Twitterの個人情報と広告

弊社におきまして、利用者の方から安全とセキュリティ上の目的(二要素認証など)で提供いただいたメールアドレスや電話番号が、テイラードオーディエンスやパートナーオーディエンスといった広告のターゲティングに利用された可能性があることが判明しました。

テイラードオーディエンスとは、広告主が独自に作成したマーケティングリスト(メールアドレスや電話番号など)に基づいて、特定の利用者をターゲティングし広告を配信できる業界標準の機能の一つです。また、パートナーオーディエンスとは、同じ仕組みを用いて、広告主がサードパーティから入手したマーケティングリストに基づいてターゲティングする機能です。このたび、広告主がこれらの機能を使うために利用したマーケティングリストと、利用者が安全とセキュリティを目的としてTwitterに提供いただいたメールアドレスや電話番号とのマッチングを誤って行った可能性があることがわかりました。これはTwitterの手違いであり、お詫びいたします。

この事に伴い、どれだけ多くの方が影響を受けたか確実なことは言えないのですが、できる限り透明性を高めるために、すべての方にお知らせいたします。個人データは外部のTwitterパートナーおよび他のサードパーティには一度も共有されていません。9月17日時点で、Twitterは上記の問題に対処すべく、安全とセキュリティ上の目的で収集された電話番号やメールアドレスを広告目的に使用しないものと致しました。 

このようなことが起きてしまい、大変申し訳ありません。今後同じような誤りが起きないよう力を尽くしてまいります。ご質問がありましたら、こちらのフォームからTwitterのデータ保護オフィスまでお問い合わせください。