なりすましアカウントを報告するには

 

なりすまし違反を報告するには

あなたやあなたのブランドを詐称していると思われるアカウントがある場合、あなたか、またはあなたの正式な代理人がこちらのTwitterヘルプセンターから報告することができます。 

他者のアイデンティティを不正使用していると思われるアカウントがある場合、第三者として、そのアカウントのプロフィールからその旨を直接報告することができます。

Twitterでのなりすましを報告する際にTwitterアカウントは必要ありません。

 


有効な報告を受け付けた場合のTwitterの対応

Twitterは、なりすましに関する報告を受け付けた場合、報告対象のアカウントを調査し、Twitterルールに違反しているかどうかを判断します。報告対象のアカウントが、誤解を招くアイデンティティや虚偽のアイデンティティに関するポリシーに違反しているか、またはパロディやコメンタリー(解説)、ファンアカウントに関するポリシーに準拠していないと判断した場合、そのアカウントを凍結するか、修正してポリシー違反を解消するよう依頼します。

なりすましアカウントの報告は、アカウントの認証とは異なるものです。認証済みアカウントについては、こちらをご覧ください。

 


特定のユーザー名の使用申請について 
 

Twitterでは、運営の痕跡がないユーザー名や凍結中のユーザー名の使用に対する個別の申請には、基本的に応じていません。 

 


自分のメールアドレスが他者に使われている場合

新規アカウントを作るときに、メールアドレスや電話番号が既に使用されているというメッセージが表示された場合は、こちらのサポート記事で、メールアドレスが既に使われている原因とその問題の解決方法を確認してください。

 


企業のなりすましアカウントがある場合や、商標登録されているブランドが不正使用されている場合

企業や事業の商標やブランドを不正使用しているアカウントを報告する場合、商標に関するポリシーに沿って報告を作成してください。「商標に関するポリシー」のページでは、Twitterが報告に対応するために必要となる情報の詳細を記載しています。必ずご確認ください。

この記事を共有する