ミュートの詳細設定オプションを使用する方法

キーワードやハッシュタグのミュート設定

 

ツイートに見たくない内容が含まれていたときのために、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含むツイートをミュートする設定があります。ミュート設定を行うと、そのようなツイートが [通知] タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知、ホームタイムライン、ツイートへの返信に表示されなくなります。

 

注記: キーワードやハッシュタグのミュートは通知とホームタイムラインにだけ適用されます。検索ではそれらを含むツイートが引き続き表示されます。キーワードやハッシュタグのミュートの通知は、自分宛ての返信や@ツイートに対する反応(いいね、リツイート、返信、引用ツイートなど)にも適用されます。 

フォロー中のアカウントがツイートしたときにモバイル端末で通知を受け取るように設定している場合、キーワードやハッシュタグのミュートはその通知に適用されません。ミュートしたキーワードやハッシュタグがツイートに含まれていた場合でも、そのアカウントからのモバイル通知が送られます。

単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグのミュートの概要
 

  1. ミュートするキーワードには大文字小文字の区別はありません。例えば、
    • ミュートリストに「CATS」を追加すると、「cats」というキーワードを含むものも通知されなくなります。
  2. 句読点の入った単語やフレーズをミュートすることもできます。単語やフレーズの末尾に句読点を付ける必要はありません。
  3. キーワードをミュートすると、そのキーワード自体とそのキーワードのハッシュタグの両方がミュートされます。以下に具体例を示します。
    • ミュートするキーワードに「ユニコーン」を追加すると、「ユニコーン」と「#ユニコーン」の両方の通知がミュートされます。
  4. 特定のアカウント宛ての@ツイートの通知、ホームタイムラインの@ツイート、@ツイートへの返信をミュートするには、そのユーザー名の前に@記号を付けます。この場合にミュートされるのはそのアカウント宛ての@ツイートの通知であり、そのアカウント自体はミュートされません。 
  5. ツイートの文字数制限と同じ長さまでの単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグをミュートできます。
  6. このミュート機能はTwitterでサポートされている言語すべてに対応しています。
  7. ミュートする期間は初期設定では [再度オンにするまで] になっています。サポートされている端末でミュートする期間を調整する方法は以下をご覧ください。
  8. Twitterの設定で、ミュートしているキーワードの一覧を表示したり、ミュートを解除したりできます。
  9. ミュートしたキーワードやハッシュタグを含む内容は、TwitterからのメールやTwitterでのおすすめ一覧には載りません。

注記: ミュートリストにキーワードを追加し、通知のみをミュートしていた場合、[通知] のみ、[すべてのアカウント][再度オンにするまで] が初期設定でオンになります。既存のミュート設定はいつでも編集できます。手順については、以下をご覧ください。

キーワードやハッシュタグをミュートする方法
ステップ 1

[通知] タブ に移動します。

ステップ 2

設定アイコン  をタップします。

ステップ 3

[ミュート中] をタップした後、[ミュートするキーワード] をタップします。

ステップ 4

[追加する] をタップします。

ステップ 5

ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。

ステップ 6

[ホームタイムライン][通知] のいずれか、または両方をオンにします。

ステップ 7

[すべてのアカウント] または [フォローしていないアカウント] を選択します([通知] をオンにした場合のみ)。

ステップ 8

[期間] をタップして [再度オンにするまで][24時間][7日][30日] のいずれかを選びます。

ステップ 9

[保存] をタップします。

ステップ 10

入力したそれぞれのキーワードやハッシュタグの横にミュート期間が表示されます。

ステップ 11

[完了] をタップします。

ステップ 1

[通知] タブ に移動します。

ステップ 2

設定アイコン をタップします。

ステップ 3

[ミュートするキーワード] をタップします。

ステップ 4

プラスアイコン をタップします。

ステップ 5

ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。

ステップ 6

[ホームタイムライン][通知] のいずれか、または両方をオンにします。

ステップ 7

[すべてのアカウント] または [フォローしていないアカウント] を選択します([通知] をオンにする場合のみ、[通知] をタップして調整します)。

ステップ 8

[期間] をタップして [再度オンにするまで][24時間][7日][30日] のいずれかを選びます。

ステップ 9

[保存] をタップします。

ステップ 10

入力したそれぞれのキーワードやハッシュタグの横にミュートアイコン とミュート期間が表示されます。

ステップ 1

サイドナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックして [設定とプライバシー] をクリックします。

ステップ 2

[プライバシーとセキュリティ] タブをクリックして [ミュートとブロック] をクリックします。

ステップ 3

[ミュートするキーワード] をクリックします。

ステップ 4

プラスアイコンをクリックします。

ステップ 5

ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。

ステップ 6

ホームタイムラインから単語やフレーズをミュートする場合は [ホームタイムライン] を選択します。

ステップ 7

通知から単語やフレーズをミュートする場合は [通知] を選択します。

ステップ 8

[すべてのアカウント] または [フォローしていないアカウント] のいずれかを指定します。

ステップ 9

[ミュート期間] [再度オンにするまで][24時間][7日][30日] のいずれかを選びます。

ステップ 10

[保存] をクリックします。

ミュートするキーワードやハッシュタグを編集またはミュート解除する方法
ステップ 1

[通知] タブ  に移動します。

ステップ 2

設定アイコン  をタップします。

ステップ 3

[ミュート中] をタップした後、[ミュートするキーワード] をタップします。

ステップ 4

編集またはミュート解除するキーワードやハッシュタグをタップします。

ステップ 5

[ミュート対象] または [ミュート期間] の選択内容を変更して [保存] をタップします。

ステップ 6

キーワードのミュートを解除するには、[キーワードを削除] をタップし、さらに[キーワードを削除] をタップして確定します。

ステップ 7

[完了] をタップします。

ステップ 1

[通知] タブ に移動します。

ステップ 2

設定アイコン をタップします。

ステップ 3

[ミュートするキーワード] をタップします。

ステップ 4

編集またはミュート解除するキーワードやハッシュタグをタップします。

ステップ 5

[ミュート対象] または [ミュート期間を延長](設定によっては [ミュート期間を変更] )の選択内容を変更して [保存] をタップします。

ステップ 6

キーワードやハッシュタグのミュートを解除するには、[キーワードを削除] をタップし、[はい] をタップして確定します。

ステップ 1

サイドナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックして [設定とプライバシー] をクリックします。

ステップ 2

 [プライバシーとセキュリティ] タブをクリックして [ミュートとブロック] をクリックします。

ステップ 3

[ミュートするキーワード] をクリックします。

ステップ 4

編集またはミュート解除するキーワードやハッシュタグをクリックします。 

ステップ 5

[ミュート対象] または [ミュート期間を延長](設定によっては [ミュート期間を変更] )の選択内容を変更して [保存] をクリックします。

ステップ 6

キーワードやハッシュタグのミュートを解除するには、ミュートボタン  をクリックします。

 

会話の通知のミュート

 

特定の会話(ツイートへの返信)の通知を受け取りたくない場合は、その会話の通知をミュートできます。会話をミュートすると、その会話の新しい通知が届かなくなります。ただし、その会話へのツイートは引き続きタイムラインや元のツイートの下に表示されます。 

twitter.com、Twitter for iOSアプリ、またはTwitter for Androidアプリで会話をミュートするには:
 

  1. ミュートする会話に含まれるツイートまたは返信の詳細に移動します。
  2. [もっと見る]  アイコン をクリックまたはタップします。
  3. [この会話をミュート] をクリックまたはタップします。
  4. クリックまたはタップして確定します。

注記: アカウントのミュートについてはこちらをご覧ください。ダイレクトメッセージの会話の通知のミュートについてはこちらをご覧ください。

この記事を共有する