Twitterを装った偽メールについて

Twitterのメールはすべて@twitter.comまたは@e.twitter.comドメインから送信されます。しかし、Twitterから送信されたように装った偽メールや、疑わしいメールが届く場合があります。このようなメールは、悪意のある添付ファイルのほか、スパムサイトやフィッシングサイトへのリンクを含んでいる可能性があります。Twitterが、添付ファイルの付いたメールや、利用者にパスワードを要求するメールを送信することはありません。

偽メールが届いた場合

  • そのメールを受信箱から削除してください。決して添付ファイルを開かないでください。
  • アカウントのセキュリティのヒントについては、ヘルプセンターのこちらのページをご覧ください。

よくある質問

フィッシングとは

フィッシングとは、多数の人に詐欺メールを送信して、パスワードなどの個人情報をだまし取る手法です。メールやウェブサイトが本物に見せかけて偽装されている可能性があります。

メールにそれらしい文章が書かれていたり、Twitterから送信されたように見えるメールアドレスが使われたりするため、偽メールだと判別することが難しい場合があります。メールのヘッダー情報を見ることで、送信者の情報を確認できます。また、見覚えのない送信者からのメールには注意しましょう。Twitterが添付ファイルの付いたメールを送信したり、メール、ダイレクトメッセージ、返信でパスワードを要求することはありません。

自分のユーザー名とパスワードが他人に使われている疑いがある場合

アカウントが乗っ取られた疑いがある場合の対処方法については、こちらをご覧ください。

Twitterは、利用者のアカウントが乗っ取られていると見なした場合、そのアカウントが悪用されないようパスワードをリセットすることがあります。この場合、新しいパスワードを設定するための安全なリンクをメールで利用者宛てに送ります。繰り返しになりますが、このリンク先は常にhttps://twitter.com上にあり、Twitterがメール、ダイレクトメッセージ、返信でパスワードを要求することはありません。

偽メールが届く理由

Twitterから偽メールを送信することはありません。FTC(アメリカ合衆国連邦取引委員会)のウェブサイトに、スパム送信者がメールアドレスを取得する方法が記載されています。詳しくはhttps://www.consumer.ftc.gov/をご覧ください。

Twitterにおける情報の取得、開示、共有のポリシーについては、Twitterプライバシーポリシー(https://twitter.com/privacy)をご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。