フェアユースポリシー

著作物は、ある一定の利用について、著作権の権利者の許可を必要としない場合があります。米国では、この概念はフェアユース(公正使用)として知られています。一部の国には、フェアディーリングと呼ばれる類似した概念があります。

著作物の特定の利用がフェアユースにあたるかどうか、最終的に判断するのは裁判所です。裁判所は、フェアユースの議論を分析する際に、次の4つの要素を検討します。

  • 利用の目的と性格
    • 元の著作物はどのように利用されていますか、新しい利用に営利性はありますか?変容的利用とは、元の著作物に何かを追加している利用を意味します。例えば、解説、批評、教育的な説明、文脈の追加などです。変容的な、非営利の利用はフェアユースと認められる可能性が高くなります。
  • 複製された著作物の性質。
    • 複製された著作物は何ですか?事実的著作物ですか(例:歴史的な出来事の記録)、それともフィクション(例:小説またはハリウッドの大ヒット映画)ですか?事実的著作物の利用は、フェアユースと認められる可能性が高くなります。
  • 複製された部分の量と実質性。
    • 複製された部分の量は著作物全体のどれくらいですか?短い抜粋を複製することは、著作物全体を複製するよりも、フェアユースと認められる可能性が高くなります。
  • 複製された著作物の価値に対する影響。
    • 複製することで、実質的にその著作物の代替品や代わりとなるものができてしまい、著作物の潜在市場に悪影響を与えるでしょうか?そうであれば、その利用は恐らくフェアユースではありません。

フェアユースの判断はケースバイケースで行われ、フェアユースと認められるかどうかを判断する明確な基準はありません。著作物の特定の利用がフェアユースであるかどうか確信が持てない場合は、弁護士に相談することをお勧めします。Twitterは、あなたの利用がフェアユースと認められるかどうかを助言することはできません。

フェアユースの詳細については以下をご覧ください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Fair_use
https://ilt.eff.org/index.php/Copyright:_Fair_Use
https://www.lumendatabase.org/
http://fairuse.stanford.edu/overview/fair-use/four-factors/

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。