goglobalwithtwitterbanner

個人情報を保護する方法

共有する情報をTwitterの設定で管理する

個人情報を保護するには、設定について理解し、設定をコントロールすることが重要です。アカウントを安全な状態に保つための手順を説明する記事を以下に紹介します。 

ツイートの内容を考慮する

Twitterを始め、あらゆるウェブサイトで自分が共有する情報の量は、自分で制御できます。公開すべきでないと思われる情報は投稿せず、自分の現在地を公開したくなっても、慎重に考えてください。

コミュニケーションの中で、あなたが公開していない連絡先情報、個人情報、パスワードを尋ねられた場合は注意してください。少しでも確信が持てない場合は、ツイートする前に、以下の質問について考えてみてください。

  • この情報は誰が見ている?
  • 自分が今どのような情報をどれくらい公開しようとしている?
  • 自分が公開しようとしている情報は何人の利用者に見られる?
  • 自分のTwitterアカウントの情報を見ている人全員を信じられる?

プライベートの定義と、共有が許可される範囲は、人によって異なります。自分が公開されたくない情報が友達や知り合いによって投稿されている場合は、その人に連絡してコンテンツの削除を依頼してください。同様に、自分以外の人を尊重してください。自分が他者について投稿した情報の削除をその人から依頼された場合は、要求を尊重してください。ツイートを削除する方法については、こちらのサポート記事をご覧ください。

違反の報告

他者によって公開された自分の個人情報(例: 公開していない電話番号、自宅の住所、クレジットカード情報)を削除したい場合は、個人情報の投稿に関するTwitterのポリシーをご覧ください。当該アカウントがTwitterのポリシーに違反している場合はご報告ください。Twitterが調査を実施します。報告対象のアカウントに違反行為が認められた場合、情報が削除されるまで、Twitterによって当該アカウントが一時的に凍結されます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。