亡くなられた人について

概要

2019年3月

亡くなられた人に関する画像や動画を共有することは、故人の家族に甚大な苦痛を与える可能性があると同時に、そのコンテンツを閲覧した利用者の心身に悪影響を及ぼす可能性もあります。故人およびその死により影響を受けた人々に配慮し、かつ刺激の強い画像/動画の意図しない露出による影響を軽減するために、特定可能な人物の死を扱う画像や動画の削除を要請することがあります。 

亡くなられた人のアカウントの削除を依頼したい場合は、近親者および権限のある遺産管理人であれば、プライバシーフォームより申請可能です。

このポリシーへの違反とは、どのようなものですか?

家族または正式な代理人から依頼があった場合、Twitterはこのポリシーに基づき、その人物の死の瞬間、またはその前後に撮影された画像や動画の削除を要請することがあります。また、過度に凄惨な画像や動画を共有することや、亡くなられた人についての画像/動画を残酷な目的で共有することは許可されていません。 

このポリシーに基づき措置を取ることがある種類のコンテンツの例を以下に示しますが、これらに限定されません。

  • 特定可能と判断できる人物が明らかに亡くなっている画像や動画 
  • 特定可能な人物が殺害される描写のある画像や動画
  • 特定可能な人物の死に関する過度に凄惨な画像/動画
  • 残酷な目的で共有された、特定可能な故人に関する画像や動画(以下の内容を伴う画像/動画を含みます)
    • 故人を嘲笑または愚弄する内容
    • 故人が亡くなる際に苦しむ様子から喜びを得る内容

このポリシーの違反にならないケースとは?

Twitterでは、亡くなられた人についての画像や動画に関する報告を調査する際、公共の利益を考慮します。限られた状況では、報告が妥当なものであっても、対象の画像/動画を削除しない場合もあります。たとえば、警官の発砲事件やその他の報道価値のある出来事の場合が該当します。

このポリシーへの違反があった場合、誰が報告できますか?

誰でも報告できるコンテンツ 
Twitterは、関係者自身によるコンテンツの報告が困難な場合があることを認識しています。被害者の負担を軽減するため、以下の種類のコンテンツについては、誰でも報告できるようになっています。

  • 過度に凄惨な内容を含む画像/動画
  • 残酷な目的で共有された、亡くなられた人についての画像/動画 

近親者(または正式な代理人)が報告可能なコンテンツ
特定可能な亡くなられた人に関する、その他の種類のコンテンツについては、執行措置を実施する前に必要な前後関係を確認するために、近親者(または弁護士などの正式な代理人)から直接報告を受け取らなければならない場合があります。 

このポリシーの違反を報告するにはどうすればよいですか?

確認を求めるコンテンツは、個人情報の投稿について報告するフォームから [許可していない画像や動画] を選択することで報告できます。

このポリシーに違反した場合はどうなりますか?

亡くなられた人についての画像/動画を残酷な目的で共有するためだけに使用されているアカウントは、即時かつ永久に凍結されます。 

ただし、アカウントの即時凍結を行わない場合もあります。ショックや不信を表すためや、暴力的な出来事を非難するために、思わず共有してしまう利用者もいるからです。このようなケースでは、そのコンテンツの削除を要請します。アカウントを一時的にロックしてツイートできないようにすることもあります。2度の警告を受けた後、3度目にこのポリシーを違反した場合、アカウントは永久に凍結されます。アカウントが誤って凍結されたと思われる場合は、異議申し立てを提出できます。

その他の情報

強制的対応の適用レベルと適用範囲ポリシーの策定に対するTwitterのアプローチと対応についての理念についての詳細もご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。