goglobalwithtwitterbanner

ミュートの詳細設定について

 

キーワードやハッシュタグをミュート(非表示)する方法

ツイート内に見たくない内容がある場合は、「ミュート」という機能でそのツイートを非表示にすることができます。特定のキーワードやフレーズ、ユーザー名、絵文字、またはハッシュタグを含むツイートをミュートすることで、そのツイートは [通知] タブ、プッシュ通知、SMS、メール通知、ホームタイムライン、およびツイートへの返信に表示されなくなります。

キーワードやハッシュタグのミュートは、通知とホームタイムラインでのみ有効です。Twitter検索では引き続き表示されます。ミュートした文字を含む返信や@ツイート(特定のユーザー名をツイート内で使うこと)、さらにこれらのツイートに対するすべての反応(いいね、リツイート、返信など)は、通知も表示もされなくなります。たとえば、「パーティー」をミュートした場合、「明日の@xxxxさんのパーティー楽しみです」というツイート、それに対するリツイート、返信、@ツイート、引用ツイート、いいねなどが通知されなくなり、[通知] タブやタイムラインにも表示されません。@ツイートや返信については、「ツイートの種類について」をお読みください。

注記: 携帯電話でTwitterを使っていて、フォローしているアカウントからのツイートの通知を受け取るよう設定している場合は、ミュートしたキーワードやハッシュタグがツイートに含まれていてもモバイル通知を受け取ります。

知っておきたいミュートのポイント

  • 文字の大文字と小文字は区別されません。たとえば 「CAT」をミュートすると、「CAT」だけでなく、「cat」も含むすべてのツイートが通知からミュートされます。
  • 指定する文字列に句読点を追加することもできますが、それらの文字の最後に句読点を付ける必要はありません。
  • あるキーワードをミュートすると、そのキーワードとハッシュタグの両方がミュートされます。たとえば「ユニコーン」をミュートした場合、「ユニコーン」と「#ユニコーン」がともにミュートされます。
  • 特定のアカウント名を含む通知、ツイート、返信をミュートしたい場合は、@マークの付いたユーザー名をキーワードとして指定します。これにより、そのアカウントあての@ツイートはミュートされますが、アカウント自体はミュートされません。
  • ミュートする文字の文字数制限は、ツイートと同じ140文字です。
  • Twitterで使用できる全言語でミュート機能を利用できます。
  • ミュート期間は初期設定で [再度オンにするまで] に設定されています。ミュート期間を調整する方法については、以下で説明している機器別の手順をご確認ください。
  • [設定] から、これまでミュートしたキーワードを確認したり、ミュートを解除したりできます。
  • ミュートしたキーワードやハッシュタグを含む内容は、Twitterからのメールやおすすめで紹介されることはありません。
  • ミュートの対象として、ホームタイムライン、通知、すべてのアカウント、フォローしていないアカウントなどを選ぶことができます。
  • ミュートの対象を選ぶ機能ができる前にキーワードをミュートしていた場合、特に変更しない限りは [通知] のみ、[すべてのアカウント]、[再度オンにするまで] に設定されています。この設定はいつでも編集できます。詳細については、以下の手順をご覧ください。
手順を表示:

キーワードやハッシュタグをミュートするには

iOSの場合

  1. [通知] タブに移動します。
  2. 設定アイコンをタップします。
  3. [ミュート中]、[ミュートするキーワード] の順にタップします。
  4. [追加する] をタップします。
  5. ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。
  6. [ホームタイムライン] と [通知] のいずれか、または両方をオンにします。
  7. [すべてのアカウント] または [フォローしていないアカウント] を選択します([通知] をオンにする場合)。
  8. [期間] をタップして [再度オンにするまで]、[24時間]、[7日]、[30日] のいずれかを選択します。
  9.  [保存] をタップします。
  10. 入力したそれぞれのキーワードやハッシュタグの横にミュート期間が表示されます。
  11. [完了] をタップします。

キーワードやハッシュタグをミュートするには

Androidの場合

  1. [通知] タブに移動します。
  2. 設定アイコンをタップします。
  3. [ミュートするキーワード] をタップします。
  4. +アイコンをタップします。
  5. ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。
  6. [ホームタイムライン] と [通知] のいずれか、または両方をオンにします。
  7. 通知をミュートする場合は、[通知] をタップして [すべてのアカウント] または [フォローしていないアカウント] を選択します。
  8. [期間] をタップして [再度オンにするまで]、[24時間]、[7日]、[30日] のいずれかを選びます。
  9. [保存] をタップします。

入力したそれぞれのキーワードやハッシュタグの横にミュートアイコンとミュート期間が表示されます。

キーワードやハッシュタグをミュートするには

ウェブブラウザの場合
 
  1. ウェブサイト左側にあるナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックし、 [設定とプライバシー] をクリックします。
  2. [プライバシーとセキュリティ] タブをクリックし、 [ミュートとブロック] をクリックします。
  3. [ミュートするキーワード] をクリックします。
  4. +アイコンをクリックします。
  5. ミュートするキーワードやハッシュタグを入力します。一度に追加できるのは1つだけです。
  6. ホームタイムラインからミュートしたい場合は [ホームタイムライン] を選択します。
  7. 通知からミュートしたい場合は [通知] を選択します。
  8. [すべてのアカウント] と [フォローしていないアカウント] から、いずれかを指定します。
  9. [ミュート期間] で [再度オンにするまで]、[24時間]、[7日]、[30日] のいずれかを選択します。
  10. [保存] をクリックします。
手順を表示:

ミュートの設定を編集およびミュート解除するには

iOSの場合

  1. [通知] タブに移動します。
  2. 設定アイコンをタップします。
  3. [ミュート中]、 [ミュートするキーワード] の順にタップします。
  4. 編集またはミュート解除したいキーワードやハッシュタグをタップします。
  5. [ミュート対象] または [ミュート期間] の選択内容を変更して [保存] をタップします。
  6. キーワードのミュートを解除するには、[キーワードを削除] をタップし、表示された確認画面でさらに [キーワードを削除] をタップして確定します。
  7. [完了] をタップします。

ミュートの設定を編集およびミュート解除するには

Androidの場合

  1. [通知] タブに移動します。
  2. 設定アイコンをタップします。
  3. [ミュートするキーワード] をタップします。
  4. 編集またはミュート解除したいキーワードやハッシュタグをタップします。
  5. [ミュート対象] または [ミュート期間を延長] ([ミュート期間を変更] と表示される場合もあります)の内容を変更して [保存] をタップします。
  6. キーワードやハッシュタグのミュートを解除するには、[キーワードを削除] をタップし、表示された確認画面で [はい] をタップして確定します。

ウェブブラウザの場合

ウェブブラウザの場合

  1. ウェブサイト左側にあるナビゲーションメニューの [もっと見る] をクリックし、 [設定とプライバシー] をクリックします。
  2. [プライバシーとセキュリティ] タブをクリックし、[ミュートとブロック] をクリックします。
  3. [ミュートするキーワード] をクリックします。
  4. 編集またはミュート解除したいキーワードやハッシュタグをクリックします。
  5. [ミュート対象] または [ミュート期間を延長]([ミュート期間を変更] という表示の場合もあります)の選択内容を変更して [保存] をクリックします。
  6. ミュートを解除するには、「ミュートするキーワード」一覧ページで、ミュートしたいキーワードの右にあるミュートボタンをクリックします。

会話の通知をミュートするには

 

特定の会話の通知を受け取りたくない場合もミュートすることができます。会話をミュートすると、その会話に関する新しい通知が届かなくなります。ただし、その会話へのツイートは、タイムライン内や元のツイートをクリックしたときに表示されます

会話をミュートするには

  1. ミュートする会話に含まれるツイートまたは返信の詳細に移動します。
  2. ツイートの右上に表示された [もっと見る] または3つの点のアイコンをクリックまたはタップします。
  3. [この会話をミュート] をクリックまたはタップします。
  4. 確認画面でクリックまたはタップして確定します。

注記: アカウントのミュートについてはこちら、ダイレクトメッセージの会話の通知のミュートについてはこちらをお読みください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する