利用規約とプライバシーポリシーの改定

Twitterでは、Twitterが利用者から収集するデータとその活用方法について利用者が常に把握して、その両方を適切に管理することをおすすめしています。透明性確保のための継続的な取り組みの一環として、また、来月施行されるデータ保護に関する新しい法律に備え、Twitterでは、利用者がTwitterと共有する情報について最適な判断ができるように利用規約プライバシーポリシーを改定します。

この改定は2018年5月25日に発効します。この日以降にTwitterのサービスをお使いになると、今回の改定内容に同意されたものと見なされます。利用規約とポリシーの全文をお読みになることをおすすめしますが、プライバシーポリシーの主な改定内容は次のとおりです。

  • 利用者の個人データに対する管理機能について強調しました。
  • 利用者が公開したデータをTwitterが開発者向けツールなどを通じて幅広く瞬時に共有していることを強調しました。
  • Twitterが利用者のデータをビジネスパートナーと共有する際の透明性と管理について詳しく説明しました。
  • 危険を避け、法令を遵守し、公共の利益にかない、すべての人にとって安全で快適なTwitterを実現するために、利用者のデータをどのように共有しているかをわかりやすく説明しました。

また、利用規約を改定して、TwitterとPeriscopeの規約を1つにまとめ、これらのサービスで利用者が共有するコンテンツに対する権利は利用者にあることを明記しました。

改定後のポリシーで強調している管理機能を使うと、Twitterが収集する情報とその活用方法を制限できることをご理解ください。また、利用者がTwitterアカウントを削除することもできます。個人データをTwitterがどのように扱うかは最終的に利用者が決定できます。疑問点がありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

 

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。