Periscopeの利用規約とプライバシーポリシー

Periscopeでは、Periscopeが利用者から収集するデータとその活用方法について利用者が常に把握して、その両方を適切に管理することをおすすめしています。透明性確保のための継続的な取り組みの一環として、また、EUのデータ保護法に準拠して、PeriscopeではPeriscopeのプライバシーポリシーと利用規約を改定し、Twitterのものに統合しました。Periscopeでは、利用者がPerisopeと共有する情報について最適な判断ができるようにしたいと考えています。

ポリシーと利用規約の全文をお読みになることをおすすめしますが、主な改定内容は次のとおりです。

  • PeriscopeとTwitterに同じプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。
  • Periscopeを利用できるのは16歳以上の方です。
  • 利用者の個人データに対する管理機能について強調しました。
  • 危険を避け、法令を遵守し、公共の利益にかない、すべての人にとって安全で快適なPeriscopeを実現するために、利用者のデータをどのように共有しているかをわかりやすく説明しました。

この利用規約プライバシーポリシーは、2018年5月25日に有効になりました。ご質問がある場合は、プライバシーポリシーに記載されている方法でお問い合わせください。

ポリシーで強調されている管理機能を使うと、Periscopeが収集する情報とその活用方法を制限できます。また、利用者がPeriscopeアカウントを削除することもできます。個人データをPeriscopeがどのように扱うかは最終的に利用者が決定できます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。