Periscopeベータ版プログラム

Periscopeベータ版プログラムとは

BetascopeはPeriscopeベータ版テストプログラムです。

すでにプログラムに参加している方がベータ版についての具体的なフィードバックを送信する場合は、プロフィールに移動し、[フィードバックを送信] をタップします。  

  • ベータ版プログラムには、プログラムについて定められている基本原則がいくつかあり、参加者にはすでに同意いただいています。期待される事柄の例を以下に示します。
  • 本プログラムに参加することにより、参加者は試験版のモバイル端末用Periscopeアプリケーション(Periscope for Androidアプリ、Periscope for iOSアプリなど)を利用できます。
  • 非公開のまだリリースされていない商品や機能が提供されるため、参加者は秘密を厳守する必要があります。
  • 参加はボランティアであり、報酬はありません。
  • 参加者はプログラム実施中の任意の時点で参加を停止できます。また、Periscopeが任意の時点でプログラムの運営を停止することや、参加者の参加を取り消すことがあります。

利用規約

Twitter、 Inc.によって運営および提供されているPeriscopeは、主に、限られた数の利用者にモバイル端末用Periscopeアプリケーション(Periscope for AndroidアプリケーションやPeriscope for iOSアプリケーションなど)のテスト版(以下、「エクスペリメントソフトウェア」といいます)のダウンロードを許可して、かかるアプリケーションの使用についてのフィードバックやコメントをPeriscopeにオンラインフォーラムを通じて提供してもらうために、「Periscopeベータ版プログラム」を設計および開発しています。Periscopeベータ版プログラムへの参加によって、参加者は以下の利用規約(以下、「本契約」といいます)に合意したことになります。

1. サードパーティーサービス

Periscopeベータ版プログラムに参加するために、サードパーティーウェブサイトまたはサービス(AppleのTestFlight、Crashlytics、Googleグループなど)を通じたフィードバックの提供が求められることがあります。また、各ウェブサイトまたはサービスでは、追加の利用規約とプライバシーポリシーへの同意が別個に求められることがあります。Periscopeベータ版プログラムを通じてリンクされているいずれかのサードパーティーウェブサイトの使用に関連して、これらのサードパーティーウェブサイトのコンテンツのエラーや欠落、エクスペリメントソフトウェアのダウンロードのエラー、サードパーティーウェブサイトのダウンなどによるいかなる損失、損害、苦情、不利益、被害についても、Periscopeに責任がないものとします。  

2. フィードバック

Periscopeベータ版プログラムに登録することによって、参加者は以下のことが許可されます。(a)エクスペリメントソフトウェアのダウンロード、テスト、評価、および分析と(b)オンラインフォーラムによるPeriscopeへのフィードバック、分析、提案、およびコメント(不具合報告、テスト結果など)(以下、「フィードバック」と総称します)の提供。参加者がフォーラムを通じて提供したフィードバックに加えて、参加者の公開PeriscopeプロフィールおよびTwitterプロフィール情報は、Periscopeベータ版プログラムの他の参加者が閲覧およびアクセスできる場合があります。

Periscopeベータ版プログラムに参加すると、提供したすべてのフィードバックはPeriscopeの所有物となり、Periscopeがフィードバックおよびそのすべての派生物の全体または一部を既知のあらゆる方法または媒体で、いかなる追加の報酬、補償、または提供者の明示もなしに使用または利用できることに同意したことになります。参加者は、本契約を締結し、本契約に定められている権限を譲渡および承認する権限を持っていることと、本契約に基づいて提供するすべてのフィードバックは参加者が独自に作成したものであり、いかなる第三者の知的財産権も侵害しないことを表明し、保証するものとします。

3. 機密保持

機密情報。Periscopeベータ版プログラムは、Periscopeによる特定の有望な商品機能の利便性と信頼性の調査、分析、および検証(以下、「本目的」と総称します)を支援するように設計されています。Periscopeは、特定の情報(有形または無形)を、以下に定める機密情報として取り扱うことに同意した参加者に開示する場合があります。

定義。「機密情報」は、文書、デザイン、手法、仕様、商品計画、戦略情報、現在または将来のビジネスプラン、現在または将来の商品研究、パイロットテストの目的と結果、本目的に関連するその他の情報など、Periscopeによって開示されるすべての情報を意味します。前述のとおり、Periscopeは特定の未公開の実験的な商品機能や計画に関連する機密情報を開示する場合もあります。

機密情報に関する義務。参加者は、以下に同意するものとします。(a)機密情報を本目的のためだけに使用すること。(b)いかなる第三者にも機密情報を開示しないこと(未公開の実験的商品イメージの共有も含まれます)。(c)機密情報の無断使用、流布、または公表を防ぐために、自身の同様の機密情報を保護するときと同程度の、ただし合理的な程度より劣ることのない(合理的なセキュリティ対策を含めた)注意を払うこと。

救済。参加者による本契約のいかなる違反もPeriscopeに回復不能な損害を与える可能性があり、損害賠償が十分な救済とならないため、Periscopeには、コモンロー的に得られる権利と救済のほかに、そのような違反があった場合には差止命令を含む衡平法上の救済を求める権利が与えられることに同意するものとします。

4. 報酬や雇用の否定

参加者は、純粋にボランティアで、支援の手段として、Periscopeによるエクスペリメントソフトウェアのさまざまな面の使用、実装、および理解を支援するための機会という認識で、Periscopeベータ版プログラムに参加することを確認するものとします。Periscopeは、参加者のエクスペリメントソフトウェアに関するフィードバックが使用されるかどうかについて、いかなる保証も言明も行いません。参加者は、Periscopeベータ版プログラムへの参加に対してPeriscopeが報酬を提供しないことを理解し、確認するものとします。さらに、参加者は、本契約によっても、フィードバックの自発的な提出によっても、参加者とPeriscopeの間に雇用関係が生じないことを確認し、同意するものとします。

5. 期間と終了

参加者は、いつでも独自の判断で、Periscopeベータ版プログラムへの参加を中止できます。すでに送信されたフィードバックの所有権は、本契約の終了後もPeriscopeが保持します。同様に、守秘義務とPeriscopeの責任に関するさまざまな制限も継続します。

Periscopeは、いつでも独自の判断で、Periscopeベータ版プログラムの停止もしくは中止、参加者によるPeriscopeベータ版プログラムへの参加の中止、またはフィードバックの削除を行うことができます。参加者は、Periscopeによるこうしたすべての決定は最終的なものであり、Periscopeはこうした決定に関する責任を負わないことを確認し、同意するものとします。

6. 通知

本契約で他に規定されていない限り、Periscopeは任意のPeriscopeウェブサイト(pscp.tvなど)で、また、可能であれば参加者のメールアドレスに電子メールで、参加者への一般的な通知を行うことができます。

7. Periscopeの免責

参加者は、Periscopeベータ版プログラムへの参加が自身の責任において行われることに明示的に同意するものとします。Periscopeベータ版プログラムは「現状有姿」で提供され、明示か黙示かを問わず、いかなる種類の保証も行われません。Periscopeは、自身のため、およびその社員、代理人、弁護士、コンサルタント、または請負業者のために、以下を含む、いかなる保証も明示的に拒否します。(i)Periscopeベータ版プログラムの運用、Periscopeベータ版プログラム、エクスペリメントソフトウェア、Periscope、およびPeriscopeウェブサイトによって提供された、利用可能になった、またはそれらと関連性がある情報、サービス、または商品の可用性、正確性、または内容、それらを使用して取得された結果に関するあらゆる保証または何らかの表明。(ii)無違反性、商品性、特定の目的に対する適性の保証または条件。一部の州では黙示的保証の除外が許可されていないため、上記の除外が参加者に適用されない場合があります。この限定的保証によって、参加者に特定の法的権利が与えられ、他の権利も持つ場合がありますが、州によって異なります。

8. 責任の制限

いかなる場合においても、Periscope、その社員、代理人、弁護士、コンサルタント、または請負業者は、本契約の下で利益損失、取引上の損失、代替調達の費用などの結果的、特別、逸失利益、間接的、またはその他の損害に対して、契約、不法行為(過失を含む)、またはその他の原因によるかを問わず、Periscopeがそのような損害の可能性を知らされていた場合であっても、限定的な救済手段という基本目的が達成されないとしても責任を負いません。いかなる場合も、Periscope、その社員、代理人、弁護士、コンサルタント、または請負業者が本契約の下で賠償請求に対して負う責任の合計額は、10、000円を上限とします。一部の州では間接的損害または結果的損害の責任の制限または除外が許可されていないため、上記の制限または除外が参加者に適用されない場合があります。参加者は、ここで規定されている責任の制限を条件としてPeriscopeが本契約を締結したことと、同じことが両当事者間の契約の本質的な基盤であることを確認するものとします。

9. 完全合意

本規約、Twitterの利用規約コミュニティガイドライン、およびプライバシーポリシーは、本契約の主題に関する当事者の完全かつ排他的な合意事項であり、参加者とPeriscope口頭または書面での従前のいかなる通知、表明、理解、および合意よりも優先されるものとします。Periscopeは、Periscopeヘルプセンターのウェブサイトで通知を公示し、本契約の条項をいつでも修正できるものとします。こうした通知の後、Periscopeベータ版プログラムに引き続き参加している場合、修正と変更を含めた本契約に引き続き同意したものと見なされます。

 

発効日: 2015年10月23日

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。