自殺や自傷行為に関するポリシー

概要

自殺や自傷行為を助長または教唆することはできません。

Twitterでは、自殺や自傷行為は、公的機関や私的機関、そして市民社会といったすべての利害関係者間の協力が必要とされる、公衆衛生上の重大な課題であると認識し、またTwitterは、ユーザーが支援を受けられるようにする役割と責任を負っていると考えています。

このポリシーを策定するにあたり、Twitterは幅広く専門家の助言を仰ぎ、過去に自傷行為を行ったり、自殺願望を持ったりしたことのあるユーザーが、そうした個人的体験を共有できるようにしています。またTwitterでは、故意か不注意かにかかわらず、自傷行為を助長または教唆する可能性のあるコンテンツを閲覧することで発生するおそれのある危害から、ユーザーを保護する必要があるとも考えています。自傷行為や自殺の願望を持っている人に対して、自傷行為の助長や教唆を行ったり、ほう助したりするコンテンツがTwitterポリシーで禁止されているのはそのためです。

このポリシーへの違反とはどのようなものですか?

このポリシーでは、自殺や自傷行為を助長または教唆することは禁じられています。「最も効果的な~」、「最も簡単な~」、「最も優れた~」、「最も成功率が高い~」、「~すべき」、「~しませんか」などの表現は、助長または教唆に含まれるものとみなします。ツイート、画像、動画(ライブ放送を含む)を通じて公開された内容については、このポリシーへの違反の対象となる可能性があります。

Twitterでは、自殺とは、自身の命を自ら絶つ行為と定義しています。自傷行為の定義には、以下などがあります。

  • 自身の身体を傷害する行為(切創など)

  • 摂食障害(過食症、拒食症など)

このポリシーの違反として、以下が挙げられますが、これらに限定されません。

  • 他者に自傷行為や自殺を教唆すること

  • 他のユーザーに、自傷行為や自殺を教唆するよう依頼すること(集団自殺や自殺ゲームの参加者を募ることや、

  • 自傷行為や自殺をほう助する情報、方法、手段、指示を共有することなどを含む)

このポリシーの違反にならないケースとは?

当ポリシーの違反に該当しない行為の例としては、以下などを挙げることができます。

  • 自傷行為や自殺に関連する身の上話や個人的な体験談の共有

  • 自傷行為や自殺の願望に対する対処メカニズムやリソースの共有

  • 自傷行為や自殺の防止に関連する調査、擁護、教育に焦点を当てた会話

注記: ユーザーは個人的な体験を共有することはできますが、自傷行為に関連する特定の方法の詳細を共有することは、意図せずともそのような行動を促すことになりかねないため、絶対にお止めください。

このポリシーへの違反があった場合、誰が報告できますか?

自殺や自傷行為を教唆または助長する可能性のあるコンテンツは、アプリの報告機能やTwitterの専用報告フォームを通じてどなたでも報告できます。ここでの報告内容は、専門チームに転送され、事例ごとに審査が行われます。

注記: Twitterでは、自傷行為や自殺の意思があることをほのめかすユーザーについての報告を受けた場合、そのユーザーに直接連絡して、支援機関を探すように促すとともに、オンラインまたは電話により支援活動を行う専門機関に関する情報を提供しています。またTwitterでは、捜査機関向けガイドラインに記載されているとおり、たとえば効力のある緊急開示要請を受けた場合などは、必要に応じて執行機関/捜査機関に協力する場合があります。

このポリシーへの違反を報告する方法

報告内容の取り扱いに慎重を期すため、アプリの報告機能では自傷行為の意思をほのめかしているユーザーと、自傷行為や自殺を教唆または助長しているコンテンツを対象としたオプションがそれぞれ個別に用意されています。

自傷行為や自殺の意思をほのめかしている場合

アプリから

アプリからコンテンツを報告し、調査を求めるには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウンメニューから [ツイートを報告] を選択します。
  2. [自傷行為や自殺の意思をほのめかしている] を選択します。
  3. 報告を送信します。

パソコンから

パソコンからコンテンツを報告し調査を求めるには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウンメニューから [ツイートを報告] を選択します。

  2. [自傷行為や自殺の意思をほのめかしている] を選択します。

  3. 報告を送信します。

報告フォーム

Twitterの専用報告フォームを通じて、このようなコンテンツを報告することもできます。

アプリから

アプリからコンテンツを報告し、調査を求めるには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウンメニューから [ツイートを報告] を選択します。
  2. [自傷行為や自殺の意思をほのめかしている] を選択します。
  3. 報告を送信します。

自殺や自傷行為を教唆している場合

アプリから

アプリからコンテンツを報告し、調査を求めるには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウンメニューから [ツイートを報告] を選択します。

  2. [不適切または攻撃的な内容を含んでいる] を選択します。

  3. [自傷行為または自殺を助長している] を選択します。

  4. 報告を送信します。

パソコンから

パソコンからコンテンツを報告し調査を求めるには、以下の手順に従います。

  1. ドロップダウンメニューから [ツイートを報告] を選択します。

  2. [不適切または攻撃的な内容を含んでいる] を選択します。

  3. [自傷行為または自殺を助長している] を選択します。

  4. 報告を送信します。

このポリシーに違反した場合はどうなりますか?

Twitterの対応措置は、共有されているコンテンツの種類、報告のあったアカウントが自傷行為や自殺を助長または教唆しているかどうか、そのアカウントのこれまでの違反の履歴によって異なります。

自傷行為を行ったり、自傷行為を教唆するよう他者に依頼したり、自傷行為や自殺の方法に関する詳細な情報または指示を共有したりすることを、他者に故意に推奨するコンテンツについては、これを共有した結果、このポリシーに違反した場合、当該コンテンツは削除する必要があります。また、アカウントを一時的にロックしてツイートできないようにすることもあります。このポリシーに繰り返し違反したり、自傷行為や自殺の助長または教唆のみを行ったりしているアカウントは永久に凍結されます。自傷行為や自殺に関連する画像や動画を含む事例の場合、センシティブなメディアに関するポリシーに基づいた当該コンテンツの評価も実施しています。アカウントが誤って凍結されたと思われる場合は、異議申し立てを提出できます。

サードパーティーのウェブサイトで配信されている、自殺や自傷行為の方法を教唆する素材については、当該リンクを安全でないリンクとして取り扱うことにより、その拡散を防止する措置を取る場合があります。

その他の情報

強制的対応の適用レベルと適用範囲ポリシーの策定に対するTwitterのアプローチと対応についての理念についての詳細もご覧ください。

自傷行為や自殺の願望に立ち向かっている人を支援する方法については、こちらをご覧ください。

Twitterのセーフティセンターで、お近くのメンタルヘルス関連の相談先を確認できます。Twitterの取り組みの詳細については、自殺防止に関するブログをご覧ください。

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。