自分のツイートが他のアカウントに表示されないケースについて

Twitterでは、Twitterルールに違反しない限り、自由な自己表現が認められています。非公開に設定されていないツイートは、すべてのTwitterアカウントが見ることができます。

個人の考え方や意見だけに基づく判断で、Twitterが利用者のコンテンツをブロックしたり、制限したり、削除したりすることはありません。ただし、次の条件が満たされた場合には、ツイートが一部のアカウントに公開されなくなることがあります。

  1.  攻撃的な行為やスパム行為。攻撃的な行為が報告または検知された場合、その人物のツイートの公開範囲を限定する措置を講じることがあります。措置の内容については、こちらをご覧ください。一時的または永久的にアカウントを凍結したり、アカウントの機能を制限したりします。
  2.  表示されるツイートを限定する機能。表示されるツイートやTwitterで交流する相手を管理できるように、ミュート、ブロック、クオリティフィルターなどの機能が用意されています。あなたをブロックまたはミュートしているアカウントには、あなたのツイートが表示されません。このような機能の詳細については、こちらをご覧ください。
  3.  安全機能の試験運用。ホームタイムライン、会話、検索などのTwitterの機能は、快適にご利用いただけるように常に改良が加えられています。Twitterでの攻撃的な行為を制限し、排除するために、さまざまな方法をテストしているため、一部のツイートの公開範囲が限定される場合があります。各アカウントにとって最も関心のあるコンテンツを表示させる方法については、こちらをご覧ください。
  4.  法的な問題。適用法令に違反しているツイートは、公開範囲が限定される場合があります。 
  5.  技術面の制約。技術的な容量の限界から、1つのツイートへの返信の数があまりにも多い場合、一部の返信が表示されなくなります。技術的な問題が発生した場合、@TwitterSupportでお知らせしています。詳細はこちらをご覧ください。

ツイートの公開範囲が制限される状況の例については、ヘルプセンターのこちらのページをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。