ハッシュタグと返信のヘルプ

一部の利用者から、ツイートでのハッシュタグの使い方が難しいという意見、返信や@ツイートの予期しない動作が報告されています。ここでは、それらに対して考えられる原因や解決法をご紹介します。

@ツイートが適切に表示されない場合

  • ユーザー名の後ろに記号が含まれていませんか?
    たとえば「@TwitterSupport.123」と入力した場合、そのメッセージは@TwitterSupport123さんではなく@TwitterSupportさんに送られます。

  • @マークの前にテキストや記号が含まれていませんか?
    .@TwitterSupport」や「?@TwitterSupport」と入力した場合は通常のツイートとして扱われ、ツイートした人のフォロワー全員のタイムラインに表示されます。

  • @マークの前に文字が含まれていませんか?
    たとえば「123@TwitterSupport」や「word@TwitterSupport」と入力した場合、そのツイートは@TwitterSupportさんには届きません。@ツイートは@マークの前に文字や数字があると機能しないからです。@ツイートを機能させるには、@マークをツイートの先頭に置くか、@マークの直前にスペースを入れてください。

  • ツイートを非公開にしていませんか?
    ツイートを非公開にしているアカウントの場合、相手が自分のフォロワーでないと返信や@ツイートを送っても見ることができません。たとえば、ツイートを非公開にしている@TwitterSupportさんのツイートは、そのアカウントをフォローしていなければ@twitterさんには見られません。

自分が送信した返信が会話に表示されない場合

  • 返信が見つかりませんか?
    ツイートの下に返信が表示されない要因として、技術的な容量制限に達している可能性があります。1つのツイートへの返信の数が多い場合、Twitterではすべての返信は表示されません。ただし返信した内容が自分のタイムラインに表示されていれば、ほとんどの場合、ツイートした利用者も [通知] タブからあなたの返信を確認できます。

ハッシュタグが適切に機能しない場合

  • ハッシュタグの文字の間や後ろに記号や句読点が含まれていませんか?
    たとえば、「#すごい!楽しい!」と入力した場合、そのツイートは「#すごい」というハッシュタグで分類されます。このように句読点や記号(、 . ; ' ?!など)を挿入した位置でハッシュタグは途切れます。

  • #記号の前に文字が含まれていませんか?
    たとえば「123#楽しい」や「単語#楽しい」と入力されたツイートは、ハッシュタグ「#楽しい」の検索結果に表示されません。ハッシュタグは#記号の前に文字や数字があると機能しないからです。ハッシュタグが検索結果に適切に表示されるようするには、#記号の直前にスペースを入れてください。

  • ハッシュタグが数字だけで構成されていませんか?
    たとえば「#1」や「#123」と入力した場合、そのハッシュタグにはハイパーリンクが設定されないため、そのキーワードの検索対象になりません。ただし、「#123ゴー」のようにハッシュタグの数字の後に文字を含めると、ハッシュタグとして機能します。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。