偽造品に関するポリシー

Twitterプラットフォーム上での偽造品の販売またはプロモーションは禁止されています。

偽造品とは

偽造品とは、他者の登録商標またはブランドと同じか、容易に区別できない商標またはブランドを、その商標またはブランドの所有者の承諾なしに使用して、プロモーション、販売、または頒布される商品であり、これには電子的な商品も含まれます。偽造品は、ブランド所有者の正規品であると偽ってユーザーを欺くことを目的としている場合と、正規品の模造品、複製、または模倣品と称して販売される場合があります。 

このポリシーと商標に関するTwitterのポリシーとの違いについて

商標に関するTwitterのポリシーは、ブランドの提携関係に関してユーザーを混乱させたり誤解を招いたりする商標の使用に適用されるものであり、偽造品の販売またはプロモーションには適用されません。偽造品の販売またはプロモーションに適用されるのは、偽造品に関するポリシーとなります。

Twitterの偽造品に関するポリシーの内容

Twitterプラットフォーム上での偽造品の販売またはプロモーションは、Twitterの偽造品に関するポリシーへの違反となります。Twitterの偽造品に関するポリシーでは以下の内容が禁止されますが、これらに限定されません。

  • 商標またはブランドの所有者の正規品として販売することを目的とした非正規品。
  • その商標またはブランドの所有者の承諾なしに、商標またはブランド名を使用して、正規品の模造品、複製、または模倣品と称して販売される商品。
  • 電子的な商品を含むコンテンツを無許可で利用する手段を提供、プロモーション、販売、またはそれを助長する行為。

偽造品に関するポリシー違反の報告に対するTwitterの対応

報告を受け付けた後、次のように対処します。

  • 偽造品に関するTwitterのポリシーに対する違反があると判断した場合、対象のアカウントを凍結するか、そのコンテンツへのアクセスを無効にすることがあります。
  • Twitter広告プラットフォームの広告主様である場合、このポリシーに違反するプロモツイートは拒否され、広告主様はTwitter広告プラットフォームから削除される場合があります。 

偽造品に関するポリシーの違反にならないケース

  • 商品またはサービスに関するニュース、情報、またはコメントを提供するコンテンツは、この偽造品に関するポリシーには違反しません。 
  • 転売を含むブランド正規品のプロモーションまたは販売も、違反とは見なされない場合があります。
  • 誤解を招く方法で商標登録されているコンテンツを使用した場合でも、偽造品の販売またはプロモーションを伴わない場合はこの偽造品に関するポリシーの違反とは見なされない可能性があります。ただし、商標に関するTwitterのポリシーの違反と見なされる場合があります。

偽造品に関するポリシーの違反を報告するには

Twitterの偽造品に関するポリシーに違反するアカウントを発見した場合は、サポートフォームから問題を報告してください。適切なフォームを使って必要情報をもれなくご記載いただくことで、報告を迅速に処理できます。フォームで入力が求められている情報をすべて入力してください。報告に入力漏れがある場合は、必要な情報のご提供をお願いするために、折り返しご連絡いたします。入力漏れにより、報告への対応が遅くなることがありますのでご注意ください。

フォームがうまく動作しない場合は、ご利用のブラウザをバージョンアップするか、別のブラウザをお試しください。

 

この記事をブックマークに追加するか、共有する

この記事は参考になりましたか?

ご協力ありがとうございました。お役に立てて幸いです。

ご協力ありがとうございます。この記事を改善するには、どうすればよいでしょうか?

ご協力ありがとうございました。いただいたご意見は、記事の改善に利用させていただきます。