goglobalwithtwitterbanner

Twitterでの年齢確認について

年齢確認とは

年齢確認は、関連する業界のガイドラインや法的なガイドラインに沿って、フォロワーが最小年齢制限を満たしているかどうかをオンラインで確認する手段です。広告主などにとってはTwitter広告を利用するに当たり、未成年向けではないコンテンツ(アルコールの広告など)を提供しやすくなります。

Twitterでの年齢確認の仕組みを教えてください。

Twitterでは、新しいTwitterフォロワーにそのアカウントのフォローを許可する前に生年月日の入力を求めるブランド向けソリューションを開発しました。プロフィールページですでに生年月日を入力している場合、それが検出されれば、そのアカウントをすぐにフォローできます。プロフィールページにまだ生年月日を入力していない場合、プロフィールページ設定で生年月日を入力するように求められます。 

これはフォロワーが最小年齢制限を満たしているかどうかをブランドが確認しやすくする機能ですが、それ以外の理由でフォローをブロックされたアカウントを簡単かつ安全にフォローするための方法も提供しています。プロフィールの情報で生年月日が一般に表示されるように設定していない限り、このソリューションを使うTwitter広告主が直接、あなたの生年月日または年齢を確認することはありません。ただし、指定の閾値を上回った年齢を入力したときはわかります。この機能は無料で、一部の広告パートナーが利用できます。

年齢確認は適用ガイドラインとベストプラクティスに準拠していますか?

年齢確認と年齢ターゲティングに関する特定の業界ガイドラインの順守についてはブランドが責任を負うものとします。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。