Twitterでのプロフィールのラベルについて

Twitterでは、異なる種類のアカウントについて、その背景情報を提供したりアカウントを区別できるように、アカウントのプロフィールにラベルやバッジといった、アイデンティティを示すマークを適用しています。一部のラベルはTwitterによって適用されますが、ユーザーによって適用されるものもあります。ここでは、アカウントのプロフィールによく表示されるバッジやラベルについて簡単にわかりやすくご説明します。

ユーザー自身が適用するプロフィールラベル

Proカテゴリーに関するラベル

Proカテゴリーに関するラベルは、Twitterを利用しているユーザーが、Proアカウントに移行した場合に、そのユーザーによって選択されますTwitterでは、これらのラベルの選択については管理しておらず、ユーザーはProカテゴリーのラベルをいつでも変更できます。 

「コーヒーショップ」というラベルがついたProアカウントのプロフィールの例

Twitterが適用するプロフィールラベル

認証バッジ

Twitterのブルーの認証済みバッジは、著名人のアカウントなど、世間の興味関心を集めるアカウントが本物であることを示します。認証済みバッジについて詳しくは、こちらをご確認ください。 

ブルーの認証済みバッジが付いた著名人のアカウントプロフィールの例

国家当局関係報道機関よび政府アカウントラベル

国家当局関係アカウントのプロフィールについているラベルでは、特定の政府の公式代表者、国家当局関係報道機関、それらの機関と密接な関係のある個人によって管理されているアカウントについての背景情報がわかります。

「ロシア国家当局関係メディア」というラベルがついた組織アカウントのプロフィールの例
「米国政府組織」というラベルがついた政府組織アカウントのプロフィールの例

ラベルは、関連するTwitterアカウントのプロフィールと、それらのアカウントによって投稿または共有されたツイートに表示されます。これらのラベルには、アカウントか帰属する国と、そのアカウントを管理しているのが政府の代表者なのか、国家当局関係報道機関なのかについての情報も含まれます。また、小さな旗のアイコンも追加され、そのアカウントが政府または国家当局関係報道機関のものであることが示されます。政府および国家当局関係報道機関のアカウントのラベルについて詳しくは、こちらをご確認ください。

選挙ラベル

選挙ラベルには、特定の選挙での特定の政治家候補者のTwitterアカウントに関する追加情報が含まれます。このラベルは、候補者のTwitterアカウントのプロフィールと、候補者のアカウントが投稿またはリツイートしたツイートに表示されます。ラベルには、候補者が立候補している公職、公職が所在する州、地区番号(該当する場合)についての情報が含まれます。選挙ラベルについて詳しくは、こちらをご確認ください。 

「米国下院議員候補、NH-2」というラベルが付いた候補者アカウントのプロフィールの例

自動アカウントラベル

自動ラベルにより、アカウントがボットかどうかを特定できるようになり、透明性がもたらされます。アカウントに自動アカウントラベルが表示されている場合、そのアカウントは人間が操作していないことが分かります。現在テスト中の自動アカウントラベルは、プロフィールの名前とユーザー名の下に表示されます。自動アカウントラベルについて詳しくは、こちらをご確認ください。

「@sweetsuzzieさんによる自動アカウント」というラベルが付いた天気予報アカウントのプロフィールの例

この記事を共有する