チップに関する一般的なポリシー

チップ(現金または暗号通貨)を(TwitterのTipsのプロフィール機能を使ったり、ツイートやスペースで資金提供を依頼したりするなどして)Twitter上で、またはTwitterを介し、決済処理機関を通じて要求、譲渡、または受領する場合、その根拠の如何にかかわらず、以下の要件を満たす必要があります。

注記: このポリシーには、集団訴訟を提起する権利の放棄や、不参加の権利など、紛争解決に関する、拘束力のある仲裁規定が含まれているため、以下の内容をよくお読みください。

  1. チップを授受できる利用者は18歳以上に限ります。
  2. 利用者はTwitter上での行為やコンテンツに関して、Twitterルールや金融詐欺に関するポリシーをはじめとするTwitter利用者契約を遵守しなくてはなりません。その他にも以下などの要件があります。

a. Twitterルールに違反するコンテンツを表示、宣伝または推奨する対価として、チップを要求したり譲渡したりしてはなりません。

b. (a)違法行為、(b)他者への攻撃、(c)ヘイト行為、または(d)自傷につながり得る行為を実施、助長または推奨する対価として、チップを要求したり譲渡したりしてはなりません。

c. 詐欺行為やフィッシング、その他の不正行為などによりチップを取得する目的で、Twitterのサービスを使用することは禁じられています。

3.利用者はTwitter上での行為やコンテンツに関して、適用される法令、規則、規制(制裁措置や汚職防止、マネーロンダリング防止、行政,資金調達、コンテンツに関する法令など)を遵守しなくてはなりません。

4.他の利用者からチップを受領する場合、受領するチップに適用されるすべての税や手数料は、その受領者が支払う責任を負います。またチップの受領者には、チップを受領するために利用するすべての決済処理機関の規約が適用されます。

5.Twitterはいかなるチップについても、その受領の可能性の如何にかかわらず、一切の責任を負わないものとします。たとえばTwitterがあなたのアカウントを凍結するなどして、あなたがチップを要求したり、受領したりすることができない場合、Twitterはそのチップに関する一切の責任を負いません。

6.Twitter上やTwitterを介してチップを譲渡した利用者は、チップの譲渡は完全に自発的かつ任意の行為であること、いかなる見返りも得られない場合があること、譲渡したチップが他の利用者に譲渡されたり、あなたが予期しない用途に使われたりする可能性があることに同意したものとします。Twitterはチップの譲渡に関与していないため、利用者間に生じたいかなる紛争についても、Twitterがこれを調停することはありません。他の利用者にチップを譲渡することにより、Twitterのコンテンツや機能へのアクセス権が付与されることはありません。

対応についての理念

Twitterでチップを要求、譲渡、受領するいかなる利用者も、このページで説明および参照されている要件を満たさなくてはなりません。これらの要件のいずれかに違反したり、Twitterの目的や理念に直接的に反する行動や、Twitterとその利用者の実害につながり得る行動を取ったりした場合、Twitterは文脈、深刻さ、これまでの違反行為の履歴に応じて、以下に説明する強制的対応のいずれか、またはすべてを実施する場合があります。

  • アルゴリズムによるおすすめを通じて、あなたをフォローしていないアカウントに、あなたのアカウントが拡散されるのを制限します。
  • Twitterの利用を一時的または恒久的に停止します。
  • Twitterルールに違反するコンテンツを、削除されるまで非表示にします。
  • Twitterルールに違反するコンテンツを削除するか、または利用者に削除を要請します。
  • 上記を含む、チップの授受ができなくなる可能性のある、何らかの措置を実施します。

紛争解決に関する契約 - 拘束力のある仲裁と、集団訴訟を提起する権利の放棄

米国国内に居住する利用者の場合、本契約、または本契約の違反に起因または関連して生じる論争または請求については、米国仲裁協会(American Arbitration Association、以下「AAA」)の管理する、拘束力のある仲裁によってのみ最終的に解決されるものとします。本仲裁は当事者双方が合意した1人の仲裁人によって、AAAのConsumer Arbitration Rules(消費者仲裁規則: 内容についてはwww.adr.orgを参照するか、またはAAAに電話(1.800.778.7879)で連絡して確認のこと)の規定に従い、米国カリフォルニア州法に準拠して行われるものとします。仲裁人によって下された仲裁判断は 、管轄権を有する裁判所において、執行判決を得ることができます。利用者とTwitterは、本契約のもとで陪審裁判または判事裁判を受ける権利を明示的に放棄します。利用者とTwitterは、いかなる請求も、集団訴訟またはその他の代表訴訟の代理人または原告の構成員としてではなく、当事者個人の能力の範囲内でのみ提起されることに合意するものとします。両当事者は集団訴訟を提起したり、集団で救済措置を求めたりする権利を明示的に放棄します。利用者とTwitterの双方による書面での同意がない限り、仲裁人は複数の訴訟や複数人物の請求を併合することはできず、またいかなる形態の代表訴訟や集団訴訟の手続きを主導することもできません。

本契約に参加し、上記で定められた仲裁規定に拘束されることを希望しない利用者は、本契約への同意後30日以内に、不参加を決定した旨を記載した書面を「Twitter, Inc., Attn: Legal Department - Arbitration Opt Out, 1355 Market Street, Suite 900, San Francisco, CA 94103」宛に送付する必要があります。なお、送付する不参加の通知には、対象となるTwitterアカウントのユーザー名を必ず記載してください。上記の規定にかかわらず、いずれの当事者も、何らかの紛争や請求について、少額裁判所において、当該裁判所の管轄する範囲内で救済措置を求めることができます。

この記事を共有する