パロディ、コメンタリー、ファンアカウントに関するポリシー

概要 


他のTwitter利用者の快適性を損なうような形で、個人、グループ、組織になりすましたり、捏造されたアイデンティティを使用したりする行為は禁止されています。

Twitterは多種多様なアイデアとコンテンツを発信/受信できるプラットフォームであり、表現の自由の権利に最大限の価値を置くとともに、これを尊重しています。Twitter利用者の自己表現の方法の1つとして、パロディ、コメンタリー、ファンアカウントの作成があります。このようなアカウントは、情熱を注いでいるトピックについて話をするための重要な手段の1つであり、アカウントのアイデンティティが他の利用者に対する詐称でない場合は、会話を豊かにするものであると考えます。作成するアカウントが以下の要件に従っている場合には、Twitterでパロディ、コメンタリー、ファンアカウントを作成することができます。

 

パロディ、コメンタリー、ファンアカウントとは何ですか?

このポリシーにおいて、パロディ、コメンタリー、ファンアカウントとは、プロフィールに別の人物、グループ、組織を表示して、その対象に関する議論、風刺、情報共有を行うアカウントです。これらのアカウントでは、本人以外のアイデンティティの要素が使用される場合がありますが、同時に、そのアカウントがプロフィールで取り上げられている対象に帰属するものではないことがプロフィールの言葉で示されます。一般にニュースフィードアカウントやロールプレイアカウントとして知られている、特定の対象に関する最新情報を提供するアカウントもこの分類に含まれることがあります。 

 

このポリシーで求められるのはどのようなことですか?

パロディ、コメンタリー、ファンアカウントでは、アカウントの帰属について他の利用者の混乱を招かないように、アカウント名とプロフィールの両方で明示する必要があります。

 

アカウント名

アカウント名では、そのアカウントがプロフィールで表現されている対象に帰属するものではないことを明確に示す必要があります。これを示すには、たとえば「パロディ」、「偽」、「ファン」、「解説」などの言葉を入れておくことができます。対象のオーディエンスに理解されるような形でこれらの言葉を使用する必要があります。

アカウント名とユーザー名(@ユーザー名)は異なることに注意してください。

 

プロフィール

プロフィール名では、そのアカウントがプロフィールで表現されている対象に帰属するものではないことを明確に示す必要があります。帰属していないことを示すには、たとえば「パロディ」、「偽」、「ファン」、「解説」などの言葉を入れておくことができます。対象のオーディエンスに理解されるような形でこれらの言葉を使用する必要があります。

これらの要件に加え、すべてのアカウントはTwitterルールおよび利用規約に完全に準拠する必要があります。

 

このポリシーへの違反とはどのようなものですか?

アカウント名およびプロフィールで十分に識別できないアカウントは、このポリシーへの違反となります。また、次のような行為もこのポリシーへの違反となる場合があります。

  • アカウント名またはプロフィールに、プロフィールの言葉の要件に反する言葉(「公式」など)を使用する
  • アカウント名を過剰に長くしたり、特殊なフォントや文字を使用したりして、必要なプロフィールの言葉を隠したり見づらくしたりする

このポリシーに準拠しているアカウントは、商標に関するポリシーまたはなりすましを禁止するルールに違反していないと見なされる場合があることをご理解ください。

 

このポリシーへの違反があった場合、誰が報告できますか? 

Twitterが対応するのは、本人および商標権者、または正式な代理人からの有効な報告です。正確な調査を実施すべき十分な事情がある場合、Twitterは第三者から報告されたアカウントを調査します。

 

このポリシーの違反を報告するにはどうすればよいですか?

このポリシーに違反する形で自分のアイデンティティが使用されているアカウントがある場合は、その本人または正式な代理人がなりすましまたは商標に関する報告をこちらから提出できます。

このポリシーに違反して、他者のアイデンティティを不正使用していると思われるアカウントがある場合、第三者として、そのアカウントのプロフィールから直接報告することができます。

 

このポリシーに違反した場合はどうなりますか?

このポリシーの違反に対する処分は、その違反の重大さや種類、違反者の過去の違反歴によって決まります。Twitterが取る措置としては、次のものがあります。

 

プロフィールの修正

Twitterは、有効な報告を受けた場合、アカウントの違反を修正する機会を提供することがあります。アカウント名およびプロフィールで十分に識別できないと判断した場合、プロフィールの内容を編集するように求めることがあります。 

 

一時的な凍結

指定された期間内にプロフィールが編集されない場合、対象のアカウントを一時的に凍結することがあります。場合によっては、編集を求める前に対象のアカウントを一時的に凍結することがあります。

 

永久凍結

最初の警告を受けた後、プロフィールに十分な編集が加えられない場合は、対象のアカウントを永久凍結することがあります。 

この記事を共有する