Google検索での表示に関するヘルプ

GoogleではTwitterの検索順位が高くなっているため、プロフィールがGoogle検索で表示される可能性があります。プロフィールや公開ツイートで投稿した用語がGoogleなどの検索エンジンでインデックス(検索エンジンに登録)され、プロフィールやツイートが検索結果に表示されることもあるのでご注意ください。

特定の情報がサードパーティーの検索結果に表示されないようにするには、下記のうち可能な方法をお試しください。

注記: Googleなどのサードパーティーの検索エンジンでは、公開ツイートやプロフィールの内容、ツイートやプロフィールへのリンクが含まれるブログやその他のウェブサイトなど、多数の要素から検索結果が生成されています。Twitterでは、サードパーティーの検索エンジンでの検索結果には対処できません。

すでにツイートを削除または非公開にしたにもかかわらず、Googleの検索結果に表示される

非公開ツイート

  • ツイートを非公開に設定する前に投稿した公開ツイートが、Googleの検索エンジンのインデックスに残っている場合があります。アカウント設定を変更してツイートを非公開にすると、それ以降に投稿したツイートが非公開になります。後でアカウント設定を変更してツイートを公開にした場合は、以前非公開だったツイートが公開され、サードパーティーの検索エンジンでインデックスされる可能性があります。

削除したツイート

  • ツイートを削除しても、検索結果はGoogleなどの検索エンジンにキャッシュされているため、古い情報が検索対象になったままであることがあります。Twitterの設定変更はすぐに反映されてツイートがすぐに削除されますが、Googleの検索インデックスに残っている古い情報は自動的には削除されません。
  • Google検索で表示される古いリンクをクリックすると、「このページは存在しません。」というエラーページに移動します。Googleなどの検索エンジンでは、検索インデックスに最新情報が反映されていないことがあるため、古いリンクが表示されたままになります。
  • Google側で最新情報が反映され、現在の状態がインデックスされるまでは、削除または非公開にする前に投稿したプロフィールやツイートのリンクがウェブ上に残されたままになります。

Googleに情報の削除をリクエストする方法とタイミング

Twitter側で更新された情報はいずれGoogleのインデックスにも反映されますが、もっと早く反映するようにGoogleに依頼するには、次の手順を行ってください。

  1. Googleのインデックスからの削除を依頼するTwitterリンクをコピーします(例: twitter.com/#!/[username]/status/12345678)。
  2. Googleの「古いコンテンツの削除」ページを開きます。
  3. 削除するTwitterリンクを貼り付けます。
  4. 削除リクエストを送信します。

注記: 上記の手順を行うには、Googleアカウントへのログインが必要となる場合があります。アカウントをお持ちでない場合は作る必要があります。Googleの検索インデックスから自分のコンテンツを削除する方法については、こちらをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。