ブロックの詳細設定オプションを使用する方法

Twitterでは、ブロックしているアカウントのリストを簡単に表示して管理できます。ブロックしているアカウントの一覧は、twitter.com、Twitter for iOSアプリ、およびTwitter for Androidアプリで確認できます。 

現在、ブロックリストのエクスポートとインポートはできません。

手順を表示:

ブロックリストを管理する方法

  1. トップメニューのプロフィールアイコンをタップします。
  2. [設定とプライバシー] をタップします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] をタップします。
  4. [セキュリティ] の下の [ブロックしたアカウント] をタップします。
  5. アカウントのブロックを解除する場合は、ブロック中アイコンをタップします。プロフィールに移動する場合は、プロフィール画像をタップします。 
  6. 以前にブロックリストをインポートしていた場合、[すべて][インポート済み] のいずれかを選ぶオプションが表示されます。

ブロックリストを管理する方法

  1. トップメニューにナビゲーションメニューアイコン  またはプロフィールアイコンが表示されています。表示されているアイコンをタップします。
  2. [設定とプライバシー] をタップします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] をタップします。
  4. [セキュリティ] の下の [ブロックしたアカウント] をタップします。
  5. アカウントのブロックを解除する場合は、ブロック中アイコンをタップします。プロフィールに移動する場合は、プロフィール画像をタップします。 
  6. 以前にブロックリストをインポートしていた場合、[すべて][インポート済み] のいずれかを選ぶオプションが表示されます。

ブロックリストを管理する方法

ブロックリストの上部に、[すべて][インポート済み] というオプションがあります。

  • [すべて] をクリックすると、ブロックしているすべてのアカウントが表示されます。
  • [インポート済み] をクリックすると、他の利用者のブロックリストをインポートしてブロックしたアカウントが表示されます。
  • アカウントのブロックを解除するには、そのアカウントの横の [ブロック中] ボタン(マウスの矢印を合わせると [ブロック解除] と表示されます)をクリックします。

注記: 詳細についてはTwitterでアカウントをブロックする方法をご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。