Twitterデータを利用する方法

Twitterデータを閲覧することで、自分のアカウントにどのような情報が保存されているかを詳しく知ることができます。自分のアカウントについて詳しい情報を確認したり、適宜変更したりすることも簡単にできます。

どのような情報が利用できますか?


Twitterデータでは、
保存されている次のようなTwitterの情報を閲覧できます。
 

アカウント:Twitterアカウントにログインしている場合、ユーザー名、アカウントに登録されているメールアドレスや電話番号、アカウント作成の詳細などの情報を確認できます。誕生日やプロフィールの場所といった、これまでTwitterに提供された情報も表示されます。またログインしているかどうかにかかわらず、性別や年齢範囲など、アカウントまたは端末についてTwitterが推測した情報が表示されます。これらの情報のほとんどはいつでも更新、変更できます(アカウント作成の詳細は編集できません)。
 

アカウント履歴:ログインしている場合、ログイン履歴のほか、Twitter利用時の位置情報も確認できます。 
 

アプリと端末:ご利用のアカウントに関連付けられたブラウザや携帯端末(ログインしている場合)、利用中のデバイス(ログアウトしている場合)、ご利用のTwitterアカウントと関連付けられたアプリも確認できます。見覚えのないアプリや不審なアプリからのログインアクティビティが表示される場合、設定から [アプリ連携] タブに移動して、該当するアプリのTwitterアカウントへのアクセスを取り消せます。表示されるIP位置はTwitterにアクセスするために使ったIPアドレスのおおよその位置であり、実際の位置とは異なる場合があります。
 

アカウントアクティビティ:ブロックやミュートしたアカウントを確認できます。 
 

興味関心と広告データ: TwitterおよびTwitterパートナーが推測した興味関心を確認できます。これらの興味関心に基づいてホームタイムラインと [話題を検索] タブに広告、通知、おすすめツイートなどのコンテンツが表示されるので、Twitterの使い勝手が向上します。アカウントまたは現在の端末をテイラードオーディエンス(独自の条件の広告配信対象)の対象にしているTwitterの広告主を確認することもできます。

また、アカウントのその他の情報(アドレス帳からインポートされた連絡先ツイート履歴全体あなたのTwitterアカウントにアクセスできるアプリミュートまたはブロックしているTwitterアカウントなど)は、ログイン中にTwitterの他のページでも確認できます。
 

アカウントを停止すると、アカウント情報はどうなりますか

  • アカウントを停止した日から30日が経過すると、復元できなくなります。 
  • アカウントが停止されてから30日間ログインしないと、そのアカウントは永久に停止されます。永久に停止されると、そのアカウントに関連するすべての情報は、Twitterのプロダクションツールで利用できなくなります。 
  • Twitterデータに関する質問はこちらから受け付けています。 
     

リクエストは、Twitterプライバシーポリシーのその他の情報またはサポートに記載されている連絡先にも送信できます。
 

データアーカイブのダウンロード: アカウントに関連するデータアーカイブは、機械で読み取り可能な形式(HTMLファイルとJSONファイル)でダウンロードすることもできます。これには、ユーザーのプロフィール情報、ツイート、ダイレクトメッセージ、モーメント、メディア(ユーザーがツイートやダイレクトメッセージ、モーメントに添付した画像、動画、GIF画像)、フォロワーのリスト、フォローしているアカウントのリスト、アドレス帳、ユーザーが作成したリスト、ユーザーが含まれているリスト、ユーザーがフォローしているリスト、ユーザーについてTwitterが推測した興味関心やデモグラフィック情報、ユーザーによるTwitter広告の閲覧やエンゲージメントに関する情報など、ユーザーにとって関連性が高く、便利であると判断した情報が含まれています。 


自分のTwitterデータはどこで見ることができますか?


twitter.comでログインしている場合

  1. タイムラインの左側にあるメインナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックします。
  2. [設定とプライバシー] を選択します。
  3. [設定] にある [アカウント] を選択します。
  4. [データと許可] にある [Twitterデータ] をクリックします。
     

またTwitterアカウントがない場合は、twitter.comに移動してページ下部にある [設定] のリンクをクリックします。そこから [カスタマイズとデータ] 設定やTwitterデータに移動できます。
 

iOSまたはAndroid用の公式Twitterアプリの場合

  1. ナビゲーションメニューアイコンをタップして、メインメニューにアクセスします。
  2. [設定とプライバシー] をタップします。
  3. [アカウント] を選択します。
  4. [データと許可] にある [Twitterデータ] をタップします。
  5. パスワードを確認し、[アーカイブをリクエスト] をタップします。

Twitterデータをダウンロードする方法

twitter.comでログインしている場合

  1. タイムラインの左側にあるメインナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックします。
  2. [設定とプライバシー] を選択します。
  3. [プライバシーとセキュリティ] を選択します。
  4. [カスタマイズとデータ] を選択します。
  5. [Twitterデータを見る] をクリックします。
  6. パスワードを確認し、[アーカイブをリクエスト] をタップします。
     

アーカイブの準備が整うと、メールとアプリ内通知が届きます。ダウンロードしたデータの中には、パソコンのウェブブラウザでデータを表示できる「アーカイブ」というファイルが含まれます。

こうしたツールでTwitterが提供しているデータがユーザーにとって関連性が高く役立つデータであるとTwitterは考えていますが、ユーザーがEUまたはEFTA加盟国に所在している場合、Twitterのプライバシーフォームからより詳細なアカウント情報を請求できます。
 

民事訴訟のためのデータはどのように請求できますか?


アカウントの所有者が自身のアカウント情報を収集するときには、可能な限り上記の方法を利用してください。法的な理由により、アカウントの所有者がさらに詳細な情報を必要としている場合、次の方法で法的請求(呼出状、裁判所命令など)をTwitterに提出できます。

Twitterは以下の住所とFax番号で法的請求を受け付けています。

Twitter Inc., 
c/o Trust and Safety
1355 Market Street, Suite 900
San Francisco, CA 94103

Twitter International Company 
c/o Trust & Safety - Legal Policy 
One Cumberland Place
Fenian Street
Dublin 2 
D02 AX07
Ireland

FAX番号: 1-415-222-9958

Twitter, Inc.の所在地はカリフォルニア州サンフランシスコですが、カリフォルニア州外で係属中の訴訟に関する法的手続については、その法的手続がInterstate and International Depositions and Discovery Act, Cal. Civ. Proc. § 2029(カリフォルニア州民事訴訟法第2029項)に基づいてカリフォルニア州内のいずれかの上級裁判所によって発令された場合、または連邦刑事訴訟規則に沿って米国連邦裁判所によって発行された場合にのみ対応します。

Faxで送られてきた訴状の受付は、便宜上のものであり、管轄権や適式な送達または提示の欠如を含む異議を放棄するものではありません。
 

自分のTwitterデータについて他に質問があるときはどうすればよいですか?


Twitterデータについてご質問がある場合は、プライバシーフォームを使ってTwitterにお問い合わせください。

この記事を共有する