goglobalwithtwitterbanner

アカウントを削除する方法

注記: アカウント上の問題(ツイートが消えたフォロワー数やフォロー数が間違っている不審なダイレクトメッセージを受け取った、アカウントが乗っ取られた可能性があるなど)がある場合、アカウントを削除して復活させても問題は解決しません。それぞれのトラブルシューティングに関する記事をご覧になるか、Twitterサポートにお問い合わせください

手順を表示:

アカウントを削除する方法

  1. ナビゲーションメニューアイコン をタップし、[設定とプライバシー] をタップします。
  2. [アカウント] をタップし、ページの下部にある [アカウントを削除する] をタップします。
  3. アカウント削除情報を確認後、[アカウントを削除する] をタップします。  
  4. メッセージが表示されたらパスワードを入力し、[アカウントの削除] をタップします。
  5. [はい、アカウント削除します] をタップしてアカウント削除を確定します。

アカウントを削除する方法

  1. トップメニューにナビゲーションメニューアイコン  またはプロフィールアイコンが表示されています。どちらかのアイコンをタップしてから、[設定とプライバシー] をタップします。
  2. [アカウント] をタップし、ページの下部にある [アカウントを削除する] をタップします。
  3. アカウント削除情報を確認後、[アカウントを削除する] をタップします。  
  4. メッセージが表示されたらパスワードを入力し、[アカウントの削除] をタップします。
  5. [はい、アカウント削除します] をタップしてアカウント削除を確定します。

アカウントを削除する方法

  1. [もっと見る] アイコン  をクリックし、ドロップダウンメニューから [設定とプライバシー] を選びます。
  2. [アカウント] タブから、ページの下部にある [アカウントを削除する] をクリックします。
  3. アカウント削除情報を確認後、[アカウントを削除する] をクリックします。  
  4. メッセージが表示されたらパスワードを入力し、[アカウント削除] ボタンをクリックしてアカウントの停止を確定します。  

アカウントを停止しようとすると、パスワードが違うと表示される

パスワードをリセットすると停止できる場合があります。パスワードのリセットをリクエストするメールをお送りください。 

アカウント登録時に設定したメールアドレスが利用できなくなった

アカウント停止は、そのアカウントの所持者であることが確認の取れた人物、または、そのアカウントの所持者であることが確認の取れた人物から依頼された場合にのみ有効です。確認が取れているメールアドレスからTwitterに連絡できない限り(またはアカウントで認証済みのモバイル端末の電話番号にアクセスできない限り)、Twitterはユーザーのアカウント停止に対応できません。

アカウント停止前の確認事項

  • ユーザー名の変更メールアドレスの変更を行うためにアカウントを削除する必要はありません。このような情報は、アカウント設定画面でいつでも変更できます。
  • 現在のユーザー名やメールアドレスを別のアカウントで使用する場合は、アカウント情報を変更し、その変更を確認してから、アカウントを削除してください。  アカウント削除前に現在のユーザー名やメールアドレスを再利用できるようにする方法については、以下のセクションをご覧ください。
  • Twitterでは、GoogleやBingなどの検索エンジンでインデックス化されたコンテンツに関しては対応ができません
  • 検索結果の上部にあるフィルターをクリックまたはタップすると、表示される検索結果の種類を変更できます。詳細については、こちらをご覧ください。
  • 停止されたアカウントに登録されていたデータは30日以内であれば復活できますが、それを過ぎるとシステム上からも完全に停止されます。

アカウントを削除する前に現在のユーザー名やメールアドレスを再利用できるようにしておく方法

  1. twitter.comで、プロフィールアイコンの下にあるドロップダウンメニューから [設定とプライバシー] をクリックします。  
  2. [ユーザー名] フィールドで、新しいユーザー名を選択します。
  3. [メールアドレス] フィールドで、自分が所有している別のアドレスにメールアドレスを変更します。
  4. ページ下部にある [変更を保存] をクリックします。  
  5. 変更の保存を確認するメッセージが表示されたら、パスワードを入力します。
  6. Twitterからのメールに記載されているリンクから、新しいメールアドレスを確認します(重要)。
  7. 30日間のアカウント削除期間中に再登録する場合にも、新しいアカウントでこのメールアドレスとユーザー名を使用できます。
  8. 上記の手順でアカウントを削除します。

ロックまたは凍結されたアカウントを停止するについて

アカウントを停止にすると、アカウント情報はどうなりますか

  • アカウントを停止すると、Twitterアカウント(表示名、ユーザー名、公開プロフィール)はtwitter.com、Twitter for iOS、Twitter for Android上に表示されなくなります。
  • 誤ってアカウントを停止した場合や不正にアカウントが停止された場合でも、アカウント停止後30日以内まではTwitterアカウントを復活できます。
  • アカウントが停止されてから30日間ログインしないと、そのアカウントは永久に停止されます。永久に停止されると、そのアカウントに関連するすべての情報は、Twitterのプロダクションツールで利用できなくなります。
  • 検索エンジンやサードパーティーの検索エンジンは、アカウントが永久に停止された後でも、プロフィール情報や公開ツイートなどの公開情報のコピーを保存する場合があります。検索エンジンの検索結果からの削除請求を送信する方法については、こちらをご覧ください。
  • Twitterは、プラットフォームとユーザーの安全とセキュリティを確保するために、停止されたアカウントの情報を保持する場合があります。詳細については、こちらをご覧ください。
  • Twitterアカウントを停止すると、プロフィールが利用できなくなるため、アカウントのユーザー名への@ツイートはプロフィールにリンクされなくなります。Twitterは、他のユーザーのツイートに含まれるテキストの一部を編集または削除することはできません。Twitterルールに基づいてコンテンツの審査を希望する場合は、こちらからチケットを申請できます。
  • アカウントが30日間停止された場合、その時点でアカウントは自動的に削除され、対象のユーザー名は、どなたでもお使いいただけるよう一般開放されます。

この記事をブックマークに追加するか、共有する