運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

運営の痕跡がないアカウントに関するTwitterのポリシーとは

アカウントの作成後は、積極的にログインしてTwitterをご利用ください。アカウントをアクティブな状態に保つには、少なくとも6か月ごとにログインして、ツイートするようにしてください。アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります。 

アクティブでないアカウントに関するTwitterの判断基準

アクティブかどうかの判断はログイン状況に基づきます。なお、アカウント運用状況の判断基準となる要素は、一般に公開されているものばかりではないため、利用者の皆様がアカウントの運用状況を確認することはできませんのでご了承ください。

運営の痕跡がないとみられるアカウントが、登録商標をユーザー名またはアカウント名として使用している場合

ご自身の商標権が侵害されており、侵害しているアカウントに運営の痕跡がないと思われる場合は、Twitterの「商標に関するポリシー」をご覧ください。 

登録商標を保有しているわけではないが、運営の痕跡がないとみられるアカウントのユーザー名を使用したい場合

Twitterでは、運営の痕跡がないと思われるユーザー名の使用に対する申請には、基本的に応じていません。使用したいユーザー名が、こういったアカウントで使用されている場合、数字やアンダースコア (_) を加える、省略名にするなどの方法で変化を付け、重複しないユーザー名をご利用ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。