Twitterをより快適に活用する方法

Twitterはアイデアや情報を共有し、他の人々とつながり、身の回りのできごとを知ることができる場所です。利用者がTwitterの良さを生かして安全に楽しみ、安心して自分を表現できるよう、Twitterは表示される情報や他のアカウントに公開される情報を管理するためのツールを提供しています。

表示される情報の管理

ツイートでの操作は簡単です。ホームタイムラインに表示されるツイートの上部にある  アイコンをタップすれば、フォロー解除、ミュート、ブロック、報告などのオプションを簡単に利用できます。 

フォロー解除する

特定のアカウントのツイートをホームタイムラインに表示しないようにするには、フォロー解除が一番簡単な方法です。気が変われば、またいつでもアカウントをフォローできます。このオプションは、ツイートの  アイコンをタップすると表示されます。

フォロー解除する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

通知を制限する

[通知] タイムラインには、@ツイート、いいね、リツイート、最近自分をフォローしたアカウントなど、他のTwitterアカウントとのやり取りが表示されます。フォローしていないアカウントからの返信や@ツイートを受け取りたくない場合は、受け取る通知のタイプにフィルターを適用できます。

[通知] タイムラインの設定手順については、こちらをご覧ください。

ツイートに興味がない 

ツイートを [ツイートに興味がない] に設定すると、同様のツイートがホームタイムラインに表示される回数を減らしたいというTwitterへの意思表示になります。この情報は、Twitterをより快適に利用していただくための調整や最適化の判断材料として活用されます。このオプションは、ツイートの  アイコンをタップすると表示されます。

ミュートする

他のアカウントをミュートすると、そのアカウントのツイートはタイムラインに表示されなくなります。その友だちのすべてのツイートを見たいわけではないものの、つながりを保ちたい場合などにとても便利な方法です。ミュートしたことは相手に知らされず、相手から@ツイートやダイレクトメッセージがあった場合は通知があります。フォローしていないアカウントをミュートして、[通知] タイムラインにそれらのアカウントのツイートが表示されないようにすることもできます。

ミュートはブロックやフォロー解除とは異なり、対象のアカウントは自分がミュートされていることがわかりません。このオプションは、ツイートの 
アイコンをタップすると表示されます。

アカウントのミュートの詳細については、こちらをご覧ください。

特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含むツイートをミュートすることもできます。 

ブロックする

アカウントをブロックすると、そのアカウントとのやり取りを制限できます。かかわりたくないアカウントとのやり取りを避けるために効果的です。

ブロックされたアカウントは、Twitterにログインした際に、あなたのツイート、フォローしている人やフォロワーのリスト、いいね、リストを見ることができなくなります。そのアカウントから直接@ツイートがあった場合もあなたに通知されません。また、ブロックしたアカウントのツイートはタイムラインに表示されなくなります。

ブロックしたアカウントには、ブロックされたという通知は届きません。ただし、相手があなたのプロフィールを見ようとしたり、あなたをフォローしようとしたときにブロックされていることに気付く可能性はあります。このオプションは、ツイートのアイコンをタップすると表示されます。 

アカウントのブロックの詳細については、こちらをご覧ください。

報告する

アカウントやツイートがTwitterルール利用規約に違反していると思われる場合は、Twitterに報告してください。報告できる違反には、嫌がらせ、不適切なメディア、なりすまし、スパムなどがあります。報告を送信するにはいくつかの手順を踏まなければなりません。しかし、あなたの報告はTwitterをすべての人にとって快適な場所にするために重要な情報です。このオプションは、ツイートの  アイコンをタップすると表示されます。

Twitterに何を報告できるかについては、こちらをご覧ください。

ツイート内のメディアの表示を管理する

[プライバシーとセキュリティ] の設定で、不適切な内容を含む可能性のあるメディア付きのツイートに警告が表示されるようにするオプションを指定できます。初期設定では警告メッセージが表示されるようになっていますが、いつでも設定を変更できます。

ツイートに含まれるメディアの表示を管理する方法については、こちらをご覧ください。

他のアカウントに公開される情報を管理する

ツイートの公開または非公開設定

ツイートを非公開にすると、ツイートがフォロワーだけに表示され、他の人は見られなくなります。ツイートを非公開にすることで、Twitterをより安全に活用できます。誰かが自分をフォローしようとするたびに、そのリクエストを許可するか拒否するか選ぶことになります。

ツイートを非公開にする前からのフォロワーは引き続きフォロワーになります(再承認の必要はありません)。ただし、個々のアカウントをブロックすればフォロワーから外すことは可能です。

公開ツイートと非公開ツイートの詳細については、こちらをご覧ください。

写真にタグ付けする

写真に友だちをタグ付けすることは親交を保つのに効果的ですが、プライバシーの保護を優先したい場合もあるかもしれません。利用者は、誰でも写真へのタグ付けを許可する、フォロー中のアカウントだけに許可する、誰にも許可しないようにする、のいずれかを選べます。

写真のタグ付け設定の変更については、こちらをご覧ください。

見つけやすさを設定する

友だちや気になる人々を見つけると、Twitterの利用がさらに楽しくなります。Twitterでは、メールアドレスや電話番号で簡単に他のアカウントを見つけることができます。

一方で、そのような機能を使わずに友だちや知り合いを見つけることもできます。また、他の利用者がメールアドレスや電話番号から自分のアカウントを見つけられないように設定することもできます。見つけやすさの設定とその変更方法の詳細については、こちらをご覧ください。 

ツイートで位置情報を共有する

Twitterでは、個々のツイートに位置情報を含めるかどうかを選べます。位置情報を共有することで、フォロワーから場所についてコメントをもらったり、近くでおすすめのイベントや場所を教えてもらうことができます。ただし、位置情報を公開することにはリスクも伴います。自分のフォロワーがすべて知り合いであるとは限らないため、共有する情報は慎重に選びましょう。

ツイートでの位置情報の詳細については、こちらをご覧ください。モバイル端末で位置情報機能を使う方法の詳細については、こちらをご覧ください。

メディアの設定をする

自分のツイートを、不適切なメディアを含む可能性のあるツイートとして設定すると、他のアカウントがそのメディアを閲覧する前に警告メッセージが表示されます。

ツイートに内容が不適切な可能性のあるメディアが含まれていると設定する方法については、こちらをご覧ください。

サードパーティーアプリケーションに提供される情報の種類を把握する

利用者がTwitterをより快適に活用できるよう、Twitter以外の会社がさまざまなアプリケーションを開発して提供しています。そのようなサードパーティーアプリケーションと連携する前に、提供元のウェブサイトに移動して利用規約を十分に確認してください。サードパーティーアプリケーションの許可と連携の詳細については、こちらをご覧ください。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。