブサイトや、選択したカテゴリに関連するドメインを持つ公式メールアドレスを使うこともできます。 

 

申請を行うときに提出する身分証明書はどのように扱われますか?

私たちは、身分証明書を分析するために信頼できる第三者機関を利用しています。 Twitterは、身分証明書のコピーを受け取ったり、保存したりすることはありません。 この第三者機関は、身分証明書の信頼性を確認し、限られた情報とプラットフォームをTwitterに提供してくれるので、Twitterはお客様のアカウントが認証アカウントに適しているかどうかを確認することができます。 送信されたデータにアクセスまたは修正する方法について詳しくは、プライバシーポリシーを参照してください。

 

認証申請の返事は、いつ頃届きますか?

私たちに寄せられてくる申請の数によっては、申請の確認と処理に数週間かかる場合があります。 基準を満たした申請は一つ一つ人の手によって審査されています。つまり、すべての申請書類を慎重かつ徹底的に審査しています。 この審査期間を守れないほどリクエストの量が多くなった場合は、未処理の申請がすべて処理されるまで、新規申請の受付を一時停止することがあります。

 

審査の結果はどのように通知されますか?

申請が送信されたときに、申請を受理したことをアプリおよびメールにてお知らせします。 また、申請が承認または却下された場合は、メールでお知らせします。

 

申請が却下されました。 いつ認証を再申請することができますか?

申請が却下されたことに納得がいかない場合は、却下されて30日経ってから再申請してください。 

 

ブルーバッジの申請が却下された場合、何回申請できますか? 

30日に1回申請できます。

 

認証されなかった理由を教えていただけますか。 

個々の認証の審査についてお答えすることはできません。 認証されなかった理由については、ポリシーを参照してください。

 

自分が認証されているか確認するにはどうすればよいですか?

Twitterプロフィールにブルーの認証済みバッジが付いているか確認してください。 すべての認証済みアカウントには、表示名の横にこのバッジが表示されます。

 

自分以外のアカウントが認証されているか確認するにはどうすればよいですか?

Twitterの認証済みアカウントは、アプリのどの場所に表示される場合も、表示名の横に青いバッジが表示されます。

 

認証ポリシーについて

Twitterの認証を受けられるのは、どのようなアカウントですか?

認証を受けるには、アカウントが著名であり、信頼に値するものであり、なおかつアクティブである必要があります。 現在認証を行っているのは、次の6つのタイプに該当する著名なアカウントです。

  1. 政府
  2. 企業、ブランド、非営利組織
  3. 報道機関、ジャーナリスト
  4. エンターテインメント
  5. スポーツ、eスポーツ
  6. 活動家、オーガナイザー、その他の影響力のある個人

認証ポリシーに記載されている資格基準について一通りお読みください。 

認証済みバッジがアカウントから自動的に剥奪されることはありますか?

はい、Twitterポリシーの一環として、運用されていないアカウントや、情報に不備があるアカウントについては、認証済みバッジが自動的に剥奪される場合があります。 情報に不備のないTwitterアカウントとは、以下の情報がすべて登録されたものと定義されます。

  • 認証済みのメールアドレスまたは電話番号
  • プロフィール画像
  • 表示名

Twitterの認証プログラムに関する最新情報の詳細は、こちらのブログ記事をご覧ください。

 

どのような場合に、Twitterはアカウントの認証済みバッジを剥奪する可能性がありますか?

Twitterはいつでも予告なく、アカウントが認証済みであることを示すブルーバッジを剥奪し、アカウントの認証を解除する場合があります。 剥奪の条件には次のものなどがあります。

  • アカウントがユーザー名を変更した場合
  • アカウントに運用の痕跡がない場合や、その運用に不備がある場合
  • アカウントの保有者が、既に認証時の立場にない場合や、その立場から離れたことにより、認証の条件を満たさなくなった場合

また、Twitterルールへの違反の度合いが深刻であったり、違反行為が繰り返されたりした場合、当該アカウントのブルーの認証バッジを剥奪することもあります。 以下の行為などがこうした違反に該当します。 

 

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する