goglobalwithtwitterbanner

TwitterのBirdwatchについて

Twitterは現在、誤解を招く情報が含まれていると思われるツイートに対して、文脈をはっきりとさせるメモを追加するオプションをテストしています。この段階では、ツイートに追加されたメモは直接ツイートには表示されませんが、米国のユーザーはBirdwatchのウェブサイトで閲覧できます。 

誤解を招く情報に対処するために、コミュニティ主導のアプローチをとることにより、人々により良い情報を提供できると信じています。Twitter上では、公式ではないもののこのような対応がすでに行われています。Twitterのユーザーは、誤解を招く情報を特定し、ツイート、返信、引用ツイートを用いて反応することがよくあります。ユーザーは、誤解を招く情報を特定することのほかに、誤解を招くツイートに対して、より多くの背景情報や信頼できる情報を定期的に提供することもあります。 

Birdwatchは、Twitterを使う誰もが、より良い情報を得るために新しい手段を構築する第一歩です。

この機能の詳細については、Birdwatchガイドをご覧ください。

今回の試験運用参加者用情報

ツイートにメモを追加する方法

  1. メモを追加したいツイートから、  アイコンをクリックします。
  2. メニューから [Birdwatchに投稿] を選びます。
  3. メモを作成する前に、Birdwatchの価値に関するリマインダが表示されます。それを読んで確認するよう求められ、[Continue] (次へ)をクリックまたはタップします。 
  4. 画面の指示に従って質問に答え、メモを追加します。
  5. 完了したら [送信] をクリックまたはタップします。

注記: ツイートに投稿したメモはいつでも削除できます。

試験運用に参加している時にできる、その他の操作

  • メモの有用性を評価し、気づいたことをフィードバックするために、追加の質問に回答することができます。 
  • ツイートにメモがある場合、Birdwatchアイコン  が表示され、Birdwatchのウェブサイトに移動します。
     

米国のユーザーがメモを表示するには

米国のユーザーは、誰もがBirdwatchのウェブサイトを訪れ、ツイートに追加されたメモを閲覧することができます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する