タイムラインを埋め込む方法

埋め込みタイムラインウィジェットを使えば、ツイートを集めたもの(タイムラインと呼ばれます)をウェブサイトに埋め込むことができます。4種類の埋め込みタイムラインを利用でき、すべてtwitter.comのタイムラインと見た目や操作感が似ています。

  •  プロフィール: すべてのTwitterアカウントからの公開ツイートを表示します。
  •  いいね: 特定の利用者がいいねしたすべてのツイートを表示します。
  •  リスト: 自分が作成または保存した公開リストのツイートを表示します。 
  •  検索: カスタマイズされた検索結果をリアルタイムに表示します(ライブイベントや会議、ブランドなどに最適です)。

注記: 埋め込みタイムラインには、ツイートを公開しているアカウントのツイートのみが表示されます。Twitterの埋め込みタイムラインウィジェットは非公開ツイートには対応していません。

ウェブサイトに埋め込みタイムラインを追加するには

  1. twitter.comでアカウントにログインします。
  2. [設定] に移動し、[ウィジェット] を選択します。
  3. [新規作成] をクリックします。
  4. 埋め込みタイムラインの種類を選択し、設定を開始します。
    • [プロフィール] の場合、ツイートを表示したいアカウントのユーザー名を入力します。
    • [いいね] の場合、いいねを表示したいアカウントのユーザー名を入力します。
    • [リスト] の場合、ドロップダウンメニューから自分が作成または保存した公開リストを選択します。
    • [検索] の場合、検索クエリを入力します(高度な検索の場合、検索オプションを使用します)。
    • 不適切なコンテンツや冒涜的なコンテンツなどを排除するには、セーフサーチを選択します。
  5. ウェブサイトに合った高さテーマ(明るいか暗いか)、リンクの色を指定して、デザインをカスタマイズします。メディアが含まれるツイートでメディアを自動的に表示するように埋め込みタイムラインを設定することもできます。
  6. [ウィジェットを作成] をクリックし、コードを自分のウェブサイトのHTMLにコピー&ペーストします。これで完了です。

注記: Twitterの埋め込みタイムラインを使用した場合、開発者向けルールに同意したものとみなされます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。