goglobalwithtwitterbanner

Twitterで休息する方法

私たちの誰もが、目が覚めたらまずTwitterをチェックし、深夜にベッドで横になりながら、さまざまな話題やトレンドを見逃さないように、タイムラインをスクロールしています。ふと気付くと、何時間もスクロールしていたかのような気になることもあります。

実に数多くの出来事が世界中で起きているため、Twitter上のすべてのニュース速報や話題を追っていると、時にその情報量がやや過剰になってしまうことがあります。常にオンラインでいたいという願望は、感情としては理解できますが、心の健康のため、少し冷静になる必要があります。幸いにもTwitterには、アカウントを維持しながら簡単に「休息する」機能が用意されています。

この操作は、Twitter環境を調整するだけで行えます。その方法は以下のとおりです。

トピック

特定の芸能人や食べ物、ゲームに強い関心がありますか?トピックをフォローすると、タイムラインや [話題を検索] タブに表示される情報が、より興味関心に基づいたものになります。アカウントのアクティビティに基づき、Twitterがおすすめするトピックが既に表示されている場合があります。トピックセレクターでトピックを見つけることもできます(トピックは膨大な数に上りますが、現在も追加は続けられています)。興味関心のあるトピックをフォローするだけで、あなたに関係のあるツイート、イベント、広告が表示されるようにカスタマイズされ、Twitter環境がより快適になります。

リスト

リストで独自のタイムラインを作ることができます。「リスト」といっても、買い物リストのようなものではなく、Twitterのリストは、複数のTwitterアカウントをまとめて管理する機能のことで、リストに追加されたアカウントに基づいて、ツイートのタイムラインが作成されます。自分で独自のリストを作成したり、他のユーザーのリストをフォローしたりすることができます。最大で5個のリストをタイムラインとして表示させ、スクロールで簡単にアクセスできるようになります。スワイプするだけで表示を切り替えられます。食べ物に関するアカウントをスクロールして、試してみたい新しいレシピをブックマークに追加したり、直接の知人のみのリストを作ったりすることができます。この機能を活用して、ひらめきが得られるツイートを、スクロールでまとめて読めるように、アカウントを厳選したリストを作成してみましょう。

自動再生の設定

目と心に休養を与えましょう。Twitterでは、膨大な量のコンテンツが共有されています。このことは、Twitterが世界中の今起きているニュースや人々の話題の情報源となっている理由でもありますが、やはりその情報量がやや過剰になってしまうことがあります。そんなときは、自動再生の設定をオフにしてみましょう。このごく単純な手順により、動画が自動再生されなくなり、再生を選択した場合にのみ動画を視聴できます。

ミュート

ミュートはTwitterに以前からある機能で、頻繁に利用されています。トピックに目を通したくない場合や、リストの作成に時間をかけたくない場合に最適な機能です。ミュートはシンプルな機能ですが、大きな効果を発揮します。アカウントをミュートすると、フォロー解除を行わずに、そのアカウントのツイートを当面は非表示にできます。また、Twitter上の特定のコンテンツを表示させないことも簡単にできます。ユーザーに加えて、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含むツイートをミュートすることもできます。さらに、ミュートはいつでも簡単に解除できます。

ブロック

今や誰もが知るところとなったTwitterジョーク、「ブロックして報告しました」ですが、不遜なTwitterユーモアはともかくとして、ブロック機能は、Twitter環境をより快適にする簡単な方法の1つです。必要に応じてアカウントをブロックすると、そのアカウントは、Twitterにログインしている限り、あなたをフォローしたり、あなたのツイートを表示させたり、あなたのツイートに返信したりできなくなります。そしてミュートと同様に、ブロックはいつでも好きなときに解除できます。

非公開ツイート

Twitterで積極的に情報を発信したいものの、ツイートをすべてのユーザーに見せたくない場合があります。ツイートを非公開にすることで、リツイートや、ダイレクトメッセージを通じたツイートの共有といったTwitter機能をオフにしながら、あなたをフォローし、ツイートを見ることができるユーザーを指定できます。

ダイレクトメッセージ

Twitterを楽しみたいけれど、情報はそれほど公にしたくない場合、DMを通じて信頼の置けるTwitterユーザーの友人やグループとツイートを共有したり、最近の出来事について話し合ったりすることができます。愉快なGIF画像などを共有することもできます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。