広告なしの記事について

Twitter Blueサブスクリプション登録アカウントは、「広告なしの記事」機能により、iOSまたはウェブサイトで、すぐに読み込まれる広告のない記事を読むことができます。Twitterにログインした状態でこの機能を利用し、ツイートからTwitter Blueパブリッシャーネットワーク内の広告なしウェブサイトにアクセスできます。

注記: 現在「広告なしの記事」機能は、米国内のパブリッシャーのコンテンツのみを対象としています。また同機能により、Twitter Blueウェブサイトで別途サブスクリプションが必要な有料コンテンツにはアクセスできません。

よくある質問

「広告なしの記事」機能について

 

「広告なしの記事」とはどのような機能ですか?

Twitter Blueの「広告なしの記事」機能により、Twitter Blueネットワークのパブリッシャーは、CookieおよびCookieに類似する技術を使用して、自社ウェブサイト上でTwitter Blueサブスクリプション登録アカウントを識別したり、パブリッシャーへの支払い金額の計算に使用する情報など、「広告なしの記事」機能に必要な情報を収集したりすることができます。アクティブなサブスクリプションを保持するアカウントでTwitterにログインし、Twitter Blueパブリッシャーネットワーク内のウェブサイトにアクセスすると、パブリッシャーはCookie情報に基づいて、そのアカウントのサブスクリプションがアクティブであることや、そのアカウントが広告なしの記事を表示する対象であることを把握します。Twitterは、リンクのクリック数ではなく、サブスクリプション登録アカウントがTwitter Blueパブリッシャーのウェブサイトで費やした時間に基づいて報酬を支払うため、広告なしの記事を読むのに費やされた時間に関するデータを収集します。サブスクリプション登録アカウントは、Twitter Blueパブリッシャーウェブサイトにアクセスして記事を読むと、そのパブリッシャーを支援することができる一方、記事が読まれなかったパブリッシャーには報酬は支払われません。

この機能を動作させるためにTwitterが活用している、CookieおよびCookieの類似技術の使用方法についての詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

「広告なしの記事」はiOS、Android、ウェブ版で利用できますか?

この機能は現在、Twitter Blueサブスクリプション登録アカウントのみ、iOS版とウェブ版で利用できますが、将来的にはAndroid版でも利用できるようになる予定です。

 

 

記事に広告を表示させないようにするには何をする必要がありますか?

まずはアクティブなTwitter Blueサブスクリプションを保持していることと、Twitterアカウントにログインしていることを確認してください。ログインすると、ホームタイムラインの一部のツイートに [Twitter Blueで広告なしに] ラベルが表示される場合があります。このラベルが表示されたツイートのリンクをクリックすると、Twitter Blueパブリッシャーのウェブサイトに移動し、広告のない記事が表示されます。それ以降、Twitterにログインしたままの状態で、同じブラウザを使用してそのTwitter Blueウェブサイトにアクセスすると、広告なしの記事を読めるようになります。

注記: Twitterからログアウトしている場合など、こちらで紹介されている特定の条件下では、「広告なしの記事」機能は利用できません。

 

 

「広告なしの記事」機能により、Twitterタイムラインの広告は表示されなくなりますか?

いいえ。Twitter Blueサブスクリプション登録アカウントの場合も、Twitterには広告が表示されます。Twitterの「広告なしの記事」機能により、Twitterアカウントにログインし、Twitter上のリンクからTwitter Blueパブリッシャーネットワークのウェブサイトにアクセスした場合に、広告なしの記事を読むことができます。

 

 

Twitter Blueサブスクリプションで、有料コンテンツにアクセスすることはできますか?

いいえ。Twitter Blueパブリッシャーが有料コンテンツを配信している場合、その有料コンテンツにアクセスするには、パブリッシャーのサブスクリプションへの登録を直接行う必要もあります。

注記: Twitter Blueのすべてのパブリッシャーが有料コンテンツを配信しているわけではありません。

 

 

「広告なしの記事」機能を利用すると、Twitter上のすべての記事を広告なしで読むことができますか?

広告なしの記事は、Twitter Blueパブリッシャーネットワーク内の広告なしウェブサイトでのみ読むことができます。サブスクリプション登録アカウントでTwitterにログインしたら、[Twitter Blueで広告なしに] のラベルが表示されたツイートを探す必要があります。このラベルにより、サブスクリプション登録アカウント向けに広告なしのコンテンツを配信する、Twitter Blueパブリッシャーネットワークのウェブサイトへのリンクが、そのツイートに含まれていることが分かります。

注記: Twitter Blueサブスクリプションで「広告なしの記事」機能を利用している場合、Twitter BlueパブリッシャーのウェブサイトではTwitter Blueバーが表示されます。

 

 

Twitter Blueバーとはどのようなものですか?

Twitter Blueバーは、アクティブなTwitter Blueサブスクリプションを保持しているアカウントに、広告なしで記事が読めることを通知するためのもので、Twitter Blueパブリッシャーのウェブサイトにおいて、広告なしの記事の下部に表示されます。Twitter Blueバーを使用して、その記事をフォロワーに簡単にツイートすることができます。Twitter Blueバーはクリックして開閉することができ、Twitter Blueバーを使用してTwitter Blueの設定やヘルプセンターにすぐにアクセスすることもできます。

 

 

「広告なしの記事」機能が正しく動作しません。なぜですか?

Twitter Blueサブスクリプションがアクティブな場合、Twitterアカウントにログインしていることを確認します。Twitterアカウントにログインしていても問題が解消されない場合、次の状況に該当しないか確認してください。

注記: 「広告なしの記事」機能では、クラシファイド広告、パートナーパブリッシャーのブランドコンテンツ、または一部のサブスクリプションバナーはブロックされません。また「広告なしの記事」機能により、有料コンテンツにアクセスすることもできません。Twitter Blueパブリッシャーの有料コンテンツにアクセスするには、そのウェブサイトのサブスクリプションへの登録を直接行う必要もあります。

 

 

Twitter Blueの設定にある [広告なしサイト] セクションとは、どのようなものですか?

Twitter Blueの会員ページの [広告なしサイト] セクションには、Twitter Blueパブリッシャーネットワークに参加しているパブリッシャーとそのTwitterアカウント(存在する場合)の一覧が掲載されています。お気に入りのパブリッシャーをフォローして、彼らのツイートから広告なしの記事にアクセスしましょう!

 

 

「広告なしの記事」機能の [効果を確認する] セクションでは、何についての情報を確認できますか?

[効果を確認する] セクションには、Twitter Blueのサブスクリプション登録アカウントでTwitterにログインしている間に、任意のTwitter Blueパブリッシャーウェブサイトで、広告なしの記事を読むのに費やした時間の概要が表示されます。また、前月にパブリッシャーウェブサイトにおいて、同アカウントが広告なしの記事を読むのに費やした時間に応じて、パブリッシャーが獲得した収益の推定額も表示されます。Twitterはこの機能により、パートナーパブリッシャーがTwitter Blueを通じて、読者1人につき、広告よりも多くの収益を得られるようにすることを目指しています。

広告のない記事を読むことが、Twitterパートナーパブリッシャーの収益にどのような影響をもたらしているかが明示されるため、Twitter Blueの、すぐに読み込まれる広告のない記事が、あなたが興味関心を持つジャーナリズムにどのような貢献を果たしているかを把握することができます。

注記: このセクションに「Check back soon(しばらくしてから再度ご確認ください)」というメッセージが表示されている場合、Twitter Blueへのログイン中に利用したコンテンツに関するデータの収集がまだ完了していません。

 

 

Twitterでは、広告なしウェブサイトに投稿されるコンテンツをモニタリングしていますか?

すべてのTwitter Blueパブリッシャーは独立した組織であり、自社ウェブサイトで提供するコンテンツの責任を負います。Twitterはそうしたウェブサイトで公開されるいかなるコンテンツについても、モニタリングや承認を行ったり、責任を負ったりすることはありません。

 

Twitter Blueパブリッシャーネットワークについて

 

Twitter Blueパブリッシャーネットワークを通じて広告なしの記事を提供しているのは、どのようなウェブサイトですか?

Twitterではさまざまなウェブサイトの多岐にわたるコンテンツを提供できるよう、継続的に取り組んでいます。@TwitterBlue をフォローすると、Twitter Blueパブリッシャーネットワークに関する最新情報を常に把握することができます。Twitter for iOSでも、Twitter Blueパブリッシャーネットワークに参加している、一部のパブリッシャーの一覧をTwitter Blueの設定で確認することができます。

 

注記: Twitter Blueパブリッシャーが有料コンテンツを配信している場合、その有料コンテンツにアクセスするには、パブリッシャーのサブスクリプションへの登録を直接行う必要もあります。この機能は、米国内のパブリッシャーのコンテンツを対象としていますが、Twitter Blueの拡大に応じて、より多くのパブリッシャーに参加してもらいたいと考えています。

 

Twitterでは、Twitter Blueパブリッシャーネットワークに参加するパブリッシャーをどのように選定していますか?

パブリッシャーをTwitter Blueパブリッシャーネットワークに追加するかどうかは複数の要素により決まりますが、その要素の1つが、サブスクリプション登録アカウントの興味関心です。広告なしの記事を読みたいパブリッシャーウェブサイトがある場合、そのパブリッシャーに #TwitterBluePublishersNetwork に参加するよう依頼しましょう。

 

 

Twitter Blueパブリッシャーネットワークにおいて、パブリッシャーのサブスクリプションは別途必要ですか?

Twitter Blueのすべてのパブリッシャーのウェブサイトで有料コンテンツが配信されているわけではありませんが、一部のパブリッシャーのサイトで配信されている可能性はあります。Twitter Blueパブリッシャーネットワーク内のウェブサイトで、一部のコンテンツが有料で配信されている場合、その有料コンテンツを広告なしで読むには、そのサイトのサブスクリプションが別途必要となります。

 

 

「広告なしの記事」を利用することで、ジャーナリズムにどのような貢献を果たせますか?

Twitter Blueサブスクリプション登録アカウントが、Twitter Blueを通じて読んだコンテンツに応じて、TwitterではTwitter Blueパブリッシャーネットワークに参加するパブリッシャーに、毎月報酬を支払っています。この報酬モデルは、ユーザーが好むジャーナリズムに、パブリッシャーが資金を継続的に供給できるようにすることを目的としています。

 

プライバシーと「広告なしの記事」機能

 

広告なしの記事をオフにできますか?

「広告なしの記事」機能をオフにする方法はありませんが、[Twitter Blueで広告なしに] のラベルが表示されたツイートに含まれる、当該記事へのリンクをクリックしないことで、広告なしの記事を回避することができます。

 

 

Twitter Blueではユーザーの行動をトラッキングしていますか?


はい。Twitterでは「広告なしの記事」機能を提供するため、CookieまたはCookieに類似する技術を使用して、サブスクリプション登録アカウントがTwitterにログインしている間に、TwitterからTwitter Blueパブリッシャーネットワーク内のどのウェブサイトにアクセスまたは再アクセスしたかをトラッキングしています。Twitterでは、サブスクリプション登録アカウントが、Twitter Blueパブリッシャーウェブサイトで広告なしの記事を読んだ時間や、読み終えた割合、そのサイトへのアクセス元などをトラッキングしています。こうした情報により、Twitterはサブスクリプション登録アカウントに「広告なしの記事」機能を提供したり、サブスクリプション登録アカウントがウェブサイトで費やした時間に応じて、Twitter Blueパブリッシャーに報酬を支払ったりすることができます。この機能におけるCookieの使用方法に関する詳細はこちらをご覧ください。

注記: パブリッシャーは広告なしの記事を表示させるため、CookieでTwitter Blueサブスクリプションの登録アカウントを識別していますが、このCookieは、Twitterアカウントに関する情報をパブリッシャーと共有するためには使用されていません。

 

 

Twitterではこの機能に関連して、その他にどのような情報を収集していますか?

Twitterが収集することのある情報についてはTwitterのプライバシーポリシーをご覧ください。この機能に関するデータの処理方法についての詳細は広告なしの記事とCookieについてをご覧ください。

 

 

「広告なしの記事」機能を利用する際、Twitterにログインしなければならないのはなぜですか?

パブリッシャーがTwitter Blueサブスクリプション登録アカウントを識別し、広告なしの記事を表示するための技術は、ユーザーがTwitterにログインしている場合にのみ機能します。そのため、Twitterからログアウトするなどの行為により、広告なしの記事が読めなくなる場合があります。

 

 

広告なしウェブサイトでは、ユーザーに関するどのような情報を収集していますか?

広告なしウェブサイトはTwitterからは独立しているため、Twitterではこうしたウェブサイトや、そこにアクセスするユーザーからウェブサイトが収集している可能性のある情報を管理していません。

注記: 広告なしの記事を表示する技術により、Twitter Blueサブスクリプション登録アカウントが、Twitterにログインした状態で、広告なしウェブサイトにアクセスした場合、サイト側では、そのアカウントがTwitter Blueサブスクリプションに登録していることは把握できますが、この技術を通じて個人を特定することはできません。ユーザーは広告なしウェブサイトが独自に定める利用規約、プライバシーポリシー、またはそれらに類するドキュメントを慎重に確認して、そのサイトではCookieやその他の技術を何のために使用しているかや、どのような情報を収集しているかを把握する必要があります。

 

「広告なしの記事」機能が利用できないのは、どのような場合ですか?

Twitter Blueの「広告なしの記事」機能は、Twitterのパートナーパブリッシャーのコンテンツを、可能な限り広告なしで表示します。ただし、以下などの特定の状況下では、広告が表示される場合があります。

  • Twitterにログインした状態で、ツイートのリンク以外の経路でTwitter Blueパブリッシャーの広告なしウェブサイトにアクセスしている場合。
  • Twitterパートナーパブリッシャーの広告なしウェブサイトに最初にアクセスしたブラウザ上で、Twitterからログアウトしている場合。
  • Twitter Blueサブスクリプションが何らかの理由により終了したため、サブスクリプションの機能を利用できなくなっている場合。
  • 広告ブロッカーやウェブブラウザの設定により、Twitter Blueパブリッシャーウェブサイトに設置された「広告なしの記事」機能のコードが読み込まれない場合。注記: 記事を読むTwitter Blueパブリッシャーに対し、広告ブロッカーをオフにすることで、この問題を回避できる場合があります。
  • パブリッシャーが、「広告なしの記事」機能では回避できないタイプの広告を配信している場合。たとえば、パートナーパブリッシャーの広告なしウェブサイトであっても、スポンサー記事などのブランドコンテンツ、サブスクリプションバナー、クラシファイド広告は表示されます。
  • Twitter Blueパブリッシャーネットワーク内のパブリッシャーが、自社ウェブサイトのCookieへの同意を求めているにもかかわらず、ユーザーが同意していない場合。

Twitter Blueパブリッシャーの広告なしウェブサイトで広告が表示されるその他の理由

  • パブリッシャーが、自社のドメインやウェブサイトの一部を、「広告なしの記事」機能でアクセスできる範囲から除外している場合。
  • ブラウザのプライバシー設定が、「広告なしの記事」機能の動作に影響を及ぼしている場合。
    たとえばFirefoxでは、特定のプライバシー設定が「広告なしの記事」機能のCookieに影響を及ぼし、Twitterからウェブサイトに直接アクセスした場合にのみ、広告なしの記事が表示される場合があります。クロスサイトトラッキングCookieの設定を変更することで、このセキュリティ設定を調整することができます。
  • Twitterアプリではなく、Twitter Blueパブリッシャーの専用アプリから記事を読もうとしている場合。
  • Twitter Blueパブリッシャーは、自社ウェブサイトの動画コンテンツの広告については、必ずしも非表示にしているとは限りません。
  • iPhoneの場合、アプリは既定のブラウザに接続できないため、SafariやChromeで開いたリンクの記事には広告が表示されます。
  • Google NewsのAMP記事には広告が表示される場合があります。

 

この記事を共有する