Twitter APIのWeb活用 — 広告情報とプライバシー

Twitter APIのWeb活用とは

「Twitter APIのWeb活用」は、ウェブサイト公開者がTwitterのコンテンツをウェブサイトに組み込めるようにする機能をまとめたものです。これらの機能には、埋め込みツイート、埋め込みタイムライン、ツイートボタン、フォローボタンがあります。

Twitter APIのWeb活用でTwitterはどのような情報を収集して利用するのですか?

Twitter APIのWeb活用を使用している他のウェブサイトに組み込まれたTwitterコンテンツまたはTwitter商品を利用者が閲覧すると、利用者のアクセスページ、IPアドレス、ブラウザの種類、オペレーティングシステム、Cookie情報などの情報をTwitterが受け取ることがあります。この情報はおすすめのカスタマイズ広告のカスタマイズなどのTwitter商品とサービスの向上に役立てられます。Twitterが受け取る情報とその使用方法の詳細については、プライバシーポリシーCookieの使用のページをご覧ください。

利用者のプライバシー設定にはどのようなものがありますか?

利用者のプライバシー保護のため、利用者の名前、メールアドレス、電話番号、Twitterユーザー名と、Twitter APIのWeb活用で収集されたウェブサイト閲覧履歴をTwitterが関連付けることはありません。またプライバシーポリシーに記載されているように、Twitterは履歴を30日以内に削除、難読化、または統合します。以下のように閲覧履歴の収集が拒否されているウェブサイトや、「.mil」、「.gov」などの特定のドメインのウェブサイト閲覧履歴は保存しません。利用者および利用者がアクセスするウェブサイトの公開者は、Twitterがこのデータを保存するかどうか、またどのように使用するかについて設定できます。

利用者のプライバシーのオプション

注記: Twitterアカウントのウェブ設定を確認または変更する場合は、ログインしていることを確認してください。ログアウトしたままウェブブラウザでTwitterの設定を変更すると、Twitterにログインしていない間のそのブラウザでの動作のみが変更されます。Twitterモバイルアプリなどでのカスタマイズとデータ設定の利用方法については、こちらをご覧ください。

  • Twitterコンテンツを閲覧したその他のウェブサイトの情報をTwitterが保存するかどうかについては、[カスタマイズとデータ] 設定の [Twitterコンテンツを閲覧したウェブの場所を追跡] 設定を変更してください。この設定をオフにした場合、または欧州経済地域もしくはスイスの利用者に対して、以後Twitterはサービス向上のためのこれらのウェブサイトアクセス情報の保存または使用を停止します。Twitterがそれまでに利用者のウェブサイト閲覧履歴を保存していた場合、利用者に表示するコンテンツは、その履歴に基づく情報に応じてカスタマイズされることがあります。
  • TwitterによるTwitter内外での興味関心に基づいた広告表示を希望しない場合は、いくつかの方法でこの機能をオフにできます。
    • Twitterの設定で [カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[広告をカスタマイズ] 設定を変更します。
    • twitter.comを利用している場合、ブラウザでoptout.aboutads.infoを開き、Digital Advertising Allianceによる消費者選択ツールを使って、Twitterからの興味関心に基づいた広告配信を停止します。
    • モバイル端末の場合、iOS端末では設定の [追跡型広告を制限] を、Android端末では設定の [広告のパーソナライズをオプトアウトする] をオンにします。
  • 複数の端末におけるカスタマイズを変更するには、[カスタマイズとデータ] 設定に移動して、[すべての端末間でカスタマイズ] 設定を変更します。この設定により、Twitterへのログインに使用していないブラウザまたは端末とのアカウントの関連付け(ログアウトしている場合は使用しているブラウザまたは端末と他のブラウザまたは端末との関連付け)をTwitterに許可するかどうかを指定できます。 

ウェブサイト公開者のオプション

上記の利用者のオプションに加えて、ウェブサイトに組み込んだTwitter APIのWeb活用によるTwitterのデータ収集について、ウェブサイト公開者が決められるオプションがあります。詳細はこちらをご覧ください。