パロディ、コメンタリー、ファンアカウントに関するポリシー

理念

Twitterは多種多様なアイデアとコンテンツを発信/受信できるプラットフォームであり、利用者の表現する権利に最大限の価値を置くとともに、これを尊重しています。利用者は自身が公開するコンテンツについて全責任を負い、多くの場合、利用者同士の紛争を解決するのに最も適した立場にあります。こうした理念に基づき、Twitterは利用者のコンテンツを積極的に監視することはありません。利用規約違反や有効な訴状への対応を除き、コンテンツの編集や削除を行うこともありません。

利用者は、アカウントが以下の要件を満たしていれば、Twitter上でパロディアカウント、ニュースフィードアカウント、コメンタリーアカウント、ファンアカウントを作ることができます。

パロディアカウント、ニュースフィードアカウント、コメンタリーアカウント、ファンアカウントの要件

以下に、アカウント作成の要件を示します。パロディに関するポリシーに準拠するには、すべての要件を満たす必要があります。

  • 自己紹介: 自己紹介は対象のアカウントとつながりがないことを示すために、「parody」、「fake」、「fan」、「commentary」などの語句を含めるようにします。また、対象の利用者が誤解を抱かないような内容にします。
  • アカウント名: アカウント名は対象と同一の名前は使用しないでください。「not」、「fake」、「fan」など、区別するための語句を入れるようにします。アカウント名についても対象の利用者が誤解を抱かないようなものにします。

これらの要件に加え、すべてのアカウントはTwitterルールおよび利用規約に完全に準拠する必要があります。

商標やなりすましの問題を報告する方法

商標に関するポリシーの詳細についてはこちら、なりすましに関するポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。なりすましアカウントを報告する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

Twitterでは、なりすましや商標の問題が報告された場合、パロディに関するTwitterのポリシーに基づいて該当するアカウントを確認します。そのアカウントがパロディに関するTwitterのポリシーに準拠している場合は、商標またはなりすましに関するポリシーに違反していると見なされないことがあります。  

Twitterでの嫌がらせ行為を報告する方法については、こちらをご覧ください。

報告への対応方法

なりすましや商標に関する有効な報告を受け取った場合、該当するアカウントがパロディに関するポリシーに違反していれば、アカウントを一時的に凍結し、場合によっては、その利用者にポリシーに準拠するよう通知します。違反を繰り返したアカウントは永久凍結される場合があります。

別の利用者から自分のアカウントに関する問題が報告された場合

他の利用者からあなたのアカウントについて問題が報告され、アカウントがパロディに関するポリシーに準拠していないとTwitterが判断した場合は、ご利用のアカウントを凍結する場合があります。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。